*

お寺でする法事(年忌法要)事前に準備するものや服装は?

公開日: : 最終更新日:2018/02/04 その他宗派, 仏事, 浄土真宗 , ,

お寺でおつとめする法事

近年とくに都市部では住宅事情の変化もあり、自宅以外で法事(おもに年忌法要)をするご家庭も増えています。葬儀会館を法事の会場として使用させてもらうこともできますが、所属寺の本堂も法事でお借りできることはご存知でしょうか?
本堂で法事
お寺は住職個人のものというより、正確にいうと宗教法人のものです。広い意味で出資をしている檀家さんのものとも言えます。よっぽどのことがない限り法事のために本堂を貸して頂けます。その際に用意しておくものや打ち合わせしておくことについてこちらで紹介したいと思います。

お寺でする法事のメリット

葬儀会館を借りるよりも格安

法事の費用
実はお寺の本堂をお借りした方が株式会社がやっている葬儀会館を借りるよりも格安で法事をすることができます。(仕出しや引出物を別途料金で一括で用意してくれるので楽というメリットはありますが)家族親戚10人東京都で会館を借りると会館使用料安くて5万円(税金、お布施別)

会館は宗派に合わせて祭壇やご本尊を用意する必要がありますので祭壇料の名目で費用がかかってしまいます。

お寺では自分のうちの宗派のご本尊がすでに安置されています(当たり前ですが…)のでそれが必要ありません。お寺の本堂をお借りする場合3000円~2万円くらい(お布施別)です。なしでいいというお寺もあるようです。
※お寺によってはお席料が規約で決められている場合もありますので詳しくはご相談ください。

また自宅で法事を営む際、お寺様に通常5000円程お包みする「御車代」もこちらからお寺へ出向けば必要ありません。

お寺にお墓がある場合そのままお墓詣りに行ける

法事後に墓地へ
お寺の境内地にお墓があるとその後の移動が楽になります。あらかじめお墓は掃除をして、お花を新しいものに交換しておきましょう。

何より場所が広い

マンションに親戚が集まるとスペースの問題が出てきますので広い本堂を借りることはメリットが大きいです。

とくに浄土真宗のお寺は聴聞の場ということで仏さまがおられるスペース(内陣といいます)よりも門徒がお参りや法話を聞くスペース(外陣といいます)が広く取られているため法事にはもってこいです。

また最近では座布団ではなく本堂用の低めの椅子が用意されていることも多いため正座が心配な方にも安心です。
<スポンサーリンク>


法事の前に予め相談しておくこと

法事を行う日時

法事の日程
希望の日時と他の家の法事が重なると本堂が使えません。なるべく早め2か月くらい前には本堂を法事のためにお借りできるかを問い合わせした方がよいでしょう。

法事に使うロウソク線香仏花の用意について

法事で使う和ろうそくやお線香をお寺で用意していただくか?または仏具店で購入してから伺うか?相談する必要があります。

お花は本堂にあるものをそのまま使わせていただける場合もありますが、用意してもらって実費負担なのか?親族側で用意する場合、お寺での法事に使う旨をお花屋さんにお伝えして届けてもらうと簡単です。

お花をそのまま使わせていただくにしてもお寺でなんらかの用意をしていただける場合、実費をお布施に足してお包みした方がよいでしょう。立替てもらう場合はきちんと清算をすることを忘れないようにしましょう。

お位牌は持っていくのか?

法事のお位牌
浄土真宗の場合、お位牌はもっていく必要がない場合もあります。他の宗派の場合もお家からむやみに動かさない方がよいといわれる場合もありますので事前にご相談ください。なくてもお寺の過去帳に戒名は記録されていますので問題ないことも多いです。

休憩の時のお茶の用意

法事は途中で休憩が入ることが多いです。お茶や茶菓子の用意は一式、家から持って行った方がよいと思われますが、急須や湯飲みは貸していただける場合もありますので、事前にご相談ください。

親族側が用意していくもの

法事に持っていくもの
数珠 ご本尊に手を合わせる際、どの宗派でも必要です
経本 とくに浄土真宗の場合、正信偈を全員で唱和することが多いので人数分用意しましょう
お供え お供えは基本的に持ち帰りお下がりとして分配しおうちでいただきます。
お布施 卒塔婆を新しく建てる場合は「塔婆料」も大体3000円程必要です。本堂使用に対するお礼など詳しくは下記で

本堂をお借りすることへの封筒の表書き

法要に対する表書きはそのまま「お布施」ですが、本堂を使用させていただくことに対しては白無地の封筒に「御席料」と表書きをします。タイミングは事前にお渡しするか法事終了後にしましょう。

「御席料」は上でも書きましたが3000円~20000円くらいです。下限は月間住職の情報を基にしております。上限はいくら高額でもかまわないでしょう(笑)
※名古屋周辺の一部地域の浄土真宗のお寺では「会所料」(えしょりょう)と表書きすることもあるそうです。

関連ページ:浄土真宗封筒の表書き一覧葬儀法事など

お寺の法事での服装は?

法事の服装は
お寺以外で法事をする時と同様です。年忌法要であって、お葬式ではないので必ずしも喪服である必要はありません(喪は一周忌で明けているはずです)が、3回忌までは黒いスーツに黒か無地の濃い色のネクタイで落ち着いた服装がよいそうです。
※地方によって異なります

会館でする法事は予算を設定して決められたものから選択していけば、引き物から会食(お斎)までスムーズに用意してもらえます。お寺での法事は結構細かくお寺様と相談することも多く至れり尽くせりではないので、その辺りはご注意下さい。法事、葬儀に限らずいい仏縁になると仏前結婚式にも快く貸していただけると思いますのでお寺様にご相談ください。

もちろん後片付けは忘れてはいけません。参考になれば幸いです。

<スポンサーリンク>


関連記事

高須別院本堂

岐阜県海津市の高須別院へ行ってきました

真宗大谷派の別院である高須別院 岐阜県海津市にある高須別院二恩寺。道路に立てられている大きな看板に

記事を読む

浄土真宗悪人正機

浄土真宗の誤解されやすいワードについて 他力本願、悪人正機

暮らしの中でよく出てくる仏教語がありますが、本来の意味とは異なる意味で使われることも少なくありません

記事を読む

浄土真宗簡単に説明すると

浄土真宗の宗派名は宗派を開いた親鸞聖人が 「教行信証」の中で "真実の教 浄土真宗" と示した

記事を読む

四十九日位牌

戒名について。戒名は必要か?

戒名って何? 戒名の相場は? 戒名は必要か?俗名のままではいけないのか? 戒名について考えてい

記事を読む

東本願寺ご飯の位置

浄土真宗東本願寺のお仏壇日常の仏具の配置飾り方

東本願寺の仏具日常の飾り方 真宗大谷派(東本願寺)の仏具の日常の並べ方をご紹介します。法事の時と違

記事を読む

浄土真宗のお彼岸

浄土真宗のお彼岸の迎え方過ごし方について お仏壇の飾り方やお供え物は?

一般的にお彼岸とは? 彼岸という言葉は元々、迷いの世界であるこの世(此岸)に対し、「彼の岸」す

記事を読む

真宗大谷派(東本願寺)の法事 事前に準備するものあれこれ お布施の相場も

法事とは一般的に年忌法要のことを言います。 会館やお寺の本堂をお借りすることも多いですが自宅でお勤

記事を読む

護摩行のやり方

護摩行のやり方 護摩木を投げ込む意味やご利益は?

護摩行やり方や由来について 護摩行とは? 護摩とはサンスクリット語の「ホーマー」が語源でそれ

記事を読む

浄土真宗の和ろうそく一覧

浄土真宗法事法要に使う和ろうそく一覧 色は?形は?

浄土真宗の法要に使う和ろうそくには4種類の色(白、朱、銀、金)があり場面によって使い分ける必要があり

記事を読む

四十九日お礼状

浄土真宗の葬儀案内状、会葬礼状文例

葬儀の際は親しき仲にも礼儀ありということで、電話だけで済まさず葬儀案内状と会葬礼状を出したいものです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

施餓鬼のお供え
おせがき(施餓鬼会)について お盆との違いやお寺へ用意準備していくもの

施餓鬼会について たんに施餓鬼やおせがきと呼ばれることもあります

浄土真宗の掛軸
浄土真宗の御本尊 両脇の掛軸について

浄土真宗のご本尊と両脇の掛け軸について 浄土真宗のご本尊とは?

増上寺
浄土宗の大本山 増上寺へ行ってきました

浄土宗の大本山増上寺へ行ってきました。 浄土宗のお寺は京都の総本

浄土真宗のお経
お経について浄土真宗的考え方 お経って結局何なの?

お経について浄土真宗的考え方 そもそもお経って何なんでしょうか?唱え

桑名別院トップ画像
三重県桑名市の桑名別院へ行ってきました

真宗大谷派の別院である桑名別院 三重県桑名市にある桑名別院本統寺。三

→もっと見る

PAGE TOP ↑