*

極楽浄土ってどんなところ?浄土宗と浄土真宗での違い

公開日: : 浄土宗, 浄土真宗 , , ,

極楽浄土とはどんなとこ?

浄土真宗や浄土宗など浄土系宗派に死後の行き先とされる極楽浄土。いったいどのようなところでしょうか?
世間一般ではなんの苦労もなく飲んで食べて楽して暮らせる世界だと思われがちですが…

字面から判断して
極楽浄土のイメージ
こんな感じのところでしょうか?



もちろん違います
極楽間違ったイメージ
字面が「極・楽」ですからどうしてもそういうイメージを抱いてしまいますし、お釈迦様は人生は苦であると説いており、死後のその正反対の世界ということで、快楽的な世界を連想するのも不思議ではないかもしれません。

まず極楽浄土とは?

お浄土
以前紹介しましたように、たくさんある浄土のなかで阿弥陀如来がすべての衆生を救うという誓いを立てて建立したのがこの極楽浄土となります。

場所も示されており、仏説阿弥陀経によると「ここより西方十万億仏国土を過ぎたところに極楽という世界がある。その地に仏様がいて阿弥陀如来といい、今も教えを説いてくださっている」とあり

「そこをなぜ極楽と名付けられたかと申すと、その国に生まれた人々は諸々の苦しみを受けることなく、諸々の楽しみを受けている。ゆえに極楽と名付けられた」とあります。

その他、仏教書やお経の中にも極楽浄土の様子を窺える記述があります。
<スポンサーリンク>


源信の往生要集

極楽の十楽=極楽で得られる十の楽しみより
・蓮華の台座に生まれ歓待を受ける
・色、音、味、香りなどの感覚がよくなる
・極楽で得られる快楽は永遠に失われることがない
・身体が光り輝き、仏の特徴をそなえ五種類の神通力が得られる
・阿弥陀仏を直接見て深い教えを頂くことができる
浄土阿弥陀様

無量寿経

(極楽浄土で)食事をしたいと思えば七宝で彩られた美しい食器が目の前に現れる。食器には様々なおいしい食べ物が盛られている。

ただそれを食べるものはおらず、色を見て香りを嗅ぐと満ち足りた心となり、食事が終わればまた自然に消えてしまう。
※食事がしたくなるってことはお腹は空くんですかね?

観無量寿経

楼閣の中には無数の天人がいてすぐれた音楽を奏でている
浄土の天人

再び仏説阿弥陀経

極楽には七宝の池があり、八功徳水というたいへんよい水がたたえられている。池の底には黄金が敷き詰められ、その周りは金、銀、瑠璃、玻璃の宝石で囲われている。
※拾っても使い道がないでしょう
八功徳水
極楽には色とりどりの鳥がたくさんいる。鳥たちは昼夜三度ずつ美しい鳴き声で鳴き、その鳴き声は尊い教えをあらわしている。

鳥とは白鵠(鶴や白鳥のような鳥)、孔雀、鸚鵡、舎利(もずやムクドリのような中型の鳥)、迦陵頻伽(鳴き声が美しい架空の鳥)、共命之鳥(頭が二つある珍しい鳥)のことで、お寺の彫刻にも六鳥彫といってこの鳥を題材にしたものもあります。
<スポンサーリンク>


さいごに浄土宗と浄土真宗での違い

温泉があってお酒があってなど一般的なイメージとはかけ離れてはいますが極楽浄土はよいところであるのは間違いなさそうです。

しかし実は極楽についてからが意外と大変です。極楽浄土では悟りを求めて仏(ほとけ)になるための菩薩行(修行)が待っています。
※浄土真宗では極楽浄土に往生、即成仏なので修行は必要ありません^^;

ちなみに行って帰ってきた人がいないので、行った本人の経験談などは聞くことはできませんのではっきりしたことはもちろんわかりません…
きっと一度行くとあまりにもいいところなので帰ってきたくなくなるのでしょう(笑)

参考になれば幸いです。

関連記事

マナー違反怒る親鸞聖人

歎異抄の名場面 唯円坊 親鸞聖人に極楽浄土に関する疑問をぶつける

歎異抄の名場面 第九条より 歎異抄は門徒たちの間で広がった異説や間違った解釈を正すために唯円が書い

記事を読む

浄土宗の数珠の正しい持ち方

浄土宗の数珠念珠について 使い方間違ってませんか?

浄土宗の数珠について 浄土宗の数珠について。銀色の輪が特徴で独特の連なった形をしていますが、この形

記事を読む

増上寺

浄土宗の大本山 増上寺へ行ってきました

浄土宗の大本山増上寺へ行ってきました。 浄土宗のお寺は京都の総本山知恩院に続いて二ヶ寺目。増上

記事を読む

ペットの葬式葬儀でお経はあげてもらえるか?浄土真宗編

ペットのお葬式どうする?浄土真宗編 可愛がっていたペットともいつかは別れる時が訪れます。動物と

記事を読む

無宗教葬の祭壇

浄土宗の四十九日法要用意準備しておくこと

浄土宗の四十九日法要の用意について 仏教的な考え方では人は死後、この世とあの世をさまよい、七日ごと

記事を読む

浄土宗の本山知恩院へ行ってきました

浄土宗の本山知恩院へ行ってきました 境内の紹介や観光案内は他の方にまかせて参拝者の体力を奪う(

記事を読む

浄土真宗 枕経(臨終勤行)について 必要なものやっておくべきこと

浄土真宗の枕経(臨終勤行)とは 亡くなっていこうとする人がお仏壇の阿弥陀様に対して"人生の終わりに

記事を読む

お位牌が多い仏壇

お位牌の並べ方には優先順位がある? 仏壇で配置の順番について

お位牌の並べ方について お仏壇の中にお位牌が増えてくると悩むことがあります。お位牌をどういう順番に

記事を読む

浄土真宗のお経

朝忙しい人のための浄土真宗毎日のお経、お勤め

朝一番のご飯もお供えしたし、お花も華瓶(けびょう)も用意したし南無阿弥陀仏と仏壇の前で手だけ合わせよ

記事を読む

お遍路さん

浄土真宗の札所巡りについての知識 四国遍路に行ってもいいの?

浄土真宗の巡礼について 浄土真宗に札所巡りはある? 巡礼や札所巡りと言えば四国八十八ヶ所のお遍路

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

観音様ってどんな人?

あの人は観音様のように慈悲深い人だ 若い人はあまり使わない言い回

浄土真宗の葬儀で読まれる 弔電の一例

浄土真宗の葬儀の際、読まれる弔電について 以前も紹介しましたが、

長年放置したおりんや真鍮製の仏具をきれいにする裏技(荒技)

おうちの仏壇にこんな仏具ありませんか? お盆や法事が近づくと気にはな

東本願寺の額装御本尊(スタンドタイプの阿弥陀様)

お仏壇を新調した際 御本尊は本山からお受けしてください。本願寺派(西

愛知県岡崎市 真宗大谷派の三河別院へ行ってきました

真宗大谷派の三河別院へ行ってきました いつの間にか前回から1年く

→もっと見る

PAGE TOP ↑