*

浄土真宗の札所巡りについての知識 四国遍路に行ってもいいの?

公開日: : 最終更新日:2018/06/19 その他宗派, 浄土真宗, 雑学 , , ,

浄土真宗の巡礼について

浄土真宗に札所巡りはある?

巡礼や札所巡りと言えば四国八十八ヶ所のお遍路が思い浮かびますが、浄土真宗にも巡礼の札所があると御存じですか?

四国のお遍路のように霊場とは言いませんが、浄土真宗にも親鸞聖人二十四輩巡り親鸞聖人御旧跡巡りというものがあります。

親鸞聖人二十四輩巡りとは?

親鸞聖人には教えを正しく受け継いだ高弟が24人おり、関東地方を中心に弟子達が活動した拠点があります。その弟子たちの拠点となった二十四箇所の寺院を巡るものです。

親鸞聖人御旧跡巡りとは?

京都や関東東北を中心に親鸞聖人ゆかりの寺院や場所を巡るもの。越後流罪から関東地方へ布教拠点を移した際に訪れたご縁のある寺院や 京都の日野誕生院や得度を受けた青蓮院なども含まれます。数は関東だけで70以上あり、まわりきるのは四国八十八カ所よりも大変です^^;
(google mapより)
親鸞聖人御旧跡巡り

ちなみに両方とも修行とか御利益があるという言う意味合いはなく、あくまで親鸞聖人のゆかりの地を訪ね、ご縁と歴史にふれるというものです。

以上は浄土真宗の巡礼地ですが、とくに〇番札所などと番号はついていないようですし、ご朱印もごく一部を除いてありませんので、順番などは気にせずに訪れることができます。四国遍路に比べると少しマイナーなのが残念なところです^^;

ここで一つ素朴な疑問
浄土真宗お遍路行っていい?
日本で巡礼と言えばまず、四国遍路が思い浮かびます。弘法大師(空海)ゆかりの地ということで、真言宗のイメージが強いですが、浄土真宗の門徒がお遍路に行ってもいいんでしょうか?

お遍路について考えて行きます。
<スポンサーリンク>


四国遍路について基礎知識

遍路とは弘法大師(空海)にゆかりのある霊場を巡礼すること。また、それをなす人のことをいいます。毎年20万人とも言われる人々が大願成就や自分自身を見つめ直すために四国を訪れます。
お遍路の道
遍路道は全長1400kmとも言われ、昔ながらの白装束に金剛杖のスタイルで踏破しようと思うと50日程かかります。

今ではバスや自家用車で霊場をまわったり、区切り打ちといって何回かに分けてまわることも一般的です。お遍路タクシーというものも登場しています。

四国八十八箇所が確立したのは江戸時代といわれていますが、平安末期に成立したという今昔物語にも「今は昔、仏の道を行ひける僧三人伴ひて、四国の辺地と云うは伊予、讃岐、阿波、土佐の海辺の廻りなり」という記述があることから、800年程前にはすでに四国を巡礼する修行僧がいたと推測されます。
お遍路さん
そして僧侶たちが歩いた道は遍路道として整備され江戸時代中ごろに四国八十八カ所として確立したと思われます。

江戸時代の書物「四国遍路道指南」に霊山寺を一番札所、大窪寺を八十八番札所とする記述がありますが「遍路所八十八ヶ所とさだめぬる事、いづれの時、たれの人という事さだかならず」と「四国遍禮霊場記」にもありはっきりしたことは不明です。

お遍路の道中はたとえ一人で歩くとしても、常に弘法大師と一緒に歩いているものと考えて道中は誰に見られても恥ずかしくない行動を心がけるのが習わしです。手に持つ金剛杖は弘法大師の分身と考えます。

弘法大師ゆかりの地ということは真言宗の檀家じゃないといけないか?

お遍路真言宗
大半のお寺が真言宗系(高野山真言宗、智山派、善通寺派他)で、さすがに浄土真宗のお寺はありませんが真言宗以外の宗派のお寺も存在します。

11番 藤井寺 臨済宗妙心寺派
15番 國分寺 曹洞宗
33番 雪蹊寺 臨済宗妙心寺派
43番 明石寺 天台寺門宗
76番 金倉寺 天台寺門宗
78番 郷照寺 時宗
82番 根香寺 天台宗
87番 長尾寺 天台宗

また阿弥陀様が御本尊のお寺も存在します。

阿弥陀如来が御本尊の札所

2番 極楽寺
7番 十楽寺
30番 善楽寺
47番 八坂寺
53番 円明寺
57番 栄福寺
64番 前神寺
68番 神恵院
78番 郷照寺

仏教徒どころか外国の方も近年は多いそうです。ご自分の宗派にこだわらず札所を巡りましょう。

白装束で巡礼しないといけないか?


昔、遍路道は今のように舗装されておらず難行でした。途中で行き倒れる人も多く白装束は覚悟の現われであったといいます。現在では略式の人も多く服装は自由となっていますにで、お遍路の雰囲気を出したいなら購入するのもありだと思います(笑)

他の宗派のお寺に参って仏様から罰があたるか?

仏罰はあるか
浄土真宗の門徒が礼拝する阿弥陀様から裏切り行為として仏罰があるか?あるわけがありません。阿弥陀様は善行をなすことが出来ず、悩み苦しむすべての人々を救うという誓いを立てられています。

阿弥陀様に限らず仏様(如来)は罰を与えるのではなく、人々を救う側です。お遍路に行ったからといって罰を当てるわけがありません。他の宗派のお寺に行けないのなら、初詣に神社にも行けませんよね?

まとめ

他の宗派のお寺を巡ることは浄土真宗以外の宗派のことを知る機会となります。そこで浄土真宗との考え方の違いやお互いのよいところを知る機会ともなります。
観光、人とのふれあい、体力づくりや健康維持のためでもいいでしょう。是非機会があれば訪れてみてください。

<スポンサーリンク>


関連記事

浄土宗のお仏壇について 法事用の飾り方 仏具の並べ方

浄土宗の法事用のお仏壇の仏具の配置です。 主に法事用の飾り方並べ方になっていますので普段はお膳や打

記事を読む

増上寺

浄土宗の大本山 増上寺へ行ってきました

浄土宗の大本山増上寺へ行ってきました。 浄土宗のお寺は京都の総本山知恩院に続いて二ヶ寺目。増上

記事を読む

浄土真宗の和ろうそく一覧

浄土真宗法事法要に使う和ろうそく一覧 色は?形は?

浄土真宗の法要に使う和ろうそくには4種類の色(白、朱、銀、金)があり場面によって使い分ける必要があり

記事を読む

位牌はいらない

僧侶、お坊さんの呼び方一覧

お坊さんの呼び方いろいろ 僧侶、お坊さんの呼び方いろいろ。地域や宗派によってたくさんあるものを調べ

記事を読む

無宗教葬の服装

無宗教でお葬式をする方法 気をつけることは?

無宗教で葬式をしたい 普段からお寺とは付き合いがない。とくに仏教徒というわけでもないのにお葬式だけ

記事を読む

東本願寺ご飯の位置

浄土真宗東本願寺のお仏壇日常の仏具の配置飾り方

東本願寺の仏具日常の飾り方 真宗大谷派(東本願寺)の仏具の日常の並べ方をご紹介します。法事の時と違

記事を読む

浄土真宗のお経

お経をとなえる意味について浄土真宗的考え方 お経って結局何なの?

お経について浄土真宗的考え方 そもそもお経って何なんでしょうか?唱える意味は? 法事の時に聞いて

記事を読む

浄土真宗のお盆の迎え方 お盆の由来は?用意するものは?

浄土真宗のお盆何を用意しよう? 一般的なお盆とはご先祖様を追善供養するという考え方に基づいてい

記事を読む

浄土真宗ご飯のお供えについて 意味やお供えする時間は?

多くの宗派で仏前にご飯をお供えしますが、浄土真宗では少し意味合いが違ってきます。呼び方もお仏飯(おぶ

記事を読む

浄土真宗のお盆の迎え方 仏具の飾り方や用意するものは?

浄土真宗のお盆について続きです 浄土真宗のお盆由来について←こちらから続きます。 浄土真宗のお盆

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お仏壇泡洗浄
お仏壇の掃除 金箔部分をきれいにする方法

年末やお盆はお仏壇の掃除の季節です 年末が近づいてきました。お部屋の

jichinsai-kannushi
仏教式の地鎮祭について 主に浄土真宗編

お寺の地鎮祭 空き地にこんな光景たまに見かけますよね。建物の建築工事

浄土阿弥陀様
極楽浄土ってどんなところ?浄土宗と浄土真宗での違い

極楽浄土とはどんなとこ? 浄土真宗や浄土宗など浄土系宗派に死後の行き

東別院本堂
真宗大谷派 名古屋別院に行ってきました

真宗大谷派の名古屋別院へ行ってきました 先日の本願寺派の西別院に

お坊さん呼び方
浄土真宗の仏事作法で決まりがないこと一覧

浄土真宗の仏事作法で決まりがないこと一覧 浄土真宗の仏事でどのように

→もっと見る

PAGE TOP ↑