*

浄土真宗の打敷の掛け方 飾り方と由来

公開日: : 最終更新日:2017/12/22 その他宗派, 仏事, 浄土真宗 ,

浄土真宗の打敷の掛け方

まず打敷って何なのか?

お仏壇を荘厳(お飾り)するための仏具の一つで金襴で織られている煌びやかな布です。昔、お釈迦様の説法はいつも外で行われていました。その際お釈迦様は石の上に座ったり、地面に座ったりしていたので、見かねた弟子達がお釈迦様が座る場所に布を敷いたり、花を飾ったりしたのが打敷の原型だと言われています。

打敷はいつ掛ければいいのか?

普段は掛けなくてもいいですが、法事(年忌法要)、報恩講、お盆、お彼岸、お正月などに掛けるようにしましょう。基本的にお寺様にお参りに来ていただいたり、仏教行事がある時に掛けると思っていただいていいと思います。

法要の際に掛けるということと、掛け方は基本的に各宗派共通です。浄土真宗は三角形、浄土宗は四角形と一応の決まりがありますがその他の宗派は四角形が多いですが、地方によって異なるようです。
<スポンサーリンク>



打敷の掛け方

まず前卓(前机)という花立や蝋燭立が載った台をお仏壇から取り出します。お仏壇に入れたまま打敷を掛けようとすると、落としたり思わぬ事故が起こりやすいので必ず取りだしてから打敷を掛けるようにしましょう。
前卓を取りだす
次に前卓の上部の板(下須板や天板といいます)を外します。固定してあるわけではないので簡単に外せます。
打敷を掛ける準備
打敷の白い布の部分を本体の黒塗り部分と上部の板の間に挟みこみます。ちなみにこの打敷は抱き牡丹の紋が入っているので大谷派(東本願寺)用です。宗派紋が入ってなければ基本的に各宗派で使えます。
打敷を挟む
上下から挟み、両端のはみ出した部分をななめに織って形を整えます。
打敷の形を整える
打敷の飾り方東本願寺
※この形にする理由はわかりません。お寺でも京都の本山でも法要時はこのようにしていますのでお寺の内陣に倣って荘厳するのが作法になっているのだと思います。

上卓の方にも同様に小さいほうの打敷を掛けます
上卓に打敷

仏具を元に戻して完成

打敷完成

夏用と冬用を季節によって使い分ける

打敷には夏用と冬用がありますので季節によって使い分けましょう。人の衣替えに合わせて掛けかえる地方、春秋のお彼岸で掛けかえる地方様々で厳格な決まりはありません。お寺の法要を見ても去年の秋の永代経は夏用だったのに今年は冬用だなあ…という時もあります。

浄土真宗は報恩講だけは季節的に必ず冬用となります。またお盆も地域を問わず夏用です。

夏用打敷▼

薄手で白っぽい布で織られているのが夏用です。宗派紋が入っていなければ、基本的に本願寺派も大谷派も共通です。
夏用の打敷

冬用打敷▼

厚手の金襴で織られています。色も金、朱、茶、紫など様々です。
浄土真宗冬用の打敷
<スポンサーリンク>



報恩講の時は特に豪華に

浄土真宗の大切な法要である報恩講の時は打敷の下にさらに下掛け(水引)を掛けます。緑色の四角い布がそれです。
浄土真宗報恩講の打敷

打敷を購入する際気をつけたいこと

前卓の横幅を計ってから仏具店へ行きましょう。大体このくらい…では店の人にも判断できませんし、五十代や百代という規格もありますが、京都と名古屋では寸法が異なりますので計っていった方が間違いがありません。打敷の両サイドは必ずはみ出しますので早とちりして返品に行かないようにしましょう(笑)

また宗派紋が刺繍してある打敷はその宗派でしか使いませんので家の宗派も伝えたほうがいいでしょう。

たまに見る間違い

前卓の下に打敷を敷いているおうちをたまに見かけます。前卓の下には敷きません。
内式の敷き方間違い

なお中国地方では前卓を使わない地域もありますので適宜調整してください。上卓も掛けない場合がありますので詳しくはお寺様とご相談下さい。

下の写真の並べ方は広島出身の方にお聞きしました。前卓は使わず打敷を板で押えて金香炉を配置する方法です。線香蝋燭は前の方で炊きます。
※余談ですが広島では浄土真宗は大谷派(東本願寺)よりも本願寺派(西本願寺)のお寺の方が圧倒的に多いそうです。
広島仏壇飾り方

お仏壇をきちんと荘厳してお参りを迎えましょう。
参考になれば幸いです。

関連記事

作法の違い

いくつわかる?西本願寺の七不思議(浄土真宗本願寺派)

西本願寺に伝わる七不思議 不思議と言っても浄土真宗自体が迷信とか怪奇現象を否定する宗派ですので

記事を読む

仏具の磨き方 彫物の溝に入った粉を取る方法

お盆や年末になると仏具を磨かれると思いますがこういうことってありませんか? 金属磨きで

記事を読む

浄土真宗の掛軸

浄土真宗の御本尊 両脇の掛軸について

浄土真宗のご本尊と両脇の掛け軸について 浄土真宗のご本尊とは? 言わずと知れた阿弥陀様です。

記事を読む

名古屋別院本堂

浄土真宗本願寺派の名古屋別院へ行ってきました

西本願寺の別院である名古屋別院 名古屋市にある西本願寺の別院。名古屋市内にはもう一件、割と近くに真

記事を読む

お仏壇に位牌がいっぱい

お仏壇の中がお位牌でいっぱい!供養処分はどうする?

お仏壇の中にお位牌がいっぱい お仏壇の中にお位牌がいっぱいでお供えもできないし、これ以上置く場所が

記事を読む

お釈迦様も肉を食べていた?仏教的肉食のルール色々

お釈迦さまもお肉を食べていた?仏教的肉食のルール色々 現代日本でお肉を食べない人といえば?

記事を読む

浄土真宗のお彼岸

浄土真宗のお彼岸の迎え方過ごし方について お仏壇の飾り方やお供え物は?

一般的にお彼岸とは? 彼岸という言葉は元々、迷いの世界であるこの世(此岸)に対し、「彼の岸」す

記事を読む

お盆の御膳(霊供膳)を簡単に作る方法 並べ方意味など

お盆や法事で用意するお膳(霊供膳)料理を用意するのや配置するのは難しそうですよね。今回はこの商品を使

記事を読む

引き物供養の品

浄土真宗お供えの表書き黄白?黒白?使い分けに関する考察

水引の色の使い分けをどうしたらいいのか? こちらが法事に参加する際、御供えの水引はどうしたらいいの

記事を読む

浄土真宗悪人正機

浄土真宗の誤解されやすいワードについて 他力本願、悪人正機

暮らしの中でよく出てくる仏教語がありますが、本来の意味とは異なる意味で使われることも少なくありません

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
歎異抄の名場面 唯円坊 親鸞聖人に極楽浄土に関する疑問をぶつける

歎異抄の名場面 第九条より 歎異抄は門徒たちの間で広がった異説や間違

お浄土
同じ仏教でもこんなに違う!死後の世界観や行き先について

仏教的死後の世界について 人は死んだらどうなるのか?どこへ行くのか?

名古屋別院本堂
浄土真宗本願寺派の名古屋別院へ行ってきました

西本願寺の別院である名古屋別院 名古屋市にある西本願寺の別院。名古屋

正座で痺れない方法
お坊さんに聞いてみた 法事での正座しびれない方法

お坊さんに聞いた正座でしびれない座り方 法事やお参りの時、お経が

お位牌が多い仏壇
お位牌の並べ方には優先順位がある? 仏壇で配置の順番について

お位牌の並べ方について お仏壇の中にお位牌が増えてくると悩むことがあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑