*

浄土真宗の作法 線香を立てずに寝かせるその理由とは?

浄土真宗お線香を立てない理由とは?

浄土真宗のお線香の作法

西本願寺お線香の炊き方
浄土真宗ではお線香は香炉に立てて焚きません。香炉の大きさに合わせて適当な長さに折って寝かせるのが作法です。
Q:いったいどうしてでしょうか?

いきなり答え

本山にある常香盤(じょうこうばん)での焚き方を模しているからです。常香盤とは堂内で、お香の香りを絶やさないために使われる香炉です。

西本願寺の本堂では線香ではなく抹香(粉末状のお香)が本堂内では常に焚かれ、よい香りが絶えずただよっています。

一般のご家庭も作法や仏壇の荘厳(飾り方)は本山のやり方を参考にしましょうということです。

常香盤の使い方(燃香のやり方)

常香盤の全体像はこんな感じです。本山では阿弥陀堂のご本尊の前に設置されています。一般の寺院にも常用するところがあるかもしれません。抹香を炊くことを燃香といいます。

まず灰をかき混ぜて空気を入れる

常香盤の用意
香炉灰が固いままでは空気が回らず、すぐに抹香についた火が消えてしまうので、まずは灰をかき混ぜます。飛び散りますので新聞紙の上でやりましょう。

ゆすって灰を平らにならす

常香盤の灰
表面がデコボコだと後の工程で抹香の列がずれてしまったり枠の間から灰が飛び出しますので、平らにならしておきます。少し押さえてやや固くしておいたほうが、よいでしょう。フワフワ過ぎず、硬すぎず調整してください。

型枠をかぶせる

常香盤に蓋をする
専用の型枠をかぶせます。前の工程でうまく平らにして少し固くしておかないと枠の間から灰が出てきてしまうので注意

溝を枠に沿って掘っていく

常香盤の溝を掘る
平たいヘラなどで溝を掘っていきます。溝の線と線とがちゃんとつながっていないと、途中で途切れて燃香が消えてしまう可能性がありますので丁寧に作業しましょう。

抹香を入れる

線香を立てずに抹香を炊く
まんべんなく、抹香を入れていきますが、木片などを使って軽く灰の中に押し込んだ方が火の持ちがよくなります。終ったら型枠を取って完成です。

火種を置いて燃香開始

常香盤に火種
常香盤時間経過
だんだんと火が導火線のように抹香を伝っていきます。ここで使ったものは小さいものですが、本山で使われているものは本堂が一般公開されている10時間以上に渡って燃香が続きます。もちろん毎日です。

わざわざ常香盤を用意しなくても、聞香用の簡易キットも売られています。いいお香を炊くとお家の中が清々しい香りで包まれます。また焚いている最中だけでなく、残り香もふんわりと残るので、お客様がいらっしゃる前に焚いてみるのもいいかもしれません。
参考になれば幸いです。



関連記事

お寺でする法事(年忌法要)事前に準備するものや服装は?

お寺でおつとめする法事 近年とくに都市部では住宅事情の変化もあり、自宅以外で法事(おもに年忌法要)

記事を読む

封筒の表書き使い分け

浄土真宗の法事に呼ばれた時に用意準備していくもの

法事に呼ばれた時に用意準備していくものと心得 浄土真宗東西本願寺の(高田派も共通です)法事に呼ばれ

記事を読む

ご冥福を祈る

ご冥福をお祈りします。使っていい?わるい?浄土真宗的解釈

ご冥福をお祈りいたします なんだか誰かが亡くなったときの決まり文句のような印象を受けますが、実は浄

記事を読む

浄土真宗の葬儀で読まれる 弔電の一例

浄土真宗の葬儀の際、読まれる弔電について 以前も紹介しましたが、浄土真宗の法要儀式での"ご冥福

記事を読む

東本願寺、西本願寺阿弥陀様比較

浄土真宗東本願寺と西本願寺の違いについて 教義からお仏壇お経なども

浄土真宗 東本願寺と西本願寺の違いについて 浄土真宗に東本願寺と西本願寺があるのは有名ですが何

記事を読む

浄土真宗の打敷

浄土真宗の打敷の掛け方 飾り方と由来

浄土真宗の打敷の掛け方 まず打敷って何なのか? お仏壇を荘厳(お飾り)するための仏具の一つで

記事を読む

東本願寺ご飯の位置

浄土真宗東本願寺のお仏壇日常の仏具の配置飾り方

東本願寺の仏具日常の飾り方 真宗大谷派(東本願寺)の仏具の日常の並べ方をご紹介します。法事の時と違

記事を読む

お浄土

同じ仏教でも宗派によってこんなに違う!死後の世界観や行き先について

仏教的死後の世界について 人は死んだらどうなるのか?どこへ行くのか?天国?地獄?浄土系宗派のお坊さ

記事を読む

真宗大谷派(東本願寺)の法事 事前に準備するものあれこれ お布施の相場も

法事とは一般的に年忌法要のことを言います。 会館やお寺の本堂をお借りすることも多いですが自宅でお勤

記事を読む

浄土真宗 枕経(臨終勤行)について 必要なものやっておくべきこと

浄土真宗の枕経(臨終勤行)とは 亡くなっていこうとする人がお仏壇の阿弥陀様に対して"人生の終わりに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

浄土真宗の葬儀で読まれる 弔電の一例

浄土真宗の葬儀の際、読まれる弔電について 以前も紹介しましたが、

長年放置したおりんや真鍮製の仏具をきれいにする裏技(荒技)

おうちの仏壇にこんな仏具ありませんか? お盆や法事が近づくと気にはな

東本願寺の額装御本尊(スタンドタイプの阿弥陀様)

お仏壇を新調した際 御本尊は本山からお受けしてください。本願寺派(西

愛知県岡崎市 真宗大谷派の三河別院へ行ってきました

真宗大谷派の三河別院へ行ってきました いつの間にか前回から1年く

お墓磨き
墓石専用洗剤を使ったお墓の磨き方

お盆に向けてのお墓掃除 お墓のお掃除はいつもどうしてますか?周辺

→もっと見る

PAGE TOP ↑