*

死者は四十九日までにいったいどうなるのか?

公開日: : 最終更新日:2017/11/19 その他宗派, 仏事 , ,

浄土真宗の四十九日(中陰)をご紹介しましたが、他の宗派では意味合いが違ってきます。臨終を迎えると死出の旅路につき、あの世で裁きを受けなければなりません。そこで重要になってくるのが残された者たちの追善供養です。

亡くなるとどういう状態になるのか

死後の肉体

人間は亡くなると魂が不安定な状態になり、これを「中陰ちゅういん」や「中有ちゅうう」といいます。次の生に生まれ変わるための期間とされます。また肉体を失った死者は、見えない存在となりこれを「意生身いしょうしん」と呼びます。

この状態のとき香しか食べられないので「香食こうじき」といい中陰の期間中香をたやさないようにして死者へ食物として届けます。また初七日から四十九日までの残されたものが読経をして死者に功徳を送り届ける追善供養は輪廻転生の考え方に影響されたものです。
※渦巻きの線香などで香を絶やさないようにします。

<スポンサーリンク>



亡くなった後どこへ行くのか

死後の裁判
臨終を迎えると死者は冥土の旅に出ます。死者に草鞋履きや六文銭を持たせるのはこのためです。そして四十九日間七日毎に七回の裁判に掛けられることとなります。死んで七日目、最初の裁判が秦広王という人の下で生前の罪が裁かれこれが初七日です。

裁判の度によい判決が出るように残されたものが追善供養(回向)をし功徳を使者に送り届けるのです。遺族たちの追善供養によって情状酌量を願うという考え方もあるそうです。

あの世の裁判官一覧

初七日 不動明王(秦広王)
二七日 釈迦如来(初江王)
三七日 文殊菩薩(宋帝王)
四七日 普賢菩薩(伍官王)
五七日 地蔵菩薩(閻魔王)
六七日 弥勒菩薩(変成王)
七七日 薬師如来(泰山王)

閻魔大王
まず亡くなると死出の山と呼ばれる上り下りの困難な山に登ります。それを越えるのに一週間かかります。

初七日の最初の審理

亡くなって七日目(初七日)は最初の裁判が行われます。秦広王によって五戒「殺生、窃盗、邪淫、妄語(嘘をつく)、飲酒」の戒めを守ったかどうか審理されます(最初の3つはともかく後半は無理…地獄不可避です!)

ここでの判決によって三途の川の渡り方が決まります。罪を犯した者は濁流に飲まれながら怪物のいるようなところを渡らなければなりません。罪の軽い者は穏やかなところ、罪のない者は橋を渡ることが出来ます。

五七日

一番厳しく審理されると言われるのが、亡くなって35日目五七日の閻魔王です。素行の悪さによってはその場で地獄行きもありえるそうです。「ウソをつくと舌を抜かれる」という言葉もここから生まれました。

七七日(満中陰)

四十九日で死者はどこの世界に生まれるのか決まるといいます。最高裁判所の泰山王のもとで最後の裁きを受けます。ここで生前の行いと遺族たちの供養により来世が決定します。

遺族の側では四十九日目で満中陰となり、この日のお勤めは親戚縁者を呼んで特に丁重にお参りします。死者が仏さまの国へ迎え入れられた?ことを感謝する法要です。本位牌やお仏壇は四十九日までに用意し開眼法要(供養)を行いましょう。納骨もこの時に行われることも多いようです。

まだまだ裁判が続く場合も

通常四十九日で行き先が決まりますが、中には地獄行きの当落線上にいて結審しないような人たちもいます。そこで慈悲深い仏さまは再審を行います。

ただしこの裁判は今まで行ってきた四十九日間よりも長く続けられます。百か日、一周忌、三回忌(実質二年目)までに結審するそうです。
※すでに仏さまの国に生まれた方にとっては年忌法要は裁判のための法要ではありません。

亡くなると同時に阿弥陀仏に救い取られて浄土に生まれるという考え方の浄土真宗とはかなり考え方に違いがあるのがわかります。
<スポンサーリンク>



関連記事

浄土真宗のお正月

浄土真宗のお正月の迎え方について仏壇の飾り方 喪中の場合は?

浄土真宗のご家庭のお正月の過ごし方迎え方についてです。お仏壇の中に何か特別なものを用意する必要がある

記事を読む

浄土真宗のお経

朝忙しい人のための浄土真宗毎日のお経、お勤め

朝一番のご飯もお供えしたし、お花も華瓶(けびょう)も用意したし南無阿弥陀仏と仏壇の前で手だけ合わせよ

記事を読む

月刊住職気になる内容を一部紹介

一度聞いたら忘れられないタイトル 月刊住職 興山舎発行の寺院住職実務情報誌です 主にお寺関係者

記事を読む

四十九日位牌

戒名について。戒名は必要か?

戒名って何? 戒名の相場は? 戒名は必要か?俗名のままではいけないのか? 戒名について考えてい

記事を読む

往生とは

法事の謎 一周忌の次はなぜ三回忌なのか?

法事の疑問 一周忌の次がなぜ三回忌なのか? 来週は祖父の三回忌か 祖父が亡くなってもう三年も

記事を読む

浄土真宗の法事法要 進行の一例と施主の挨拶について

法事の時施主は何をすればいいのでしょうか? もちろんお客さんではないのですから司会進行やお参り

記事を読む

中陰法要

法事法要のお参りに誰を呼ぶか?初七日から年忌法要まで

法事の用意をするのはなかなか大変です。お寺と日程の調整をして、会食をする会場の手配をして、返礼品を用

記事を読む

簡単水につけるだけ テガール液を使った仏具の磨き方

テガール液を使って簡単に仏具を磨く方法をご紹介します。 真鍮製品の仏具は空気に触れているとどうして

記事を読む

浄土真宗お水のお供え

浄土真宗の毎日のお供え。お茶やお水はどうしたらいい?

お湯のみでお水やお茶をお供えしない浄土真宗 色々な宗派の飾り方を見ていると このようにご飯と

記事を読む

四十九日お礼状

浄土真宗のお坊さんから頂いた満中陰法要(四十九日)のお礼状

満中陰法要(四十九日)の御礼状 浄土真宗のお寺様から御香典返しと一緒に、満中陰法要(四十九日法要)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

正座で痺れない方法
お坊さんに聞いてみた 法事での正座しびれない方法

お坊さんに聞いた正座でしびれない座り方 法事やお参りの時、お経が

お位牌が多い仏壇
お位牌の並べ方には優先順位がある? 仏壇で配置の順番について

お位牌の並べ方について お仏壇の中にお位牌が増えてくると悩むことがあ

盆提灯
盆提灯の組み立て方用意の仕方

盆提灯の組み立て方 お盆提灯には足つきで床に置くタイプと天井から

写経の書き間違え
写経の書き間違え 失敗した時の直し方

写経を書き損じしたときに直す方法 精神修養やお遍路の際、各札所に

祭壇の配置、お供え物
ホムセンの盆棚セットで作る 簡単盆棚の作り方飾り方

お盆の祭壇の準備 お盆の準備は色々ありますが盆棚をどうやって作ればい

→もっと見る

PAGE TOP ↑