*

浄土真宗の喪中ハガキ(年賀欠礼ハガキ)文例喪中がないって本当?

公開日: : 最終更新日:2019/01/11 東本願寺, 浄土真宗, 西本願寺 , ,

浄土真宗の喪中はがき

毎年11月頃になると喪中はがきが届き始めます。「喪中のため新年のご挨拶を控えさせて頂きます云々」のあのはがきです。
あまりにも当たり前に送ったり、届いたりするので気づいていない人も多いと思われますが浄土真宗には「喪中」という概念がないってご存知ですか?
喪中ハガキ

まず喪中の意味から

親族が亡くなった時に遺族が一定期間身を慎み喪に服する期間。
死は穢れと考えられており、穢れが強い期間を「忌」と言い、穢れが薄らいだ期間を「喪」と言います。

「忌」が明けるのが亡くなってから四十九日目(満中陰) 「喪」が明けるのが一周忌というのが一般的な考え方です。その期間内は神社へのお参りや祭事、慶事に参加することを慎みます。

「忌」や「喪」という死を穢れとする概念は人は亡くなるとただちに阿弥陀様に救い取られてお浄土に生まれるという考え方の浄土真宗の教えにはそぐわないものです。
※また本来仏教自体が死を穢れとは捉えません。神道の影響もあるのではないかと思われます。神道は死を穢れととらえるので神社には通常お墓がありません。

<スポンサーリンク>

喪中がないってことは喪中ハガキ出さないどころか年賀状出してもいいの?

いいんです!
喪中ハガキはいらない
(注:ただし先方がこちらが浄土真宗の門徒だと理解してるとは限りません)

でも他の家の人も喪中ハガキを出してるし、うちだけ出さないのも…
それに亡くなったことを連絡してない故人の友人知人にも知らせないと…
浄土真宗だけど喪中ハガキを出したい
そのとおり、うちは浄土真宗だから!と頑なに教えを守り世間との軋轢を生んでも仕方ありません。

一般的な常識に配慮しつつ、浄土真宗の教えからもかけ離れず、尚且つ故人の友人知人に連絡を送りたい。

そういう時は喪中ハガキではなく「年賀欠礼ハガキ」を出します。喪中やその他の浄土真宗にふさわしくない文言を避けて家族がなくなったことと、年賀状を控える旨をお知らせします。

浄土真宗の年賀欠礼ハガキ文例

新年のご挨拶をご遠慮させて頂きます。

父 山田太郎が 月 日に浄土に往生致しました。
父のいない初めての正月は父を偲び心静かに迎えたいと存じます。
つきましては年末年始のご挨拶を失礼させていただきます
本年はひとかたならぬご厚情を賜り厚くお礼申し上げます。
明年も変わらぬご交誼の程お願い申し上げます。

※”明年も”ということで12月初頭くらいには届くようにします

新年のご挨拶をご遠慮させて頂きます。が堅いなと思ったら新年のご挨拶にかえてとされてもいいでしょう。

専門用語で書くと浄土に往生浄土往生の素懐を遂げましたと書き替えることができます。かねてから願っていた浄土へ往生することが叶ったという意味合いです。または還浄致しましたと書き替えることも可能です。

<スポンサーリンク>

浄土真宗用に喪中ハガキを改変すると

浄土真宗の喪中葉書文例
難しく考えなくても普通の喪中ハガキの「喪中」や「永眠」という浄土真宗には相応しくない文言を取るだけでも浄土真宗用の「年賀欠礼ハガキ」に作り替えることが出来ます。
浄土真宗年賀欠礼葉書文例
※「死去」は使用可能ですが「逝去」ですと他の人の死に対する言葉になってしまいますので使わないようにします。

浄土真宗の年賀欠礼葉書さける言葉

永眠(浄土に往生)
霊前(仏前、ご尊前)
天国(浄土)
戒名(法名)
草葉の陰(浄土)
冥福を祈る(哀悼の意を表します)
※()内は言い換えた場合の文言

浄土真宗には喪に服する期間がありませんので、もちろん慶事に参加することは可能ですし、神社にお参りしてダメということはありません。(おおっぴらに言うと嫌がられるかもしれませんが)
何度も言いますが世間との軋轢を生まない程度でお願いします。
参考になれば幸いです。

関連ページ:浄土真宗の喪中見舞いについて

関連記事

築地本願寺に行ってきました

築地本願寺へ行ってきました。東京の都心に鎮座するお念仏の教えを広める一大拠点です。建物向かって右側の

記事を読む

桑名別院トップ画像

三重県桑名市の桑名別院へ行ってきました

真宗大谷派の別院である桑名別院 三重県桑名市にある桑名別院本統寺。三重県北部にありますが三重では東

記事を読む

お墓の移動に関する知識と心得

お墓移動の手順やかかる費用(離壇料)について

お墓墓地の移動について 遠くの故郷にあるお墓を自分の住まいの近くに移動させたい。改葬といって最近増

記事を読む

中陰法要

法事法要のお参りに誰を呼ぶか?初七日から年忌法要まで

法事の用意をするのはなかなか大変です。お寺と日程の調整をして、会食をする会場の手配をして、返礼品を用

記事を読む

浄土真宗のお墓について 建てる際に気をつけたいこと

浄土真宗式のお墓を建てる 地方による習慣もありますので絶対これ!という決まりはありませんが、浄土真

記事を読む

お浄土

同じ仏教でも宗派によってこんなに違う!死後の世界観や行き先について

仏教的死後の世界について 人は死んだらどうなるのか?どこへ行くのか?天国?地獄?浄土系宗派のお坊さ

記事を読む

浄土真宗の線香の焚き方

浄土真宗の作法 線香を立てずに寝かせるその理由とは?

浄土真宗お線香を立てない理由とは? 浄土真宗のお線香の作法 浄土真宗ではお線香は香炉に立

記事を読む

東本願寺ご飯の位置

浄土真宗東本願寺のお仏壇日常の仏具の配置飾り方

東本願寺の仏具日常の飾り方 真宗大谷派(東本願寺)の仏具の日常の並べ方をご紹介します。法事の時と違

記事を読む

名古屋別院本堂

浄土真宗本願寺派の名古屋別院へ行ってきました

西本願寺の別院である名古屋別院 名古屋市にある西本願寺の別院。名古屋市内にはもう一件、割と近くに真

記事を読む

浄土真宗の中陰勤行どうする? 四十九日までの用意飾り方

浄土真宗の中陰法要について ご家族が亡くなったのち初七日、二七日、三七日…六七日、七七日(四十九日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
全員地獄行き!めちゃくちゃ厳しい地獄行きの条件とは?

地獄へ落ちるわよ! 一昔前に某占い師によってはやったフレーズですが、

報恩講とはどういうお参りか?お布施の金額は?

浄土真宗で最も大事な法要 報恩講とは? 年末が近づいてくると各お

歎異抄の作者 唯円じゃない説!?唯円以外の候補者とは?

歎異抄の作者といえば? 通常 唯円!と答える方が大多数だと思いますが

お墓を建てる法要(建碑式)の時に必要なものと流れ

お墓建立の準備と法要に必要なもの お墓を建立した時に最初につとめ

仏壇の電球がつかない
仏壇の電気を直す方法 電気がつかない原因色々

仏壇の電気がつかない!自分で直す方法 仏壇の電気がつかないときの

→もっと見る

PAGE TOP ↑