*

浄土真宗の誤解されやすいワードについて 他力本願、悪人正機

公開日: : 最終更新日:2018/04/18 浄土真宗

暮らしの中でよく出てくる仏教語がありますが、本来の意味とは異なる意味で使われることも少なくありません。とくに浄土真宗では教えの根本にあたる語句がその傾向にありますので紹介したいと思います。

他力本願

他力本願とは
他力本願は浄土真宗の教義にかかわる重要な言葉ですが誤解されることも多い言葉でもあります。

一般的に他人の力をあてにするという意味でつかわれますが、浄土真宗的に言うと「他力」は阿弥陀様の広大なおはたらきの力をしめすものです。

また「本願」とは人の欲望を満たす類の願いという意味ではなく、阿弥陀様が「すべての人を等しく救い浄土に生まれさせよう」と誓われた願いのことです。

この本願のとおりに人々を浄土に往生させ、仏と成らせようとするはたらきを「本願力」といい「他力」といいます。二つ合わせて「他力本願」となります。

昔から念仏の教えに生きた人々は阿弥陀様の本願のはたらきによる救いを「他力本願」という言葉で聞き喜んできました。
※ややこしいですが開祖の親鸞聖人も「他力とは本願力なり」と規定しています。
<スポンサーリンク>


往生

往生とは
往生とは本来、読んで字のごとく阿弥陀様の本願により浄土に往き生まれることです。浄土真宗の考え方では「往生即成仏」といって往生(亡くなる)するとすぐに阿弥陀様に救いとられて悟りを開いた仏となるとされています。

日常で「往生こく」「往生こいた」と困り果てるとか苦労したなどの意味ではありません。
※主に名古屋弁だそうですが鳥取弁にもあるそうです。

私たちにとって大事なことは、この人生において阿弥陀様のおはたらきを受け入れることです。(阿弥陀様から信心を得て念仏する身にならせていただくこと)それはそのまま往生する身とならせていただくこととなります。

ちなみに「大往生」という言葉がありますが、浄土真宗の厳しいお寺様にお葬式やお通夜で「爺さん100歳やったで大往生やわ」とか言ってるのを聞かれると「往生に大往生も小往生もあるんか」と怒られますのでご注意ください^^;

悪人正機

悪人正機とは
「善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや(善人が救われるのだから悪人ならなおさらだ)」歎異抄で有名な悪人正機。

「悪人こそが阿弥陀様の救いのめあてである」という意味合いで、阿弥陀様から私たちに向けられている慈悲の心を表す言葉です。

善人と悪人なら救われるの逆でしょ?と思われたり、悪いことした方が救われるの?と誤解が多いワードでもあります。ちなみに最も誤解が生まれやすい悪人の意味ですが「本当は正しくありたい思っているが煩悩に遮られて、迷いの中で苦しんでいる人」という意味で、決して犯罪を犯すような悪人と混同するのは間違いです。

対して善人は「自分の力で善を積んだり修行によって悟りを開こうとしている人」という意味合いになります。この悪人と善人はしばしば病気に苦しんでいる子の姿を見る親の愛情に例えられます。子供は何人いても全員大事なのですが病気で苦しんでいる子にどうしても愛情を注いでしまいます。

親が愛情を注いでくれるからといって困らせてやろうとは思いませんよね?というわけで「悪人正機」の「悪人こそが救いの目当て」と聞いて悪いことをすすんで行ったり、悪いことをした方が救われると考えるのは間違った受け止め方です。歎異抄で親鸞聖人も嘆いています。

以上浄土真宗の誤解されやすい3つのワードを説明しましたが、ものすごく端折って説明した部分もありますが参考になれば幸いです。
<スポンサーリンク>


関連記事

四十九日お礼状

浄土真宗の葬儀案内状、会葬礼状文例

葬儀の際は親しき仲にも礼儀ありということで、電話だけで済まさず葬儀案内状と会葬礼状を出したいものです

記事を読む

浄土真宗の法事法要 進行の一例と施主の挨拶について

法事の時施主は何をすればいいのでしょうか? もちろんお客さんではないのですから司会進行やお参り

記事を読む

お遍路さん

浄土真宗の札所巡りについての知識 四国遍路に行ってもいいの?

浄土真宗の巡礼について 浄土真宗に札所巡りはある? 巡礼や札所巡りと言えば四国八十八ヶ所のお遍路

記事を読む

四十九日お礼状

浄土真宗のお坊さんから頂いた満中陰法要(四十九日)のお礼状

満中陰法要(四十九日)の御礼状 浄土真宗のお寺様から御香典返しと一緒に、満中陰法要(四十九日法要)

記事を読む

浄土真宗のお彼岸

浄土真宗のお彼岸の迎え方過ごし方について お仏壇の飾り方やお供え物は?

一般的にお彼岸とは? 彼岸という言葉は元々、迷いの世界であるこの世(此岸)に対し、「彼の岸」す

記事を読む

お墓の移動に関する知識と心得

お墓移動の手順やかかる費用(離壇料)について

お墓墓地の移動について 遠くの故郷にあるお墓を自分の住まいの近くに移動させたい。改葬といって最近増

記事を読む

盆提灯

盆提灯の組み立て方用意の仕方

盆提灯の組み立て方 お盆提灯には足つきで床に置くタイプと天井から吊るすタイプがありますが、床に

記事を読む

浄土真宗のお盆の迎え方 仏具の飾り方や用意するものは?

浄土真宗のお盆について続きです 浄土真宗のお盆由来について←こちらから続きます。 浄土真宗のお盆

記事を読む

浄土真宗の喪中ハガキ

浄土真宗の喪中ハガキ(年賀欠礼ハガキ)文例喪中がないって本当?

浄土真宗の喪中はがき 毎年11月頃になると喪中はがきが届き始めます。「喪中のため新年のご挨拶を控え

記事を読む

浄土と天国、天界の違い

仏教の天界って何?天国と浄土との違いについて

天国、浄土、天界の違いについて 六道輪廻の中の最高位にある天界ですが、お浄土と同じ意味ではあり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

正座で痺れない方法
お坊さんに聞いてみた 法事での正座しびれない方法

お坊さんに聞いた正座でしびれない座り方 法事やお参りの時、お経が

お位牌が多い仏壇
お位牌の並べ方には優先順位がある? 仏壇で配置の順番について

お位牌の並べ方について お仏壇の中にお位牌が増えてくると悩むことがあ

盆提灯
盆提灯の組み立て方用意の仕方

盆提灯の組み立て方 お盆提灯には足つきで床に置くタイプと天井から

写経の書き間違え
写経の書き間違え 失敗した時の直し方

写経を書き損じしたときに直す方法 精神修養やお遍路の際、各札所に

祭壇の配置、お供え物
ホムセンの盆棚セットで作る 簡単盆棚の作り方飾り方

お盆の祭壇の準備 お盆の準備は色々ありますが盆棚をどうやって作ればい

→もっと見る

PAGE TOP ↑