*

浄土真宗お供えの表書き黄白?黒白?使い分けに関する考察

公開日: : 最終更新日:2017/11/29 浄土真宗, 雑学 , ,

水引の色の使い分けをどうしたらいいのか?

こちらが法事に参加する際、御供えの水引はどうしたらいいのか個人的な考察です。

まず法事の定義は年忌法要(年回法要)とし満中陰法要(四十九日法要)は黒白でよいと思います。
※実際私も黒白で御供えしました。

法事の際、お供え物や金封(現金を包む)の水引の色は東本願寺、西本願寺の本山が出している本にも「黒白または黄白を使います」
と書かれており明確な使い分けは書いてありません。それに続いて必ず書かれているワードが

地方によって慣習が異なる場合がありますので詳しくはお寺に相談下さい。

もちろんその通りです^_^;ただやはり何らかの基準は欲しいところです。そこでどのように判断したらいいのか勝手に考えてみました。

<スポンサーリンク>


最初に色々調べてみたところ、年忌法要の御供えの水引の色は浄土真宗、浄土真宗じゃないに関係なく中部より西側では黄白、関東より東側では黒白が多いようです。ということは関西の常識が関東では通用しないということもありえるということです。

まず他の宗派とは異なり浄土真宗の年忌法要は故人の冥福を祈ったり、追善供養の場ではありません。

浄土真宗の考え方では年忌法要は、故人の命日をご縁に無病息災で仏前に集まることができ、お念仏の教えを味わうことができることはよい仏縁であり喜ばしいとして、やや慶事寄りの考え方をします。

慶事寄りなので一見どこの地域でも黄白でも問題ないように思えますが下記のデータのように関東では人口が多い割に浄土真宗寺院の数が大変少ないです。

寺院が少ない=浄土真宗の門徒数も少ないと考えられます。それが関東では黒白の水引が主流なのと関係しているのではないでしょうか。
西本願寺阿弥陀堂

北海道 950
東 北 600
関 東 800
東 海 3200
関 西 5450
北信越 4450
中国四国 2900
九州沖縄 3000     地域別真宗10派お寺の数 (本願寺出版社)

他の宗派の影響も受け黄白ではなく、黒白の水引を使うようになったのではないかと考えられます。位牌を用いない浄土真宗で位牌のあるお仏壇が珍しくないのと同様の理由と同様です。他の家にもあるから我が家の仏壇にもないとダメだろうという感覚です。
※悪い事とは思いませんが

よく聞くエピソード

浄土真宗なのに葬儀屋が「中陰中は巻線香を絶やさないで」と言った
→親戚が来て「浄土真宗だからいらない」と言われて慌てて片付けた
→その後近所の人が来て「線香を絶やすなんて!」と言われまた元に戻した
→お寺様がみえて「お勤めする時だけでいいですよ」と言われてまた下げた
巻線香いらない
浄土真宗が少ない地域ではこういうこともあるそうです。近所の方は自分の宗派基準でアドバイスをしており、善意なのは間違いないのですが混乱のもとになっています。

水引の色こんな感じで使い分けては?

本願寺派では三回忌までは年忌法要に白の和ろうそく、それ以降は赤の和ろうそくを使うように、それに合わせて三回忌までは水引も黒白、それ以降は黄白と使い分けてもよいと思われます。

三回忌までは故人の死の悲しみから残された者たちが立ち上がるためのブリーフワークの期間であるという考え方もあるそうです。

ただし
うち家は浄土真宗だから!と世間との軋轢を生む必要はないので、そのあたりは臨機応変にお願いします。(とくに関東の方)

う~ん他の家は黒白みたいだし…
水引の色どうする
と迷ったり、思ったら迷わず黒白でお供えして下さい。

上記本願寺出版社や東本願寺出版社の本を色々読んでみて私の個人的な意見です。
参考になれば幸いです。

<スポンサーリンク>

関連記事

お寺でする法事(年忌法要)事前に準備するものや服装は?

お寺でおつとめする法事 近年とくに都市部では住宅事情の変化もあり、自宅以外で法事(おもに年忌法要)

記事を読む

浄土真宗の掛軸

浄土真宗の御本尊 両脇の掛軸について

浄土真宗のご本尊と両脇の掛け軸について 浄土真宗のご本尊とは? 言わずと知れた阿弥陀様です。

記事を読む

名古屋別院本堂

浄土真宗本願寺派の名古屋別院へ行ってきました

西本願寺の別院である名古屋別院 名古屋市にある西本願寺の別院。名古屋市内にはもう一件、割と近くに真

記事を読む

お釈迦様の修行時代

お釈迦様の呼び方一覧 名前の意味

お釈迦様の呼び方一覧 仏教の開祖である釈迦。お釈迦様と親しみを込めて呼びますが他にもいろいろな

記事を読む

喪中見舞のお線香

浄土真宗の喪中見舞について 御供えの表書きはどうする?

浄土真宗の喪中見舞について 最近年末が近づき喪中ハガキが届き始める時期になるとよく聞く言葉「喪

記事を読む

仏具の磨き方 彫物の溝に入った粉を取る方法

お盆や年末になると仏具を磨かれると思いますがこういうことってありませんか? 金属磨きで

記事を読む

浄土真宗のお経

お経をとなえる意味について浄土真宗的考え方 お経って結局何なの?

お経について浄土真宗的考え方 そもそもお経って何なんでしょうか?唱える意味は? 法事の時に聞いて

記事を読む

往生とは

法事の謎 一周忌の次はなぜ三回忌なのか?

法事の疑問 一周忌の次がなぜ三回忌なのか? 来週は祖父の三回忌か 祖父が亡くなってもう三年も

記事を読む

お位牌が多い仏壇

お位牌の並べ方には優先順位がある? 仏壇で配置の順番について

お位牌の並べ方について お仏壇の中にお位牌が増えてくると悩むことがあります。お位牌をどういう順番に

記事を読む

浄土真宗の般若心経

浄土真宗の写経について※般若心経ではありません

浄土真宗の写経について まず最初に写経と聞いて思い浮かべるのは般若心経ではないでしょうか?写経=般

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

観音様ってどんな人?

あの人は観音様のように慈悲深い人だ 若い人はあまり使わない言い回

浄土真宗の葬儀で読まれる 弔電の一例

浄土真宗の葬儀の際、読まれる弔電について 以前も紹介しましたが、

長年放置したおりんや真鍮製の仏具をきれいにする裏技(荒技)

おうちの仏壇にこんな仏具ありませんか? お盆や法事が近づくと気にはな

東本願寺の額装御本尊(スタンドタイプの阿弥陀様)

お仏壇を新調した際 御本尊は本山からお受けしてください。本願寺派(西

愛知県岡崎市 真宗大谷派の三河別院へ行ってきました

真宗大谷派の三河別院へ行ってきました いつの間にか前回から1年く

→もっと見る

PAGE TOP ↑