*

報恩講とはどういうお参りか?お布施の金額や封筒の表書きは?

公開日: : 最終更新日:2021/07/26 仏事, 浄土真宗 , , ,

浄土真宗で最も大事な法要 報恩講とは?

年末が近づいてくると各お寺や浄土真宗門徒の家庭でもお勤めされる報恩講(ほうおんこう)。本山では親鸞聖人の命日を中心に 西本願寺は新暦で1月16日(東本願寺は旧暦で11月28日)に行われます。

地方によっては「ほんこさん」また揃って本山の法要に参拝できるよう取り越して(期日より前に行う意)「おとりこし」と呼ぶ地域もあります。
お寺の報恩講
報恩講とはいったいどういうお参りなのか?実は年忌法要やお盆よりも大事なんですよ!

どういう行事なのか?

報恩講 「報恩」とは「ご恩に報いる」「講」は「同じ信心を持つ人の寄り合い」つまり”親鸞聖人の恩に報いるための門徒の集まり”
90年の生涯をかけてお念仏の教えを明らかにしてくださった浄土真宗宗祖の親鸞聖人。その遺徳を偲ぶとともにお念仏の教えとの出遭いに感謝する場でもあります。

〇回忌などとは言いませんが 広い意味で言うと親鸞聖人の法事のようなものです。

ちなみに他の宗派の門信徒が集まっても報恩講といえますが、今では報恩講といえば、ほぼ浄土真宗の法要を指すようになっています。

お寺でどのように行われるか?

お寺の飾りも普段よりも豪華です。本堂の周辺や門前に五色の幕や旗が飾られます。

報恩講お寺の旗
阿弥陀様の安置してある宮殿(くうでん)の脇の供笥に飾られた色とりどりのお供え物。左右一対で飾られますので反対側にも同じものがあります。
報恩講お寺のお供え物
蓮如上人の前にもお餅や果物が御供えされます。お餅をのせているのは段盛りと呼ばれる仏具です。

親鸞聖人一代記 御絵伝

御絵伝
大きなお寺では親鸞聖人の遺徳を偲ぶためにその生涯を絵であらわした「御絵伝(ごえでん)」の掛け軸が左右の余間(ご本尊の両脇の部屋)に飾られ、それを詞で説明する「御伝鈔(ごでんしょう)」が拝読されます。

※下から上に順に独特な読み方をしますが四コマ漫画の元祖のような感じです。

またお勤めが行われた後、法話があります。

一般家庭での報恩講仏壇の飾り方

浄土真宗報恩講の打敷
通常は年忌法要の飾り方で問題ありません。できれば五具足(花立×2、香炉、蝋燭立て×2)、なければ通常の三具足で結構です。

時期的に打敷は冬用を掛けます。冬用とは別で赤い打敷があればそちらを掛けましょう。(誤解を恐れずにいうと赤や朱色が報恩講カラーです)水引(下掛け)と呼ばれる四角形の布があればそれもお飾りします。

報恩講のお参りで用意するもの

赤い和蝋燭(朱蝋燭)
報恩講の赤い和ろうそく
東西本願寺では主にイカリ型といわれる先の太いものを使います。高田派では棒型を使う傾向にあるようです。(地域により異なる場合もございます)
おけそく(お餅)
仏壇に報恩講の御供え
お寺の本堂にも御供えされますが、家庭で勤められる報恩講にも必要です。また地域によっては親鸞聖人は小豆が好物だったとの言い伝えから赤飯を用意することもあります。

お布施の金額は?

報恩講お布施の封筒
気になるお布施の金額は所要時間約30分(お坊さんが表白を読んで 阿弥陀経か正信偈を一緒にお勤めして)を考えると3000円~5000円くらいが適当ではないでしょうか?

知り合いのお坊さんいわく「1000円だとちょっとがっかりする。5000円入ってるとうれしい笑」だそうです^_^;
お坊さん便にお願いすると一律30000円なのでちょっと割高かもしれません。

関連ページ:寺院お坊さんの派遣手配の仕方 浄土真宗編

最後に

ただお坊さんが来てくれたから なんとなく仏壇の前で手を合わせていた報恩講。意味がわかるとちょっとありがたい気分になるのではないでしょうか?参考になれば幸いです。



関連記事

仏教の天界って何?天国と浄土との違いについて

天国、浄土、天界の違いについて 六道輪廻の中の最高位にある天界ですが、お浄土と同じ意味ではあり

記事を読む

お仏壇磨き

お仏壇の掃除 漆(黒塗り部分)の磨き方

お仏壇の掃除の仕方、お手入れ方法 普段はあまり気にならないのに年末やお盆、お彼岸が近づいてくる

記事を読む

浄土真宗の御文章(御文)に書いてあるちょっと変ったこと

御文章には何が書いてあるのか? 浄土真宗のお仏壇の脇などに置いてあるこの箱の中の本 何かわかります

記事を読む

法事用の回し香炉(焼香盆)用意準備の仕方について

焼香盆(または回し香炉)を用意してください。 お寺様から言われたけど…一体どういうものなのか?

記事を読む

往生とは

死者は四十九日までにいったいどうなるのか?

浄土真宗の四十九日(中陰)をご紹介しましたが、他の宗派では意味合いが違ってきます。臨終を迎えると死出

記事を読む

名古屋別院本堂

浄土真宗本願寺派の名古屋別院へ行ってきました

西本願寺の別院である名古屋別院 名古屋市にある西本願寺の別院。名古屋市内にはもう一件、割と近くに真

記事を読む

浄土真宗の掛軸

浄土真宗の御本尊 両脇の掛軸について

浄土真宗のご本尊と両脇の掛け軸について 浄土真宗のご本尊とは? 言わずと知れた阿弥陀様です。

記事を読む

往生とは

法事の謎 一周忌の次はなぜ三回忌なのか?

法事の疑問 一周忌の次がなぜ三回忌なのか? 来週は祖父の三回忌か 祖父が亡くなってもう三年も

記事を読む

浄土真宗の喪中ハガキ

浄土真宗の喪中ハガキ(年賀欠礼ハガキ)文例喪中がないって本当?

浄土真宗の喪中はがき 毎年11月頃になると喪中はがきが届き始めます。「喪中のため新年のご挨拶を控え

記事を読む

施餓鬼のお供え

おせがき(施餓鬼会)について お盆との違いやお寺へ用意準備していくもの

施餓鬼会について たんに施餓鬼やおせがきと呼ばれることもあります。浄土宗、真言宗、曹洞宗などで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

観音様ってどんな人?男女の性別は?

あの人は観音様のように慈悲深い人だ 若い人はあまり使わない言い回

浄土真宗の葬儀で読まれる 弔電の一例

浄土真宗の葬儀の際、読まれる弔電について 以前も紹介しましたが、

長年放置したおりんや真鍮製の仏具をきれいにする裏技(荒技)

おうちの仏壇にこんな仏具ありませんか? お盆や法事が近づくと気にはな

東本願寺の額装御本尊(スタンドタイプの阿弥陀様)

お仏壇を新調した際 御本尊は本山からお受けしてください。本願寺派(西

愛知県岡崎市 真宗大谷派の三河別院へ行ってきました

真宗大谷派の三河別院へ行ってきました いつの間にか前回から1年く

→もっと見る

PAGE TOP ↑