*

浄土宗の脇侍 お脇掛けについて

公開日: : その他宗派, 浄土宗 , ,

浄土宗のご本尊とお脇掛けについて

浄土真宗では「南無阿弥陀仏の名号」をご本尊とする場合がありますが、浄土宗は基本的に阿弥陀如来一択です。同じ阿弥陀如来でも浄土宗の方は木像でも掛軸でも「舟弥陀」といって後光が舟のような形になっているものを安置します。
浄土宗の仏壇の掛け軸

阿弥陀如来 座像と立像の違いは?

そういえば同じ阿弥陀様でも立っている姿もあれば、座っている姿もありますがどのような違いがあるんでしょうか?
阿弥陀如来座像立像の違い
実は立っているお姿は来迎(お浄土から迎えにこられる)の姿。座っているお姿はお念仏をとなえる者を浄土でお待ちになっている姿を表しています。

法然上人は「浄土への往生を願うのであれば来迎の姿(立ってる方)をお祀りすべき」とおっしゃっています。

浄土宗の阿弥陀様の間違いに気づく
ええ!うちのお仏壇の阿弥陀様座ってるんだけど!どうしよう!

いろいろなご縁があってお迎えしたご本尊ですので、買いなおしたりする必要はないそうです。ちなみに増上寺や知恩院の阿弥陀様は座っておられました。

<スポンサーリンク>


御本尊の両側の人物について

右側:善導大師
善導大師の掛軸
中国、唐の時代の人物。観経疏(かんぎょうしょ)を著してお念仏の教え(称名念仏)を確立した方。

掛け軸に描かれたお姿の足の部分が金色になっているのはミスプリントではありません。法然上人が夢の中で善導大師と出会った際に、下半身が金色に輝いていたという記録に基づいて描かれているからです。

法然上人は善導大師のことを阿弥陀様の生まれ変わりと崇められていました。

左側:法然上人
浄土宗法然上人
鎌倉時代、美作(岡山県)出身。浄土宗を開かれた方。

善導大師の観経疏の中の「一心にもっぱら弥陀の名号を念じて、行住坐臥に時節の久近を問わず念々に捨てざるは、これを正定の業と名づく、かの仏の願に順ずるがゆゑなり」という一節で凡夫が救われる道は念仏であると確信し、民衆にその教えを説かれました。

選択本願念仏集(せんじゃくほんがんねんぶつしゅう)を著し、これは浄土宗独立の書物ともいわれます。

観音菩薩と勢至菩薩

お寺では上記の法然上人と善導大師に加えて観音菩薩と勢至菩薩も祀られています。一般のご家庭のお仏壇にはスペースの都合で祀られない場合が多いですが、余裕があればお迎えしたいところです。

右が観音菩薩、左が勢至菩薩
観音菩薩(観世音菩薩とも)は阿弥陀様の慈悲を表し、勢至菩薩は阿弥陀様の智慧を表します。

阿弥陀如来を中心に観音菩薩、勢至菩薩が脇侍として配置する形式を弥陀三尊といいます。

この形式で配置する場合、掛け軸よりも木像にされることが多いです。

※余談ですが、観音菩薩は前世利益があるとされ、単独信仰されることも多く、人気と知名度で勢至菩薩を押さえているようです^_^;

普段何気なく手を合わせているご本尊とお脇掛けですが、どのような人物なのか、どういう意味があるのか日々のお参りの参考になれば幸いです。
<スポンサーリンク>


関連記事

浄土宗の僧侶になるには?出家得度方法

浄土宗のお坊さんになりたい 浄土宗の教師資格を取得する為の流れ一例です。 お坊さんになる為の

記事を読む

お釈迦様も肉を食べていた?仏教的肉食のルール色々

お釈迦さまもお肉を食べていた?仏教的肉食のルール色々 現代日本でお肉を食べない人といえば?

記事を読む

四十九日法要

浄土宗の四十九日法要用意準備しておくこと

浄土宗の四十九日法要の用意について 仏教的な考え方では人は死後、この世とあの世をさまよい、七日ごと

記事を読む

お遍路さん

浄土真宗の札所巡りについての知識 四国遍路に行ってもいいの?

浄土真宗の巡礼について 浄土真宗に札所巡りはある? 巡礼や札所巡りと言えば四国八十八ヶ所のお遍路

記事を読む

お仏壇磨き

お仏壇の掃除 漆(黒塗り部分)の磨き方

お仏壇の掃除の仕方、お手入れ方法 普段はあまり気にならないのに年末やお盆、お彼岸が近づいてくる

記事を読む

中陰法要

法事法要のお参りに誰を呼ぶか?初七日から年忌法要まで

法事の用意をするのはなかなか大変です。お寺と日程の調整をして、会食をする会場の手配をして、返礼品を用

記事を読む

あの有名なお寺の宗派はどこ?

法隆寺、清水寺、東大寺など誰でも名前を聞いたことがあるお寺 お寺なのでもちろんどこかの仏教宗派に属

記事を読む

増上寺

浄土宗の大本山 増上寺へ行ってきました

浄土宗の大本山増上寺へ行ってきました。 浄土宗のお寺は京都の総本山知恩院に続いて二ヶ寺目。増上

記事を読む

護摩行のやり方

護摩行のやり方 護摩木を投げ込む意味やご利益は?

護摩行やり方や由来について 護摩行とは? 護摩とはサンスクリット語の「ホーマー」が語源でそれ

記事を読む

施餓鬼のお供え

おせがき(施餓鬼会)について お盆との違いやお寺へ用意準備していくもの

施餓鬼会について たんに施餓鬼やおせがきと呼ばれることもあります。浄土宗、真言宗、曹洞宗などで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

正座で痺れない方法
お坊さんに聞いてみた 法事での正座しびれない方法

お坊さんに聞いた正座でしびれない座り方 法事やお参りの時、お経が

お位牌が多い仏壇
お位牌の並べ方には優先順位がある? 仏壇で配置の順番について

お位牌の並べ方について お仏壇の中にお位牌が増えてくると悩むことがあ

盆提灯
盆提灯の組み立て方用意の仕方

盆提灯の組み立て方 お盆提灯には足つきで床に置くタイプと天井から

写経の書き間違え
写経の書き間違え 失敗した時の直し方

写経を書き損じしたときに直す方法 精神修養やお遍路の際、各札所に

祭壇の配置、お供え物
ホムセンの盆棚セットで作る 簡単盆棚の作り方飾り方

お盆の祭壇の準備 お盆の準備は色々ありますが盆棚をどうやって作ればい

→もっと見る

PAGE TOP ↑