*

同じ仏教でも宗派によってこんなに違う!死後の世界観や行き先について

公開日: : 最終更新日:2018/11/09 その他宗派, 浄土宗, 浄土真宗 ,

仏教的死後の世界について

人は死んだらどうなるのか?どこへ行くのか?天国?地獄?浄土系宗派のお坊さんにお聞きすると”浄土へ往生する”と答えが返ってくるでしょう。

では他の宗派は?比べてみると同じ仏教でも故人が行く場所や行程が異なることがわかります。詳しく書くと書き切れませんので少し端折って比較してみました。

まずは浄土系宗派

浄土系宗派
阿弥陀如来を信仰する浄土系宗派(浄土宗、浄土真宗他)行き先は極楽浄土ですが、少々その行程に異なる点があります。

浄土宗

浄土宗の死後
生前、お念仏の教えに生きたものは死後、阿弥陀如来が来迎し六道輪廻を越えてただちに極楽浄土へ生まれることができる。そこで仏弟子となり何者にも邪魔されずに仏道修行に打ち込む。修行を修め仏と成りこの世に還って人々を救う(還相回向)

極楽浄土では先に亡くなった人たちとで再会を果たす(倶会一処)
葬儀で引導を渡されることによって阿弥陀如来のもとで悟りの道を歩むように導かれる。
ただちに阿弥陀如来が迎えにくるとなると引導の儀式はなくても浄土へは行けそうなので少々疑問は残りますが^^;

浄土真宗(主に本願寺派)

浄土真宗死後
この世との縁が尽きると同時に極楽浄土に生まれて、阿弥陀如来の本願力によって仏と成り(往生即成仏)迷いの世界(この世)に還って人々を教化する(還相回向)

倶会一処の考え方もあります。浄土宗との違いは阿弥陀如来の来迎を待つまでもなく浄土に往生する点と、浄土での修行という行程を経ずに仏と成るところです。
※浄土真宗の葬儀では引導の儀式はありません。
<スポンサーリンク>



禅宗系宗派

禅宗死後の世界
仏陀は人間の死後の世界について問われた時に、あるともないとも答えてはいません(無記)
それを踏襲しているのかこれ!といった明確なものはなく僧侶によっても意見がわかれるようです。

曹洞宗

曹洞宗の死後
葬儀で故人を仏弟子とした上でさとりの世界へ導く『曹洞宗檀信徒必携』には浄土などの明確な場所はなく、決まっていないために僧侶からの回答も様々だそうで「壇信徒に死後、故人はどこへ行くのか?」という問いに対し、仏の子として成仏したと説く、仏国土へ行ったと説く、浄土へ行ったと説くと表現がわかれます。

ただ修正義の第一章「総序」や「正法眼蔵」を読んでいくと中有(死んで次の生に生まれ変わる期間)や来世のような表現を見ることが出来ます。

臨済宗

臨済宗
曹洞宗と同様に具体的な行き先はなく仏土、悟りの世界、悩みも煩悩から開放された涅槃の世界へ行くとされています。

臨済宗の中興の祖が書かれた白隠禅師座禅和讃を大雑把に訳すと「悟りを得ればここが悟りの世界であり、この自分が仏である」という表現もあります。

密教系宗派

密教の護摩行
同じ密教系でも真言宗と天台宗では往生する先が大日如来の密厳浄土、阿弥陀如来の極楽浄土と異なります。即往生ではなく中陰を経る行程があるのが共通点です。

高野山真言宗

真言宗のご本尊
生きているうちに仏となることが可能(即身成仏)と説く。亡くなると弥勒菩薩と空海が来迎する。故人の魂は空海の導きと、中陰の四十九日間の七日毎に行われる遺族達の追善供養によって功徳を得て密厳浄土へ到達して成仏する。十三仏にも成仏を手助けされる。

葬儀は導師による読経と引導によって故人を密厳浄土へ導くための儀式とされる。

天台宗

天台宗の死後
亡くなった後、葬儀で仏弟子となり、引導によって必ず成仏することを言い渡される(この時点では言い渡されただけでまだ成仏はしていない状態)。

阿弥陀如来の来迎によって極楽浄土へ向かう。中陰の四十九日を経て極楽浄土に生まれ、何にも妨げられずに仏に成るための修行を行う。

ここで大切になってくるのが生前に積んだ功徳で、遺族が法要で死者へ追善供養を行い仏と成るのを手助けすることができる。

浄土宗となかり似ている部分がありますが、中陰を経るか経ないかが異なる点となります。
<スポンサーリンク>



日蓮系宗派

日蓮宗
日蓮宗では生前、唱題信行に励み生きながら仏となることを目指します。(即身成仏)

日蓮宗


葬儀で故人は読経により安らかな境地に入り、引導によって仏の世界に行くように導かれる。釈迦如来、多宝如来、四菩薩が来迎し仏として釈迦如来の霊山浄土へ帰る。

浄土=極楽浄土の認識の人も多い?

日本には浄土系宗派の壇信徒が多いということもあり、一般的に死んだらどこへ行くと思いますか?とアンケートすると浄土(他の宗派でも極楽浄土という認識の方が多い?)と回答されると思います。

ちなみに極楽以外の浄土は
霊山浄土 釈迦如来
密厳浄土 大日如来
東方瑠璃光浄土 薬師如来
龍華浄土 弥勒菩薩
ほか

若い人に聞くと「死んだら終わりで何もない」と答える人の割合が多いのではないかと思われますが…
ちょっと細かいことは省きましたがまだ色々調べてみる必要がありそうです。
参考になれば幸いです。

<スポンサーリンク>


関連記事

釈迦阿弥陀違い

阿弥陀様とお釈迦様の違いについて 仏像の見分け方と人物像

阿弥陀様とお釈迦様の違い 阿弥陀如来像、釈迦如来像どちらも仏像としてメジャーですが並べてみると意外

記事を読む

浄土宗の僧侶になるには?出家得度方法

浄土宗のお坊さんになりたい 浄土宗の教師資格を取得する為の流れ一例です。 お坊さんになる為の

記事を読む

東本願寺ご飯の位置

浄土真宗東本願寺のお仏壇日常の仏具の配置飾り方

東本願寺の仏具日常の飾り方 真宗大谷派(東本願寺)の仏具の日常の並べ方をご紹介します。法事の時と違

記事を読む

浄土真宗の和ろうそく一覧

浄土真宗法事法要に使う和ろうそく一覧 色は?形は?

浄土真宗の法要に使う和ろうそくには4種類の色(白、朱、銀、金)があり場面によって使い分ける必要があり

記事を読む

浄土真宗お水のお供え

浄土真宗の毎日のお供え。お茶やお水はどうしたらいい?

お湯のみでお水やお茶をお供えしない浄土真宗 色々な宗派の飾り方を見ていると このようにご飯と

記事を読む

浄土と天国、天界の違い

仏教の天界って何?天国と浄土との違いについて

天国、浄土、天界の違いについて 六道輪廻の中の最高位にある天界ですが、お浄土と同じ意味ではあり

記事を読む

無宗教葬の祭壇

浄土宗の四十九日法要用意準備しておくこと

浄土宗の四十九日法要の用意について 仏教的な考え方では人は死後、この世とあの世をさまよい、七日ごと

記事を読む

増上寺

浄土宗の大本山 増上寺へ行ってきました

浄土宗の大本山増上寺へ行ってきました。 浄土宗のお寺は京都の総本山知恩院に続いて二ヶ寺目。増上

記事を読む

施餓鬼のお供え

おせがき(施餓鬼会)について お盆との違いやお寺へ用意準備していくもの

施餓鬼会について たんに施餓鬼やおせがきと呼ばれることもあります。浄土宗、真言宗、曹洞宗などで

記事を読む

肉食

お釈迦様も肉を食べていた?仏教的肉食のルール色々

お釈迦さまもお肉を食べていた?仏教的肉食のルール色々 現代日本でお肉を食べない人といえば?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お布施の金額を聞いてみた
お布施の金額についてお気持ちの額をいくらか聞いてみた

御布施お気持ちの金額とは? 葬儀後のお布施の額を巡る攻防 施主:お

浄土真宗の線香の焚き方
浄土真宗の作法 線香を立てずに寝かせるその理由とは?

浄土真宗お線香を立てない理由とは? 浄土真宗のお線香の作法

仏壇の外扉金箔洗浄
お仏壇の金箔部分を洗浄する方法 グリター編

黒ずんでしまったお仏壇の金箔 長年たまった埃やヤニをきれいにしたいけ

般若心経
般若心経をとなえない浄土真宗 その理由とは?

浄土真宗で般若心経をとなえない理由とは? 多くの宗派でお勤めされ

お寺で結婚式
浄土真宗の仏前結婚式について 服装や用意していくものは?

仏前結婚式について 浄土真宗編 まず仏前結婚式とは 単純に神様の前

→もっと見る

PAGE TOP ↑