*

般若心経をとなえない浄土真宗 その理由とは?

公開日: : 最終更新日:2019/04/18 その他宗派, 浄土真宗 , ,

浄土真宗で般若心経をとなえない理由とは?

多くの宗派でお勤めされている般若心経ですが浄土真宗ではお勤めしません。なぜなら浄土真宗の教義とは異なる要素を含んでいるからです。浄土真宗の教義や般若心経の意味などから考えていきたいと思います。

まずは浄土真宗の基本的な教義とは

浄土阿弥陀様
煩悩を克服できないため、善の一つも行うこともできず、悟りとは程遠い凡夫が阿弥陀様の必ず救うぞという本願を信じ、「南無阿弥陀仏」とお念仏をとなえ、よろこぶ身になった時、浄土に往生することが決定(けつじょう)する。
いわゆる他力念仏の教え



般若心経のおおよその意味とは

般若心経を詠まない
二百六十二文字で書かれている般若心経、日本で一番となえられているお経かもしれません。一言で言い表すのは難しいですが、おおよその意味は「空」の思想と般若(菩薩の智慧)を得て悟りを得ましょう彼岸(浄土)に至りましょうという実践行といわれます。
簡単に言うと自力修行の教え
修行
つまり両者には考え方が異なる部分があるのがわかります。親鸞聖人もおっしゃっておりますように我々凡夫は「いずれの行も及び難き身(歎異抄) 」であり、自力で悟りを開こうというのは大変難しいことです。

お念仏こそが阿弥陀様にお救い頂き浄土へ往生するための唯一の行であると明らかにされています。

浄土真宗でお勤めするお経は

浄土真宗の経本
般若心経をとなえないなら、どんなお経をとなえたらいいのか?浄土真宗で教えの根本となるお経は浄土三部経(大無量寿経、勧無量寿経、阿弥陀経)です。

毎日のお勤めに用いられるのは正信偈が多いですが、こちらは正確に言うとお経ではありません(後述します)

般若心経と正信偈の違いとは


同じお経なのに何が違うのか?まずお経というものはお釈迦様の言葉をまとめたものです。般若心経はお経ですが、対して正信偈はお経ではなく、お念仏の教えと、教えを広められた七高僧の徳を親鸞聖人が讃えた偈文(歌のようなもの)です。

どちらも同じように仏前でお勤めしますが、正信偈の方には先祖を供養しようとか、となえて功徳を積もうという概念がありません。

般若心経をとなえてはいけないのか

怒る親鸞聖人
もちろん浄土真宗は般若心経を否定しているわけではありません。仏教には様々な宗派があり、よく山登りに例えられます。山頂を目指すという目的は同じですが、そこへ至るルートが異なるというわけです。

浄土真宗には浄土真宗の 他宗派には他宗派の救われ方があり、ただ浄土真宗では般若心経などの自力修行の教えではなく他力の教えで救われるというのが本来です。となえてはならない!ではなく となえる必要ないのではないかな?くらいのニュアンスです。

※以前にも紹介しました初詣に神社に行ってもいいけど、お寺で阿弥陀様にお参りすれば充分では?と似た感じです。
関連ページ:浄土真宗のお正月の迎え方について

般若心経と浄土真宗のことまとめ

・般若心経は自力で悟りを目指すためのお経
・正信偈は他力の教えと七高僧の徳を讃えた偈文
・自力で悟りを得るという概念が浄土真宗にはない
・般若心経を称えてはダメではなく、称える必要がない

「正信偈は長いし般若心経は短いからとなえやすいんだよね」という浄土真宗の門徒の方は讃仏偈(歎仏偈)や重誓偈(三誓偈)をお勤めしてはいかがでしょうか?

どちらも短いですが大無量寿経のエッセンスがつまったありがたい偈文です。
※本当は楽だからという理由でとないるものではありませんからね^_^;

参考になれば幸いです。




関連記事

浄土真宗の打敷

浄土真宗の打敷の掛け方 飾り方と由来

浄土真宗の打敷の掛け方 まず打敷って何なのか? お仏壇を荘厳(お飾り)するための仏具の一つで

記事を読む

盆提灯

盆提灯の組み立て方用意の仕方

盆提灯の組み立て方 お盆提灯には足つきで床に置くタイプと天井から吊るすタイプがありますが、床に

記事を読む

マナー違反怒る親鸞聖人

歎異抄の名場面 唯円坊 親鸞聖人に極楽浄土に関する疑問をぶつける

歎異抄の名場面 第九条より 歎異抄は門徒たちの間で広がった異説や間違った解釈を正すために唯円が書い

記事を読む

戒名の値段相場について お布施の金額は?

戒名の値段(お布施の額)について 戒名の作りや値段相場を解説していきます。戒名の構成を見ていき

記事を読む

東本願寺の額装御本尊(スタンドタイプの阿弥陀様)

お仏壇を新調した際 御本尊は本山からお受けしてください。本願寺派(西)、大谷派(東)問わず浄土真宗

記事を読む

お釈迦様の修行時代

お釈迦様の呼び方一覧 名前の意味

お釈迦様の呼び方一覧 仏教の開祖である釈迦。お釈迦様と親しみを込めて呼びますが他にもいろいろな

記事を読む

浄土真宗のお彼岸

浄土真宗のお彼岸の迎え方過ごし方について お仏壇の飾り方やお供え物は?

一般的にお彼岸とは? 彼岸という言葉は元々、迷いの世界であるこの世(此岸)に対し、「彼の岸」す

記事を読む

浄土真宗の和ろうそく一覧

浄土真宗法事法要に使う和ろうそく一覧 色は?形は?

浄土真宗の法要に使う和ろうそくには4種類の色(白、朱、銀、金)があり場面によって使い分ける必要があり

記事を読む

浄土真宗悪人正機

浄土真宗の誤解されやすいワードについて 他力本願、悪人正機

暮らしの中でよく出てくる仏教語がありますが、本来の意味とは異なる意味で使われることも少なくありません

記事を読む

永代経東別院本堂

真宗大谷派 名古屋別院に行ってきました

真宗大谷派の名古屋別院へ行ってきました 先日の本願寺派の西別院に続いて今回は大谷派の東別院へ。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

浄土真宗の葬儀で読まれる 弔電の一例

浄土真宗の葬儀の際、読まれる弔電について 以前も紹介しましたが、

長年放置したおりんや真鍮製の仏具をきれいにする裏技(荒技)

おうちの仏壇にこんな仏具ありませんか? お盆や法事が近づくと気にはな

東本願寺の額装御本尊(スタンドタイプの阿弥陀様)

お仏壇を新調した際 御本尊は本山からお受けしてください。本願寺派(西

愛知県岡崎市 真宗大谷派の三河別院へ行ってきました

真宗大谷派の三河別院へ行ってきました いつの間にか前回から1年く

お墓磨き
墓石専用洗剤を使ったお墓の磨き方

お盆に向けてのお墓掃除 お墓のお掃除はいつもどうしてますか?周辺

→もっと見る

PAGE TOP ↑