*

浄土真宗のお仏壇を買うときに注意したい置き場所や方角

公開日: : 最終更新日:2017/10/26 仏事, 浄土真宗 ,

浄土真宗のお仏壇を置く場所や向きについて

お仏壇を購入しようと思った時、気になるのは設置場所です。仏間があればそちらにおさめるのが最良の方法ですが、仏間がないおうちやマンションなどに置く場合どうしたらいいでしょうか?また実は置き場所や方角よりも考慮した方がいいこともありますのでご紹介します。

お仏壇を置く場所 方角や向きについて

お仏壇を置く場所や向きにはいろいろは説がありますが、一例を紹介します。

西方浄土説

いわゆるお浄土は西方(西の彼方)にあるという考え方で西向きに手を合わせられるように設置する方法です。(お仏壇自体は東向きになります)東西本願寺の本山はこの説に基づいた形で本堂が建てられています。

本山説

本山の方向に手を合わせられるように設置する方法です。例えば京都に本山がある宗派でしたら、関東地方の方はお仏壇は東向きに、お参りする人は本山に向かって手を合わせられるようにします。中国地方にお住まいでしたら逆になります。

南面北座説

仏壇は南向きがよいとする南面北座説は、中国の慣習からきているといわれているお仏壇の向きは南向きがよいとする説。 王などの高貴な人は南を向いて座る習慣があったため

東面西座説

東は日の出の方角で、立身出世の象徴というインドの慣習に由来します。お仏壇は西向き、手を合わせる人は東向きになります。(西方浄土説と同じ向きになります)

で?結局方角はどうしたらいいの?
仏壇の置き場所
答え:どの説にしたがってもいいですし、まったく自由にしてもらって結構です。

<スポンサーリンク>



自由といわれてもますます迷ってしまうかもしれませんが、まず浄土真宗では方角や日柄の吉凶を重視していません。方角や置き場所にこだわるとかえって不自然になったり、毎日のお参りがし辛くなります。

また家族の個人の部屋に設置してしまうと、その人しかお参りしないということにもなりかねません。浄土真宗のお仏壇だからと言ってお浄土の方角に向かって手を合わせないといけないわけではありません。
仏壇に手を合わせる
仏壇というだけあって仏間に置くのが一番ですが、住宅事情の関係で仏間がない家も増えてきています。リビングなど家族が集まれる部屋に無理なく置くのがよいと思われます。

浄土真宗には正しいお仏壇の置き場所というものはなく家族が誰でも手を合わせられる場所がいい場所と言えるのではないでしょうか。

あえていうなら

湿気のある場所には置かない

台所やお風呂場の近くに置くと湿気でお仏壇が悪くなりやすいです。物理的によくない場所です。

直射日光が当たる場所には置かない

こちらも物理的な問題です。日中の強い日差しや西日が当たるとお仏壇が悪くなりやすいですし、お参りにも支障が出てしまいます。塗り仏壇の場合埃も目立ちやすいです。

エアコンと向かい合わせに置かない

エアコンと向かい合わせに置くと送風によってろうそくの火が消えてしまいますし、温風も直接当たるのはお仏壇によくありません。

購入にあたって日柄や時期は気にしない

お彼岸やお盆または家族の誰かが亡くなられたからなどのきっかけというものはありますが、この日に買わないといけないというきまりはありません。必要に迫られて慌てて買うよりもじっくり選んだほうがご自分で納得のいくものを選べるのではないかと思います。

お仏壇とご本尊をお迎えして手を合わせたいな…と思った時が買い時です。
仏壇を買う時期
とくに浄土真宗では亡くなった方を供養する為にお仏壇を置くのではなく、平たくいうなら感謝をする場所としてお迎えしますので、元気なうちにお仏壇とご本尊をお迎えし手を合わせることをお寺様は勧められます。

実は大事なお仏壇の高さ

方角や設置場所は気になりますが、あまり気にされないのがお仏壇を置く高さです。上置き型仏壇の場合、家具の上に置いたりしますがあまり高いところに置くとお参りの際に首が疲れます(笑)
仏壇高い
あまりにも低い場所に置くと阿弥陀様を見下げるような視線になりますので、これも避けたほうがいいでしょう。少し高い下台を用意して少しだけご本尊を見上げるくらいの位置がいいでしょう。
仏壇低い
方角の吉凶というのは陰陽道から来ているといわれており本来仏教とは関係ありません。(鬼門とされる北東の方角は匈奴が秦に侵入してくる方角が由来という説もあります)お参りのしやすい部屋、場所、適切な高さを心がけて毎日のお勤めやお給仕を行ってください。
<スポンサーリンク>


関連記事

浄土真宗の和ろうそく一覧

浄土真宗法事法要に使う和ろうそく一覧 色は?形は?

浄土真宗の法要に使う和ろうそくには4種類の色(白、朱、銀、金)があり場面によって使い分ける必要があり

記事を読む

浄土真宗悪人正機

浄土真宗の誤解されやすいワードについて 他力本願、悪人正機

暮らしの中でよく出てくる仏教語がありますが、本来の意味とは異なる意味で使われることも少なくありません

記事を読む

浄土宗のお仏壇について 法事用の飾り方 仏具の並べ方

浄土宗の法事用のお仏壇の仏具の配置です。 主に法事用の飾り方並べ方になっていますので普段はお膳や打

記事を読む

親鸞聖人

歎異抄の名場面 親鸞聖人!お念仏で本当に浄土へ行けるのですか?

歎異抄の名場面 歎異抄第二条より 親鸞聖人が東国を離れて年月が過ぎると、聖人がいないのをいい

記事を読む

浄土真宗本願寺派の法事 事前準備用意するもの お布施の相場など

自宅でお勤めする浄土真宗(西本願寺)の法事 法事とは一般的に年忌法要(年回法要)のことを指しま

記事を読む

桑名別院トップ画像

三重県桑名市の桑名別院へ行ってきました

真宗大谷派の別院である桑名別院 三重県桑名市にある桑名別院本統寺。三重県北部にありますが三重では東

記事を読む

施餓鬼のお供え

おせがき(施餓鬼会)について お盆との違いやお寺へ用意準備していくもの

施餓鬼会について たんに施餓鬼やおせがきと呼ばれることもあります。浄土宗、真言宗、曹洞宗などで

記事を読む

正座で痺れない方法

お坊さんに聞いてみた 法事での正座しびれない方法

お坊さんに聞いた正座でしびれない座り方 法事やお参りの時、お経が長くなるにつれて厳しくなってく

記事を読む

高須別院本堂

岐阜県海津市の高須別院へ行ってきました

真宗大谷派の別院である高須別院 岐阜県海津市にある高須別院二恩寺。道路に立てられている大きな看板に

記事を読む

中陰法要

法事法要のお参りに誰を呼ぶか?初七日から年忌法要まで

法事の用意をするのはなかなか大変です。お寺と日程の調整をして、会食をする会場の手配をして、返礼品を用

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

正座で痺れない方法
お坊さんに聞いてみた 法事での正座しびれない方法

お坊さんに聞いた正座でしびれない座り方 法事やお参りの時、お経が

お位牌が多い仏壇
お位牌の並べ方には優先順位がある? 仏壇で配置の順番について

お位牌の並べ方について お仏壇の中にお位牌が増えてくると悩むことがあ

盆提灯
盆提灯の組み立て方用意の仕方

盆提灯の組み立て方 お盆提灯には足つきで床に置くタイプと天井から

写経の書き間違え
写経の書き間違え 失敗した時の直し方

写経を書き損じしたときに直す方法 精神修養やお遍路の際、各札所に

祭壇の配置、お供え物
ホムセンの盆棚セットで作る 簡単盆棚の作り方飾り方

お盆の祭壇の準備 お盆の準備は色々ありますが盆棚をどうやって作ればい

→もっと見る

PAGE TOP ↑