*

お坊さんに聞いてみた 法事での正座しびれない方法

公開日: : 最終更新日:2019/03/17 仏事, 雑学 , ,

お坊さんに聞いた正座でしびれない座り方

法事やお参りの時、お経が長くなるにつれて厳しくなってくるのが正座ですよね。足が痺れていざ立ち上がろうとした際、後ろ向きにすって~ん…みっともないったらありゃしません( ;∀;)
正座しびれない座り方
ところで?我々一般の檀信徒なら正座でずっこけたり、身動きが取れなくなったりなんて珍しい場面ではありませんが、そういえばお坊さんのそういう場面には不思議と遭遇したことがありません。

もしかしてお坊さんは正座で足がしびれない秘法や裏技を知っているのでしょうか?もしくは修行によってしびれなくなったとか?
<スポンサーリンク>



お坊さん(真宗高田派30代男性)に質問してみました

Q.お坊さんって法事の時に足痺れないの?

A.もちろんしびれるよ?人間だもん。

お坊さんの正座

ただ慣れてるからしびれてないように見えるっていうものはあるよね。
だそうです。

まず正座で足がしびれるメカニズム

正座のメカニズム
膝や足首に体重をかけることにより、中に通っている神経や血管が圧迫さて血行不良を起こしてますよ!という身体からの警告のようなものです。

足に血が流れずに滞っているということは簡単に言えばうまく血を流してやればしびれを軽減できるということです

お坊さんがやってるしびれ対策

お坊さんの正座
〇膝に体重を掛けるイメージで背筋を伸ばす
体重を前方にかけることにより足の甲、ふくらはぎへの圧迫を分散させます。前方に体重を掛けると猫背になりやすいので背筋は意識して伸ばします。

〇バレない程度に上体を揺らす
背筋を伸ばし、上半身をゆっくりと不自然じゃない程度の角度で前後に揺らします。血流が一カ所に留まらないようにする工夫だそうです。

〇鈴(りん)を遠くに置き身体を伸ばして打つ
お鈴(りん)などの鳴り物をあらかじめ少し遠くに配置しておき、打つときになるべく手を伸ばして打つ。その際、膝を少しでも浮かせて血流を促します。笑える努力ですが…

〇膝は少し広げ、つま先は後ろで重ねる
膝とふくらはぎにどっかりとお尻を乗せて圧迫しないようにする工夫です。

〇立ち上がる前にしばらくつま先を立てる
読経が終わり退室する寸前につま先を立てることによって足に溜まった血を流して足を回復させます。あまり長くやるとしびれてフリーズしているのがバレてしまうので注意。本音は両手でお尻を浮かせたいところですが、かっこ悪いので出来ないそうです。

このあたりは僧衣に隠れてこっそりできそうなものもありますね。
↑法事の際お坊さんの一挙手一投足注目してみると面白いかもしれません。
<スポンサーリンク>



一般人ができる正座対策

法事で正座しびれない
さすがに読経中にお坊さんが足を組み換えたりモゾモゾしたりはできませんのでこちらは法事に参加している人向けです。

〇座布団から少しだけ足をはみださせる
足首を座布団から出す。足の甲と指先に体重がかかりにくくなりますが、あまりはみ出させると座布団の前が空いて不自然なので注意してください。

〇ズボンの場合なるべくゆったりとしたものにする
僧衣の下はワリとゆったり目に作られており、ズボン(とくにジーンズ)のように正座したときに足を圧迫しにくい作りになっています。
柔らかくてゆったり目の綿パンなどで正座するといいそうです。

〇片方の足にお尻を傾けて時々重心をかえる
お尻を右に傾けたり、左に傾けたり重心の移動をすることによって一箇所に血が溜まるのを防ぎます。後ろから見られるとちょっと不自然な動きです^^;

〇つま先を重ねて正座し時々上下を入れ替える
つま先の重心がかかる部分をチェンジすることにより、血流を促します。頻繁にやると後ろの人の気が散ります^^;先ほどの方法と合わせて行うなら一番後ろに陣取りましょう。

ちなみにこういう便利商品も出ています

どうしても無理な場合は道具に頼りましょう。お尻の下に敷く低いイスです。一見正座しているように見えますが、足に体重がかからないので足がしびれません。

最後に法事での正座足は崩していいのか?

故人のために足が痺れても我慢しようという人は多いのではないでしょうか?主に浄土真宗的解釈となりますが、故人に何かをしてあげたいという心は大変尊いものですが、それをしようとすればするほど浄土真宗の解釈からはかけ離れてしまいます。

まず、正座はツライ=苦行修行 修行という概念がないのが一つ。そして 故人のために何かをする=追善供養と言えます。故人はお浄土で仏様となっているという考え方ですので、現世で私達ができるのは法事でお念仏の教えをありがたく頂戴することです。

浄土真宗のお寺様にお聞きした結論を言うと、足が悪い方や正座が苦手な方は無理をせず足を崩していただいてかまいませんとのことでした。(無理のない範囲で合掌、礼拝時だけは正座にもどして行って頂きたいそう)

お寺の本堂にはお参り用の背の低い椅子もありますので、そちらをお使いいただいても結構です。正座が苦になって、おつとめや法話に集中できないなんてことになっては、何のために法要に参加しているのかわからなくなってしまいます。

ただし足はくずしても仏さまに対する気持ちだけはくずさないようにいたしましょう。

とのことでした。
参考になれば幸いです。
<スポンサーリンク>



関連記事

親鸞聖人

歎異抄の名場面 親鸞聖人!お念仏で本当に浄土へ行けるのですか?

歎異抄の名場面 歎異抄第二条より 親鸞聖人が東国を離れて年月が過ぎると、聖人がいないのをいい

記事を読む

位牌はいらない

僧侶、お坊さんの呼び方一覧

お坊さんの呼び方いろいろ 僧侶、お坊さんの呼び方いろいろ。地域や宗派によってたくさんあるものを調べ

記事を読む

あの有名なお寺の宗派はどこ?

法隆寺、清水寺、東大寺など誰でも名前を聞いたことがあるお寺 お寺なのでもちろんどこかの仏教宗派に属

記事を読む

無宗教葬の祭壇

浄土宗の四十九日法要用意準備しておくこと

浄土宗の四十九日法要の用意について 仏教的な考え方では人は死後、この世とあの世をさまよい、七日ごと

記事を読む

迎え火送り火

お盆の送り火迎え火を簡単手軽にするやり方

迎え火、送り火とは? お盆にご先祖があの世から帰ってくる目印に焚くのが迎え火、逆に迷わずあの世に帰

記事を読む

喪中見舞のお線香

浄土真宗の喪中見舞について 御供えの表書きはどうする?

浄土真宗の喪中見舞について 最近年末が近づき喪中ハガキが届き始める時期になるとよく聞く言葉「喪

記事を読む

浄土宗のお仏壇について 法事用の飾り方 仏具の並べ方

浄土宗の法事用のお仏壇の仏具の配置です。 主に法事用の飾り方並べ方になっていますので普段はお膳や打

記事を読む

浄土真宗の打敷

浄土真宗の打敷の掛け方 飾り方と由来

浄土真宗の打敷の掛け方 まず打敷って何なのか? お仏壇を荘厳(お飾り)するための仏具の一つで

記事を読む

浄土真宗のお仏壇を買うときに注意したい置き場所や方角

浄土真宗のお仏壇を置く場所や向きについて お仏壇を購入しようと思った時、気になるのは設置場所です。

記事を読む

浄土真宗簡単に説明すると

浄土真宗の宗派名は宗派を開いた親鸞聖人が 「教行信証」の中で "真実の教 浄土真宗" と示した

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

仏壇の電球がつかない
仏壇の電気を直す方法 電気がつかない原因色々

仏壇の電気がつかない!自分で直す方法 仏壇の電気がつかないときの

マナー違反怒る親鸞聖人
お参りでついやってしまうマナー違反 浄土真宗編

お参りのマナー間違いマナー違反 日常のお参りで当たり前にやっているこ

ローがとれます使い方
仏壇仏具にこびりついたロウソクの蝋を取る方法

仏壇や仏具についたロウソクの蝋を取りたい 仏壇の金箔や仏具についてし

お布施の金額を聞いてみた
お布施の金額についてお気持ちの額をいくらか聞いてみた

御布施お気持ちの金額とは? 葬儀後のお布施の額を巡る攻防 施主:お

浄土真宗の線香の焚き方
浄土真宗の作法 線香を立てずに寝かせるその理由とは?

浄土真宗お線香を立てない理由とは? 浄土真宗のお線香の作法

→もっと見る

PAGE TOP ↑