*

浄土真宗東本願寺のお仏壇日常の仏具の配置飾り方

公開日: : 最終更新日:2017/11/01 仏事, 東本願寺, 浄土真宗 ,

東本願寺の仏具日常の飾り方

真宗大谷派(東本願寺)の仏具の日常の並べ方をご紹介します。法事の時と違って並べる仏具が少ないのでスッキリと配置したいものです。

まず前卓(まえじょく)の上の配置▼

東本願寺の仏具配置三具足前卓とはお仏壇の中段にある花立やろうそく立てを置く台です。報恩講や法事など法要の際は五具足といって鶴亀の蝋燭立と花瓶(かひん)を二つずつ配置しますが、普段は三具足の状態にしましょう。左から順番に花瓶(かひん)、香炉(前が陶器の香炉 その奥に金香炉)、鶴亀の燭台です。

2つの香炉を物理的に前後に配置出来ない場合▼

東本願寺三具足配置(狭い)物理的に香炉を前後に並べることが出来ない場合は、金香炉は下ろして土香炉を残しましょう。

個別の使い方

花瓶(かひん)▼

東本願寺の仏具花立の向き
抱き牡丹と八藤紋の彫り物が施されている場合、八藤紋(丸の中に四角の模様)が内側に向くように配置します。棘のある花や毒のある花は飾らないようにします。また造花ではなく生花をいけましょう。

夏場はすぐに枯れてしまい大変ですが、誰もが限りある命を生きていますよという戒めの意味合いがあるそうです。

土香炉▼

東本願寺用土香炉
お線香を炊く場合は香炉の幅に合わせてお線香を折り、火が付いた方が左側にくるようにして、寝かせて炊きましょう。

折る長さ、本数には決まりはありません。よく見ると三本足になってますので一本が正面に来るように配置します。
※線香の本数は二本や四本はダメとかそういう語呂合わせは東本願寺では気にしません。

鶴亀の燭台▼

東本願寺の蝋燭立
普段は木蝋という朱塗りの木のろうそくを立てておき、法要の際に本物の和ろうそくを炊きます。置く向きに作法があり亀の足は正面方向を向くようにし、蓮軸と呼ばれる芯は蓮の実の彫り物が正面を向くように配置します。

※木蝋ではなく電気のろうそくを立てる地域もありますので、適宜調整してください。
電気のろうそく立て

<スポンサーリンク>

上卓(うわじょく)の上の配置▼

東本願寺上卓の上の飾り方上卓はご本尊の前にある前卓よりも小さめの台です。前列両端に一対あるのが華瓶(けびょう)、前列中央に火舎香炉(かしゃごうろ)、後方にお仏飯(おぶっぱん)を二つ配置します。

個別の使い方

華瓶▼

東本願寺の仏具華瓶
華瓶には樒などの青木を一枝挿してお供えします。これが他の宗派のお湯飲みの代わりとなります。

火舎香炉▼

東本願寺の仏具火舎香炉
火舎香炉はお寺ではご本尊の前で香を炊いたりしますが、一般家庭ではほとんど飾りになっているのが現状です。4つほどのパーツに分かれますので扱う際には落とさないように注意しましょう。
※スペース等の都合で火舎香炉自体を置かない場合もあります。

お仏飯▼

お東のご飯
朝にご飯が炊けたら最初にお供えしましょう。東本願寺では円柱形にご飯を盛るのが作法です。お昼にはお仏壇から引き上げて仏様からのおさがりとして食べられるうちに頂きましょう。また両脇の掛け軸が親鸞聖人と蓮如上人の場合そちらにもそれぞれご飯をお供えします。

お仏飯が物理的に2つ配置できない場合▼

東本願寺ご飯の位置上卓の上にお仏飯が2つ置けない場合、仏器台という仏具の上に一つのせてお供えしましょう。

法要の際と違い三角形の打敷は普段は掛けなくても結構です。お寺様がいらっしゃる時だけ出してきて掛けるのが面倒だ(笑)と普段から掛けっ放しのおうちもあるようですが、花瓶の水をこぼして汚さないように注意しましょう。

また浄土真宗ではお位牌は配置しませんが、もし繰り出し位牌などがある場合はご本尊の正面を避けてお仏壇の中段の右端か左端に設置します。

参考になれば幸いです。

関連ページ:東本願寺 法事の前に用意準備しておくもの

関連記事

往生とは

法事の謎 一周忌の次はなぜ三回忌なのか?

法事の疑問 一周忌の次がなぜ三回忌なのか? 来週は祖父の三回忌か 祖父が亡くなってもう三年も

記事を読む

お仏壇磨き

お仏壇の掃除 漆(黒塗り部分)の磨き方

お仏壇の掃除の仕方、お手入れ方法 普段はあまり気にならないのに年末やお盆、お彼岸が近づいてくる

記事を読む

家具調仏壇 仏具の配置並べ方

家具調仏壇とは 自由な発想で作られる色や形の種類が豊富なお仏壇です。現代仏壇やモダン仏壇とも言われ

記事を読む

引き物供養の品

浄土真宗お供えの表書き黄白?黒白?使い分けに関する考察

水引の色の使い分けをどうしたらいいのか? こちらが法事に参加する際、御供えの水引はどうしたらいいの

記事を読む

お遍路さん

浄土真宗の札所巡りについての知識 四国遍路に行ってもいいの?

浄土真宗の巡礼について 浄土真宗に札所巡りはある? 巡礼や札所巡りと言えば四国八十八ヶ所のお遍路

記事を読む

お浄土

同じ仏教でも宗派によってこんなに違う!死後の世界観や行き先について

仏教的死後の世界について 人は死んだらどうなるのか?どこへ行くのか?天国?地獄?浄土系宗派のお坊さ

記事を読む

浄土真宗の喪中ハガキ

浄土真宗の喪中ハガキ(年賀欠礼ハガキ)文例喪中がないって本当?

浄土真宗の喪中はがき 毎年11月頃になると喪中はがきが届き始めます。「喪中のため新年のご挨拶を控え

記事を読む

冥福を祈る

真宗高田派の法事法要 仏具の並べ方 事前に用意するもの

真宗高田派の法事で準備用意するもの 真宗高田派の法事(主に年忌法要)について。どのような準備が

記事を読む

浄土真宗のお墓について 建てる際に気をつけたいこと

浄土真宗式のお墓を建てる 地方による習慣もありますので絶対これ!という決まりはありませんが、浄土真

記事を読む

マナー違反怒る親鸞聖人

お参りでついやってしまうマナー違反 浄土真宗編

お参りのマナー間違いマナー違反 日常のお参りで当たり前にやっていることが実は間違いやマナー違反にな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

観音様ってどんな人?男女の性別は?

あの人は観音様のように慈悲深い人だ 若い人はあまり使わない言い回

浄土真宗の葬儀で読まれる 弔電の一例

浄土真宗の葬儀の際、読まれる弔電について 以前も紹介しましたが、

長年放置したおりんや真鍮製の仏具をきれいにする裏技(荒技)

おうちの仏壇にこんな仏具ありませんか? お盆や法事が近づくと気にはな

東本願寺の額装御本尊(スタンドタイプの阿弥陀様)

お仏壇を新調した際 御本尊は本山からお受けしてください。本願寺派(西

愛知県岡崎市 真宗大谷派の三河別院へ行ってきました

真宗大谷派の三河別院へ行ってきました いつの間にか前回から1年く

→もっと見る

PAGE TOP ↑