*

簡単水につけるだけ テガール液を使った仏具の磨き方

公開日: : 最終更新日:2017/11/01 仏事, 雑学 ,

テガール液を使って簡単に仏具を磨く方法をご紹介します。

真鍮製品の仏具は空気に触れているとどうしても黒っぽく変色してしまいお磨きが必要になります。年末やお盆前の仏具磨きと言えば金属磨きの液体を布につけてゴシゴシと力いっぱいこすって綺麗にしたものですが、こちらの商品を使えば少ない労力で仏具の輝きを取り戻すことが出来ます。

テガール液

こちらの商品テガール液はなんと水につけて仕上げ拭きをするだけ!彫り物の間に粉が詰まってしまうなんてこともありません。

テガール液の内容

テガール原液100CC、スポンジ、テガールダスター(布)、説明書

まずはお磨き液作り


テガール原液100ccに対して水3000cc(テガール液をボトル丸ごと一本に対して2Lペットボトル1本と半分の水の量です)
※原液を直接かけてみたところ妙に白光りしてしまい、仏具を傷めてしまう可能性がありますので注意しましょう。

仏具を水没させます


作った液体の中に仏具を浸けこみます。真鍮製の仏具のみです。金メッキ加工してあるものはやめておきましょう。あらかじめホコリは落としておいたほうがよさそうです。液が黒ずんでしまって見た目がよくないです。また西本願寺や禅宗用の黒っぽい仏具も浸けてはいけません。

浸ける時間は3分以内で

まだきれいな仏具を洗う場合は10秒ほどでも大丈夫です。金属磨きの粉が詰まってしまった彫り物の溝は付属のスポンジよりも歯ブラシでこすったほうがきれいになりそうです。長い時間浸けて放置しておくと赤くなってしまうので注意!
※機会があれば実験してみます。

すすぎ洗い~乾燥


きれいな水で液を念入りに洗い流しましょう。液が残っているとその部分だけマダラになってしまいます。タオルなどで水気をとってしばらく乾燥させます。

仕上げ磨き


これだけでもかなりきれいになりますが、付属のテガールダスターという布で仕上げ磨きをしましょう。光沢が全然違います。
<スポンサーリンク>



完成





表面がつるっとした仏具はもちろん、彫り物が多い仏具(西本願寺の菊輪灯、東本願寺の鶴亀)をお磨きする時に本領を発揮してくれそうです。

説明書には書いてないこと


実は何度も使えます一度使ったからと言って捨ててしまうのは勿体ないです。流してしまわずにペットボトルなどに保管しておけば3回くらいは使えそうです。液体が黒くなっても洗浄力には影響ありませんでした。

何年もお磨きせず、あまりにも黒ずんでしまった仏具にはちょっと液の効き目が薄いようです。年2回お盆前とお正月前などに継続してやるときれいで長持ちするような気がします。研磨剤を含んでいないので仏具の彫り物が擦り減らないところもありがたいです。

仏具をお磨きし、お仏壇の中を掃除してお盆を迎えましょう。参考になれば幸いです。

関連サイト:お仏壇の黒塗り部分をきれいにする方法

関連記事

浄土真宗の法事法要 進行の一例と施主の挨拶について

法事の時施主は何をすればいいのでしょうか? もちろんお客さんではないのですから司会進行やお参り

記事を読む

浄土真宗 枕経(臨終勤行)について 必要なものやっておくべきこと

浄土真宗の枕経(臨終勤行)とは 亡くなっていこうとする人がお仏壇の阿弥陀様に対して"人生の終わりに

記事を読む

浄土真宗のお位牌について いらないって本当?

浄土真宗ではお位牌は必要ないといいますが本当でしょうか? 本当です! お念仏の教えに生き

記事を読む

お坊さんと神主さんの違い なるのが大変なのは?役割等の違いを比較

お坊さんと神主さんの違いについて 仏に仕える人と神に仕える人? 簡単に言うと確かにそうですが

記事を読む

施餓鬼のお供え

おせがき(施餓鬼会)について お盆との違いやお寺へ用意準備していくもの

施餓鬼会について たんに施餓鬼やおせがきと呼ばれることもあります。浄土宗、真言宗、曹洞宗などで

記事を読む

祭壇の配置、お供え物

ホムセンの盆棚セットで作る 簡単盆棚の作り方飾り方

お盆の祭壇の準備 お盆の準備は色々ありますが盆棚をどうやって作ればいいか?ホームセンターに売ってい

記事を読む

四十九日法要

浄土宗の四十九日法要用意準備しておくこと

浄土宗の四十九日法要の用意について 仏教的な考え方では人は死後、この世とあの世をさまよい、七日ごと

記事を読む

浄土真宗のお仏壇を買うときに注意したい置き場所や方角

浄土真宗のお仏壇を置く場所や向きについて お仏壇を購入しようと思った時、気になるのは設置場所です。

記事を読む

浄土真宗の和ろうそく一覧

浄土真宗法事法要に使う和ろうそく一覧 色は?形は?

浄土真宗の法要に使う和ろうそくには4種類の色(白、朱、銀、金)があり場面によって使い分ける必要があり

記事を読む

浄土真宗の打敷

浄土真宗の打敷の掛け方 飾り方と由来

浄土真宗の打敷の掛け方 まず打敷って何なのか? お仏壇を荘厳(お飾り)するための仏具の一つで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

正座で痺れない方法
お坊さんに聞いてみた 法事での正座しびれない方法

お坊さんに聞いた正座でしびれない座り方 法事やお参りの時、お経が

お位牌が多い仏壇
お位牌の並べ方には優先順位がある? 仏壇で配置の順番について

お位牌の並べ方について お仏壇の中にお位牌が増えてくると悩むことがあ

盆提灯
盆提灯の組み立て方用意の仕方

盆提灯の組み立て方 お盆提灯には足つきで床に置くタイプと天井から

写経の書き間違え
写経の書き間違え 失敗した時の直し方

写経を書き損じしたときに直す方法 精神修養やお遍路の際、各札所に

祭壇の配置、お供え物
ホムセンの盆棚セットで作る 簡単盆棚の作り方飾り方

お盆の祭壇の準備 お盆の準備は色々ありますが盆棚をどうやって作ればい

→もっと見る

PAGE TOP ↑