*

浄土真宗のお仏壇を買うときに注意したい置き場所や方角

公開日: : 最終更新日:2017/10/26 仏事, 浄土真宗 ,

浄土真宗のお仏壇を置く場所や向きについて

お仏壇を購入しようと思った時、気になるのは設置場所です。仏間があればそちらにおさめるのが最良の方法ですが、仏間がないおうちやマンションなどに置く場合どうしたらいいでしょうか?また実は置き場所や方角よりも考慮した方がいいこともありますのでご紹介します。

お仏壇を置く場所 方角や向きについて

お仏壇を置く場所や向きにはいろいろは説がありますが、一例を紹介します。

西方浄土説

いわゆるお浄土は西方(西の彼方)にあるという考え方で西向きに手を合わせられるように設置する方法です。(お仏壇自体は東向きになります)東西本願寺の本山はこの説に基づいた形で本堂が建てられています。

本山説

本山の方向に手を合わせられるように設置する方法です。例えば京都に本山がある宗派でしたら、関東地方の方はお仏壇は東向きに、お参りする人は本山に向かって手を合わせられるようにします。中国地方にお住まいでしたら逆になります。

南面北座説

仏壇は南向きがよいとする南面北座説は、中国の慣習からきているといわれているお仏壇の向きは南向きがよいとする説。 王などの高貴な人は南を向いて座る習慣があったため

東面西座説

東は日の出の方角で、立身出世の象徴というインドの慣習に由来します。お仏壇は西向き、手を合わせる人は東向きになります。(西方浄土説と同じ向きになります)

で?結局方角はどうしたらいいの?
仏壇の置き場所
答え:どの説にしたがってもいいですし、まったく自由にしてもらって結構です。

<スポンサーリンク>



自由といわれてもますます迷ってしまうかもしれませんが、まず浄土真宗では方角や日柄の吉凶を重視していません。方角や置き場所にこだわるとかえって不自然になったり、毎日のお参りがし辛くなります。

また家族の個人の部屋に設置してしまうと、その人しかお参りしないということにもなりかねません。浄土真宗のお仏壇だからと言ってお浄土の方角に向かって手を合わせないといけないわけではありません。
仏壇に手を合わせる
仏壇というだけあって仏間に置くのが一番ですが、住宅事情の関係で仏間がない家も増えてきています。リビングなど家族が集まれる部屋に無理なく置くのがよいと思われます。

浄土真宗には正しいお仏壇の置き場所というものはなく家族が誰でも手を合わせられる場所がいい場所と言えるのではないでしょうか。

あえていうなら

湿気のある場所には置かない

台所やお風呂場の近くに置くと湿気でお仏壇が悪くなりやすいです。物理的によくない場所です。

直射日光が当たる場所には置かない

こちらも物理的な問題です。日中の強い日差しや西日が当たるとお仏壇が悪くなりやすいですし、お参りにも支障が出てしまいます。塗り仏壇の場合埃も目立ちやすいです。

エアコンと向かい合わせに置かない

エアコンと向かい合わせに置くと送風によってろうそくの火が消えてしまいますし、温風も直接当たるのはお仏壇によくありません。

購入にあたって日柄や時期は気にしない

お彼岸やお盆または家族の誰かが亡くなられたからなどのきっかけというものはありますが、この日に買わないといけないというきまりはありません。必要に迫られて慌てて買うよりもじっくり選んだほうがご自分で納得のいくものを選べるのではないかと思います。

お仏壇とご本尊をお迎えして手を合わせたいな…と思った時が買い時です。
仏壇を買う時期
とくに浄土真宗では亡くなった方を供養する為にお仏壇を置くのではなく、平たくいうなら感謝をする場所としてお迎えしますので、元気なうちにお仏壇とご本尊をお迎えし手を合わせることをお寺様は勧められます。

実は大事なお仏壇の高さ

方角や設置場所は気になりますが、あまり気にされないのがお仏壇を置く高さです。上置き型仏壇の場合、家具の上に置いたりしますがあまり高いところに置くとお参りの際に首が疲れます(笑)
仏壇高い
あまりにも低い場所に置くと阿弥陀様を見下げるような視線になりますので、これも避けたほうがいいでしょう。少し高い下台を用意して少しだけご本尊を見上げるくらいの位置がいいでしょう。
仏壇低い
方角の吉凶というのは陰陽道から来ているといわれており本来仏教とは関係ありません。(鬼門とされる北東の方角は匈奴が秦に侵入してくる方角が由来という説もあります)お参りのしやすい部屋、場所、適切な高さを心がけて毎日のお勤めやお給仕を行ってください。
<スポンサーリンク>


関連記事

長年放置したおりんや真鍮製の仏具をきれいにする裏技(荒技)

おうちの仏壇にこんな仏具ありませんか? お盆や法事が近づくと気にはなりますが、見ないようにしていた

記事を読む

浄土真宗の法事法要 進行の一例と施主の挨拶について

法事の時施主は何をすればいいのでしょうか? もちろんお客さんではないのですから司会進行やお参り

記事を読む

喪中線香メッセージ

浄土真宗のお坊さんから頂いた満中陰法要(四十九日)のお礼状

満中陰法要(四十九日)の御礼状 浄土真宗のお寺様から御香典返しと一緒に、満中陰法要(四十九日法要)

記事を読む

法事封筒表書き

浄土真宗お布施の封筒の表書き一覧 葬儀,永代経など

浄土真宗お布施の封筒の表書き一覧 年忌法要、葬儀その他仏事に用いられるお布施の袋(金封)は紅白

記事を読む

お寺で結婚式

浄土真宗の仏前結婚式について 服装や用意していくものは?

仏前結婚式について 浄土真宗編 まず仏前結婚式とは 単純に神様の前で行う結婚式が神前式、仏様の前

記事を読む

浄土真宗の葬儀で読まれる 弔電の一例

浄土真宗の葬儀の際、読まれる弔電について 以前も紹介しましたが、浄土真宗の法要儀式での"ご冥福

記事を読む

浄土真宗の中陰勤行どうする? 四十九日までの用意飾り方

浄土真宗の中陰法要について ご家族が亡くなったのち初七日、二七日、三七日…六七日、七七日(四十九日

記事を読む

阿弥陀様ってどんな人?

浄土真宗の御本尊として礼拝の対象となる阿弥陀様(阿弥陀如来)とはどんな人でしょうか? そもそも人な

記事を読む

正座で痺れない方法

お坊さんに聞いてみた 法事での正座しびれない方法

お坊さんに聞いた正座でしびれない座り方 法事やお参りの時、お経が長くなるにつれて厳しくなってく

記事を読む

お寺でする法事(年忌法要)事前に準備するものや服装は?

お寺でおつとめする法事 近年とくに都市部では住宅事情の変化もあり、自宅以外で法事(おもに年忌法要)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

観音様ってどんな人?

あの人は観音様のように慈悲深い人だ 若い人はあまり使わない言い回

浄土真宗の葬儀で読まれる 弔電の一例

浄土真宗の葬儀の際、読まれる弔電について 以前も紹介しましたが、

長年放置したおりんや真鍮製の仏具をきれいにする裏技(荒技)

おうちの仏壇にこんな仏具ありませんか? お盆や法事が近づくと気にはな

東本願寺の額装御本尊(スタンドタイプの阿弥陀様)

お仏壇を新調した際 御本尊は本山からお受けしてください。本願寺派(西

愛知県岡崎市 真宗大谷派の三河別院へ行ってきました

真宗大谷派の三河別院へ行ってきました いつの間にか前回から1年く

→もっと見る

PAGE TOP ↑