*

浄土宗の僧侶になるには?出家得度方法

公開日: : 最終更新日:2017/09/06 浄土宗, 雑学 ,

浄土宗のお坊さんになりたい

浄土宗の教師資格を取得する為の流れ一例です。

お坊さんになる為の資格は?

浄土宗では得度は六歳以上、住職資格は二十歳以上という規定があり
僧侶は宗徒、助教師、教師の三つに分類されています。
※教師というのは先生のことではなく住職になる資格のことをいいます。
得度してお坊さんになる=住職となってお寺を継ぐことができるというわけではありません。

<スポンサーリンク>



一般在家から教師になる為には

まずは師僧となってもらえる僧侶とご縁を持つ必要があります。師僧により得度し僧侶としての名前を受けます。得度式を受け度牒(得度証明書)をもらい、宗派の台帳に師僧を通じて僧名が登録されます。

宗門の台帳に登録されればお坊さんになる前段階となります。(浄土宗出家=お坊さんになったではありません)この時点で宗徒という位置づけになります。
※五重伝相という寺院で信者に対して行われる養成講座や加行の短期版のようなものがあり、ここで師僧とご縁を持ち得度をする方もいるそうです。

助教師になるには三週間の助教師養成講座を修了し、七日間の別開五重伝相を受ける必要があります。助教師はお寺の住職補助をするような資格で、檀家さんの家で法事をしたりすることはありますが、住職になることはできません。

教師になるには佛教大学や大正大学で所定の単位を取得したり教師養成道場や少僧都養成講座を受講するか教師検定試験に合格した後「伝宗伝戒」という三週間の加行を受けてやりとげなければなりません。

「伝宗伝戒」の加行に入るまでには2~3年かかります。教師養成講座も三週間で講義がほとんどですが、朝の五時からお勤めをするなど加行的要素もあり健康上の理由で脱落する人もいるそうです。しかし下記の伝相伝戒に比べれば楽といえるでしょう。

各種の養成講座は夏休みが利用できる夏場に集中しています。教師養成講座の一つ律師養成講座は知恩院や増上寺だけでなく、他のお寺でも受けることができます。

教師になるために行われる修行 伝相伝戒

浄土宗では人間は煩悩を取り払うことはできないので、無理な苦行などはせず、あるがままの姿で称名念仏しなさい。しかしそれは毎日続けなさいという考え方なので座禅や水行のような修行はありませんが、教師検定試験に合格した人あるいは合格見込みの人が最終的に行う「伝相伝戒」では三週間の大変厳しい修行があります。

伝相伝戒の期間

年に一回12月に、京都の知恩院と東京の増上寺で行われます。朝は暗いうちに起きて、読経をしたり掃除をしたり、念仏を唱えたり、一日の最後のお勤めが終わるのが夜の九時です。

滝に打たれる等の苦行はありませんが、五体投地の礼拝をお勤めの度に繰り返し1日で300回から500回という数にのぼります。食事は一日三回ありますが、質素で夕食はごく簡単なものなため大変お腹が空くそうです。寒い期間なので体力を奪われて脱落する人もあるということです。

伝相伝戒修了後晴れて教師に

師僧が宗務総長に申請して教師資格を取得します。他の宗派でも共通するのが教師なってはじめて僧階の位が得られるというところです。
律師、少僧都、僧都、大僧都、僧正、正僧正の六段階となっています。

長い時間と修行を経てこれで一人前の僧侶となります。
<スポンサーリンク>



関連記事

ご冥福を祈る

ご冥福をお祈りします。使っていい?わるい?浄土真宗的解釈

ご冥福をお祈りいたします なんだか誰かが亡くなったときの決まり文句のような印象を受けますが、実は浄

記事を読む

ローがとれます使い方

仏壇仏具にこびりついたロウソクの蝋を取る方法

仏壇や仏具についたロウソクの蝋を取りたい 仏壇の金箔や仏具についてしまった蝋を放置しておくと、こび

記事を読む

浄土宗の本山知恩院へ行ってきました

浄土宗の本山知恩院へ行ってきました 境内の紹介や観光案内は他の方にまかせて参拝者の体力を奪う(

記事を読む

喪中線香メッセージ

浄土真宗のお坊さんから頂いた満中陰法要(四十九日)のお礼状

満中陰法要(四十九日)の御礼状 浄土真宗のお寺様から御香典返しと一緒に、満中陰法要(四十九日法要)

記事を読む

お浄土

同じ仏教でも宗派によってこんなに違う!死後の世界観や行き先について

仏教的死後の世界について 人は死んだらどうなるのか?どこへ行くのか?天国?地獄?浄土系宗派のお坊さ

記事を読む

浄土真宗簡単に説明すると

浄土真宗の宗派名は宗派を開いた親鸞聖人が 「教行信証」の中で "真実の教 浄土真宗" と示した

記事を読む

護摩行のやり方

護摩行のやり方 護摩木を投げ込む意味やご利益は?

護摩行やり方や由来について 護摩行とは? 護摩とはサンスクリット語の「ホーマー」が語源でそれ

記事を読む

四十九日位牌

戒名について。戒名は必要か?

戒名って何? 戒名の相場は? 戒名は必要か?俗名のままではいけないのか? 戒名について考えてい

記事を読む

お位牌が多い仏壇

お位牌の並べ方には優先順位がある? 仏壇で配置の順番について

お位牌の並べ方について お仏壇の中にお位牌が増えてくると悩むことがあります。お位牌をどういう順番に

記事を読む

お宮参り

浄土真宗のお宮参り初参式

浄土真宗的お宮参り初参式 お寺なのにお宮参りとはおかしな表現ですが^_^; 浄土真宗式の赤ちゃん

記事を読む

Comment

  1. 宮下 潤一 より:

    現在年齢65歳です、今年、郵便局長を退職し、一般の会社で働いています。
    昔から、お坊さんに興味がありまた、仏に道にすすむことができれば考えてます。
    仏の道を知り、人々に人生の幸せと、先祖への感謝をしていくことを学びたい。

    • e-butsuji より:

      はじめまして。浄土真宗では陰膳はどのようなお参りでも通常は行いません。
      (地方によっては異なる場合はあります)
      陰膳は亡くなった方が成仏するまでにお腹がすかないようにと願って行う風習です。
      浄土真宗の考え方では亡くなるとすぐに、阿弥陀様に救い取られてお浄土に生まれるという考え方なので必要ありません。

      極楽浄土ってどんなところ?浄土宗と浄土真宗での違い
      https://www.e-butsuji.com/how-to-gokurakujodo/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

仏壇の電球がつかない
仏壇の電気を直す方法 電気がつかない原因色々

仏壇の電気がつかない!自分で直す方法 仏壇の電気がつかないときの

マナー違反怒る親鸞聖人
お参りでついやってしまうマナー違反 浄土真宗編

お参りのマナー間違いマナー違反 日常のお参りで当たり前にやっているこ

ローがとれます使い方
仏壇仏具にこびりついたロウソクの蝋を取る方法

仏壇や仏具についたロウソクの蝋を取りたい 仏壇の金箔や仏具についてし

お布施の金額を聞いてみた
お布施の金額についてお気持ちの額をいくらか聞いてみた

御布施お気持ちの金額とは? 葬儀後のお布施の額を巡る攻防 施主:お

浄土真宗の線香の焚き方
浄土真宗の作法 線香を立てずに寝かせるその理由とは?

浄土真宗お線香を立てない理由とは? 浄土真宗のお線香の作法

→もっと見る

PAGE TOP ↑