*

浄土真宗の永代経について 意味や聞きづらいお布施の相場など

公開日: : 最終更新日:2020/05/03 仏事, 浄土真宗 , , ,

永代経という言葉がありますが

一体どういう意味でしょう?
永代経の意味

永代経という名前のお経でしょうか?それとも永代供養と同じもの?
永代経を辞書で調べてみるとこのように載っていますが↓

菩提寺や本山などが、檀家や信徒の依頼により、永代にわたって死亡者の毎年の祥月命日や毎月の命日に供養の読経を行うこと。

なるほど、自分では法事は行わず 後のことはお寺に任せてほっと一息ついて、肩の荷を下ろそうということでしょうか…?
永代経のお布施の金額どうする
もちろん違います(笑)
亡くなった方の追善供養というのは浄土真宗の教義には沿わないものです。すでにお浄土で仏さまになっているのですから。
永代経の疑問にびっくり

永代経の意味

永代経東別院本堂
浄土真宗の永代経は永代読経の略となっています。
お手次のお寺の本堂に永代に渡って(いつまでも)お経(仏さまの教え)が子々孫々に続いていきますように。

そこからまた「お念仏の道場であるお寺が永きに渡って存続し、お念仏の教えが繁栄し続けるように」という願いが込められた意味にもなります。

だから「永代経懇志」を納めたからといってもうお参りをしなくていいわけではありませんし「懇志」はいわゆるお経代ではありません

誤解の原因 永代経懇志を納めるタイミング

永代経タイミング
永代経の懇志を納める時期は決まっていませんが、故人の命日や満中陰(四十九日が終わる)で納める方が多いようです。

おそらくこれがお葬式からの流れの一部になって永代供養と混同される理由だと考えられます。永代経懇志はいつ納めてもかまいませんし何回も納める方もいらっしゃいます。




永代経懇志(お布施)の相場

本堂
お寺によってはいくらからと決まっているようですが、こちらも実は決まりはありません。

本堂に貼りだしてある懇志の紙を見ても五万円くらいの方もいれば二十万円の方もみえます。頂いた法名に院号までついていると高額になる傾向にあるようです。
永代経封筒の表書き
納める際の封筒の表書きは「永代経懇志」と書き、水引を掛ける場合はいちおう慶事なので黄色と白になります。白い封筒に表書きをして懇志を納めてもかまいません。

ちなみに張り出している紙に納めた方のお名前ではなく亡くなった方の法名が書かれているのは、亡くなった方に代わって生きているものが納めるという考え方があるからです。

※金額はお寺とのお付き合いの濃さも関係するようです。檀家総代のご家庭で最高で100万円も見たことがあります。

お寺で勤められる春秋の永代経

浄土真宗のお彼岸
上記の故人の命日をご縁に懇志上納者だけを招待して行われる法要は永代経開闢法要(えいたいきょうかいびゃくほうよう)等といいます。

またそれ以外にも誰でもお参りできる永代経法要もあります。浄土真宗の一般のお寺では春分の日、秋分の日の辺りでお寺で永代経の法座が開かれます。

勤行の後、法話もありますので是非一度ご参加下さい。その際の参加費としての懇志は1000円~2000円くらいの方が多いようです。

ちなみに本山や別院では毎日勤められますので僧侶と一緒にお参りすることができます。誰でも参加できます。
※だいたい阿弥陀経~御文章(御文)を拝読して所要時間20分くらいです。各所の別院のホームページで時間は確認できます。
お寺の永代経

永代経を納められた方の法名

永代経法名
永代経懇志を納められた方の法名はお寺の法名軸などに記帳され、春秋の永代経がお勤めされる際に本堂に掲げられます。

余間(よま)と呼ばれるご本尊が安置されている場所の両側のスペースを探してみてください。掲げないお寺もありますが(^^;

浄土真宗の永代経について最後にまとめると

永代経についてまとめ
正しい永代経の考え方
〇故人の供養のために納めるのではない
〇永代に渡りお念仏の教えが広がりますようにという遺志を受けて故人の代わりに納める
〇お念仏の道場としてお寺が末永く存続しますようにという願いがこめられている
間違った永代経の考え方
×永代経懇志を納めたので代わりにずっとお経をあげてくださるので安心です。
×永代経懇志を納めたので御仏壇もお寺もお参りしなくていい。
×故人の供養になった。

永代経懇志は「お寺を護持しいつまでもお念仏の道場としてみ教えが伝わっていくように」との願いがこめられています。またそうした願いによりお勤めされるのが永代経法要なのです。



関連記事

真宗大谷派(東本願寺)の法事 事前に準備するものあれこれ お布施の相場も

法事とは一般的に年忌法要のことを言います。 会館やお寺の本堂をお借りすることも多いですが自宅でお勤

記事を読む

迎え火送り火

お盆の送り火迎え火を簡単手軽にするやり方

迎え火、送り火とは? お盆にご先祖があの世から帰ってくる目印に焚くのが迎え火、逆に迷わずあの世に帰

記事を読む

お墓磨き

墓石専用洗剤を使ったお墓の磨き方

お盆に向けてのお墓掃除 お墓のお掃除はいつもどうしてますか?周辺の古いお花を捨てて、雑草を抜い

記事を読む

無宗教葬の祭壇

浄土宗の四十九日法要用意準備しておくこと

浄土宗の四十九日法要の用意について 仏教的な考え方では人は死後、この世とあの世をさまよい、七日ごと

記事を読む

お仏壇磨き

お仏壇の掃除 漆(黒塗り部分)の磨き方

お仏壇の掃除の仕方、お手入れ方法 普段はあまり気にならないのに年末やお盆、お彼岸が近づいてくる

記事を読む

永代経東別院本堂

真宗大谷派 名古屋別院に行ってきました

真宗大谷派の名古屋別院へ行ってきました 先日の本願寺派の西別院に続いて今回は大谷派の東別院へ。

記事を読む

浄土宗のお仏壇について 法事用の飾り方 仏具の並べ方

浄土宗の法事用のお仏壇の仏具の配置です。 主に法事用の飾り方並べ方になっていますので普段はお膳や打

記事を読む

お墓の移動に関する知識と心得

お墓移動の手順やかかる費用(離壇料)について

お墓墓地の移動について 遠くの故郷にあるお墓を自分の住まいの近くに移動させたい。改葬といって最近増

記事を読む

喪中見舞のお線香

浄土真宗の喪中見舞について 御供えの表書きはどうする?

浄土真宗の喪中見舞について 最近年末が近づき喪中ハガキが届き始める時期になるとよく聞く言葉「喪

記事を読む

浄土真宗のお盆の迎え方 仏具の飾り方や用意するものは?

浄土真宗のお盆について続きです 浄土真宗のお盆由来について←こちらから続きます。 浄土真宗のお盆

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

浄土真宗の葬儀で読まれる 弔電の一例

浄土真宗の葬儀の際、読まれる弔電について 以前も紹介しましたが、

長年放置したおりんや真鍮製の仏具をきれいにする裏技(荒技)

おうちの仏壇にこんな仏具ありませんか? お盆や法事が近づくと気にはな

東本願寺の額装御本尊(スタンドタイプの阿弥陀様)

お仏壇を新調した際 御本尊は本山からお受けしてください。本願寺派(西

愛知県岡崎市 真宗大谷派の三河別院へ行ってきました

真宗大谷派の三河別院へ行ってきました いつの間にか前回から1年く

お墓磨き
墓石専用洗剤を使ったお墓の磨き方

お盆に向けてのお墓掃除 お墓のお掃除はいつもどうしてますか?周辺

→もっと見る

PAGE TOP ↑