*

浄土真宗の葬儀で読まれる 弔電の一例

公開日: : 最終更新日:2021/02/02 浄土真宗, 雑学 ,

浄土真宗の葬儀の際、読まれる弔電について


以前も紹介しましたが、浄土真宗の法要儀式での”ご冥福をお祈りします”は教義的にNGワードです。

お手軽に弔電を定型分で送ってしまうと思わぬNGワードが含まれている可能性があります。

喪主も遺族も気付かないし、気にしない可能性も大いにありますが、やはり葬儀でのミスは避けたいところです。

ここでは簡単な文例とお寺から届いたかなり難しい文例もあわせて紹介します。

※弔電というのはあくまで私信です。本来披露するものではありません!という意見は今回は置いときます^_^;

まず弔電に使わない言葉


・天国
・永眠
・草葉の陰
・安らかにお眠りください
・ご冥福をお祈りいたします

浄土真宗に限らず仏教式のお葬式に天国と言うワードは避けた方がいいでしょう(失笑ものです)

「安らかにお眠りください」「ご冥福をお祈りいたします」定型分に入っていたり、ほとんど決まり文句ですが浄土真宗では使いません。

眠ったり迷っているわけではなく、亡くなるとすぐに極楽浄土に往生(浄土に生まれる)という考え方だからです。

関連ページ:ご冥福をお祈りします。使っていい?わるい?浄土真宗的解釈

以上を踏まえて浄土真宗式にアレンジすると

極シンプルに他の宗派でも使えるように


「ご冥福」は用いずさらりとシンプルに
〇〇様ご逝去の報に接し 謹んで哀悼の意を表します

〇〇様ご逝去を悼み 謹んでお悔やみ申し上げます

※「哀悼の意を表します」「お悔やみ申し上げます」選択はお好みで
どちらも平たく言えば「かなしいですね」という意味です。

浄土真宗っぽくワードを入れると

浄土真宗の掛軸
浄土真宗の家だとわかっている場合
「往生」「お念仏」などのワードを用いて
〇〇様ご往生の方に接し 謹んで哀悼の意を表します
生前のご功労を偲びつつ心静かにお念仏申し上げます
or 在りし日のお姿を偲びつつお念仏申し上げます

お寺からお寺へ届いた難解な弔電

歎異抄名場面親鸞聖人
〇〇様の御逝去の報に接しシュウシンより哀悼の意を表します
御生前の御功労を偲びつつ 謹んでお念仏申し上げます

※シュウシンとはどういう字を書き、どういう意味なのかわかりませんでした^_^;調べておきます。

〇〇様の御逝去 シュウシン哀悼のきわみに存じ上げます
ご遺族ならびに御門徒の皆様の御愁嘆(ごしゅうたん)いかばかりかと拝察申し上げます
今生におけるご活躍を偲びつつ ※還相摂化のお導きにお念仏申すばかりであります

※還相摂化:西本願寺では”げんそうせっけ”、東本願寺では”げんそうせっか”と読みます。
阿弥陀様のお導きにより浄土に往生し、迷いの世界にまた戻り現世に生きるものを導くというような意味
浄土阿弥陀様

ここで定型分による失敗例

弔電失敗例
某市の市長からお寺の関係者の葬儀に届いた弔電

〇〇様逝去の報に接し 謹んでお悔やみ申し上げますとともに

生前の御功労に心から感謝申し上げますとともに”ご冥福をお祈りいたします”

序盤にご冥福を避けたかと思っていたところ最後にご冥福を祈ってしまいました
お寺の前坊守(前住職の奥様)の葬儀でしたが、どこにでも送る定型分のため最後だけ残念な結果に…

数十人単位で浄土真宗のお坊さんが参列してましたが内心どうだったのでしょうか^_^;

最後に

お坊さん
喪中はがきの時もそうでしたが、ちょっと気にしすぎというレベルかもしれません。
よくある 「ご苦労様」は目上から目下へ使う言葉だ!とか 電話対応で「もしもし」はつい使ってしまうが実はマナー違反だ!程度のものしり雑学レベルで覚えておくとよいと思います。

浄土真宗式弔電 参考になれば幸いです。

関連記事

浄土真宗の掛軸

浄土真宗の御本尊 両脇の掛軸について

浄土真宗のご本尊と両脇の掛け軸について 浄土真宗のご本尊とは? 言わずと知れた阿弥陀様です。

記事を読む

ローがとれます使い方

仏壇仏具にこびりついたロウソクの蝋を取る方法

仏壇や仏具についたロウソクの蝋を取りたい 仏壇の金箔や仏具についてしまった蝋を放置しておくと、こび

記事を読む

浄土真宗の喪中ハガキ

浄土真宗の喪中ハガキ(年賀欠礼ハガキ)文例喪中がないって本当?

浄土真宗の喪中はがき 毎年11月頃になると喪中はがきが届き始めます。「喪中のため新年のご挨拶を控え

記事を読む

真宗大谷派(東本願寺)の法事 事前に準備するものあれこれ お布施の相場も

法事とは一般的に年忌法要のことを言います。 会館やお寺の本堂をお借りすることも多いですが自宅でお勤

記事を読む

浄土真宗簡単に説明すると

浄土真宗の宗派名は宗派を開いた親鸞聖人が 「教行信証」の中で "真実の教 浄土真宗" と示した

記事を読む

お浄土

同じ仏教でも宗派によってこんなに違う!死後の世界観や行き先について

仏教的死後の世界について 人は死んだらどうなるのか?どこへ行くのか?天国?地獄?浄土系宗派のお坊さ

記事を読む

往生とは

法事の謎 一周忌の次はなぜ三回忌なのか?

法事の疑問 一周忌の次がなぜ三回忌なのか? 来週は祖父の三回忌か 祖父が亡くなってもう三年も

記事を読む

浄土真宗のお盆の迎え方 お盆の由来は?用意するものは?

浄土真宗のお盆何を用意しよう? 一般的なお盆とはご先祖様を追善供養するという考え方に基づいてい

記事を読む

仏具を捨てるとバチが当たる?

不要になった古い仏具をどう処分したらいいのか?浄土真宗編

不要になった仏具 浄土真宗的解釈 仏具が古くなってしまったので新しいものに買い替えた。さてこの壊れ

記事を読む

お寺でする法事(年忌法要)事前に準備するものや服装は?

お寺でおつとめする法事 近年とくに都市部では住宅事情の変化もあり、自宅以外で法事(おもに年忌法要)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

観音様ってどんな人?

あの人は観音様のように慈悲深い人だ 若い人はあまり使わない言い回

浄土真宗の葬儀で読まれる 弔電の一例

浄土真宗の葬儀の際、読まれる弔電について 以前も紹介しましたが、

長年放置したおりんや真鍮製の仏具をきれいにする裏技(荒技)

おうちの仏壇にこんな仏具ありませんか? お盆や法事が近づくと気にはな

東本願寺の額装御本尊(スタンドタイプの阿弥陀様)

お仏壇を新調した際 御本尊は本山からお受けしてください。本願寺派(西

愛知県岡崎市 真宗大谷派の三河別院へ行ってきました

真宗大谷派の三河別院へ行ってきました いつの間にか前回から1年く

→もっと見る

PAGE TOP ↑