*

いくつわかる?西本願寺の七不思議(浄土真宗本願寺派)

公開日: : 最終更新日:2017/09/08 浄土真宗, 雑学

西本願寺に伝わる七不思議

不思議と言っても浄土真宗自体が迷信とか怪奇現象を否定する宗派ですので不思議というより珍しいものや名物のようなものも多く含まれています。7つどころじゃないのも不思議です。
※写真はイメージが多いです


<スポンサーリンク>

水吹き銀杏

伽藍の正面にある大銀杏は天明の大火など火事になった際、幹から水が吹き出しお寺を守ったと言います。また高僧が銀杏を植えた時 逆さまに植えたせいで幹が上に伸びず枝が横に広がり逆さ銀杏とも呼ばれています。

唐門(国宝)

唐門には雀が巣を作らないし、蜘蛛も巣を張らないといいます。左甚五郎作の鶴は飛んで仕方がないので首を切ったといわれます。
本当に蜘蛛が巣を作ってないか謎の検証

抜け雀

白書院の中に描かれた雀は最初は88羽いた雀が、2羽抜け出して86羽になったとか。円山応挙の息子 円山応瑞の筆によるもの。

離れるほど大きく見える絵

書院鴻の間の上段の床には張良(前漢建国の功臣)が四賢人を率いて恵帝に謁する図が離れるほど大きく見える逆遠近法で描かれています。南端に座ったときに一番大きく見えるといいます。狩野派の渡辺了慶筆

梟の手水鉢

黒書院の庭にあり雨が降るたびに鳴くと言います。

鬼の手水鉢

奥庭にある手水鉢。渡辺綱が羅城門で切り取った鬼の腕を入れた石櫃を手水鉢としたが夜になると泣き出すので、本願寺に寄付されたのだとか。

けちけちの面

蓮如上人が拝領したお面で天下に大事が起こるとき「けちけち」と音を立てるといいます。
※イメージです

総門の天狗瓦


総門の棟に用いられている。普通は鬼瓦が用いられるのになぜか天狗瓦になっているのが不思議だそうです。

躑躅の太鼓

本願寺12代(西本願の初代)准如の時代に寄進された太鼓。加藤清正が朝鮮から持ち帰ったものともいわれます。
不思議というより珍しい物?他にもこういう七不思議がけっこうあります。

白書院の欄間

白書院の雁の間にある本願寺の名所のひとつ

麝香猫の杉戸


木下応受の作でこちらも白書院の名所のひとつ

八方睨みの猫

鴻の間の東側「狭屋の間」の天井には渡辺了慶の一派が描いた六十九枚の画帳の絵があり、その中の猫の絵がどの方向から見てもこちらを見ているように描かれているそうです。

薩摩石(見残し石)

御影堂門左手の塀の中に、薩摩島津家の紋のある石があり、この石に寄せる水の加減で一年間の天候を占うことができるという。

沓石

御影堂の四本の柱にある木造の礎石。もともとは百日紅の木で礎石を包んでいたが、風化したためケヤキの木で包んだ。

太鼓楼

境内の角にある建物。本来なら鐘楼があればいいのに、わざわざ太鼓楼があることが不思議なのだそうです。

大飯杓子

報恩講の際 大勢の参拝者をもてなす時に使う。

双盤が木

御影堂の壁にかかる双盤(寺院でお参りがある時に打ち鳴らす金属製の板)内部は石だが外側が寄せ木で覆ってあり木製であるように見える。

大中居の三面大黒

正面が大黒天、右は弁財天、左は毘沙門天の三つの顔を持つ大黒像。左甚五郎の作と伝えられ、もと伏見城にあったものが夢のお告げにより徳川家から西本願寺に寄付されたといいます。

七不思議どころか18個も紹介しましたが細かいものが他にもありそうです。他のお寺の七不思議と合併しているものあり、所在不明なものや不思議じゃないものもあり怖くない七不思議でした。西本願寺を訪れた際は是非探してみて下さい。


<スポンサーリンク>

関連記事

お坊さんって大変じゃないの?年収は?

お坊さんって大変じゃないの? 坊主丸儲け!お坊さんって税金も払ってないし裕福に暮らしてるんでしょ?

記事を読む

浄土真宗の掛軸

浄土真宗の御本尊 両脇の掛軸について

浄土真宗のご本尊と両脇の掛け軸について 浄土真宗のご本尊とは? 言わずと知れた阿弥陀様です。

記事を読む

阿弥陀様ってどんな人?

浄土真宗の御本尊として礼拝の対象となる阿弥陀様(阿弥陀如来)とはどんな人でしょうか? そもそも人な

記事を読む

浄土真宗の法事法要 進行の一例と施主の挨拶について

法事の時施主は何をすればいいのでしょうか? もちろんお客さんではないのですから司会進行やお参り

記事を読む

写経の書き間違え

写経の書き間違え 失敗した時の直し方

写経を書き損じしたときに直す方法 精神修養やお遍路の際、各札所に納経ということで納めるためにた

記事を読む

簡単水につけるだけ テガール液を使った仏具の磨き方

テガール液を使って簡単に仏具を磨く方法をご紹介します。 真鍮製品の仏具は空気に触れているとどうして

記事を読む

浄土真宗のお経

朝忙しい人のための浄土真宗毎日のお経、お勤め

朝一番のご飯もお供えしたし、お花も華瓶(けびょう)も用意したし南無阿弥陀仏と仏壇の前で手だけ合わせよ

記事を読む

西本願寺の仏壇の飾り方

浄土真宗本願寺派(西本願寺)普段の仏壇の飾り方、仏具の配置

西本願寺の仏壇仏具日常の飾り方 本願寺派(西本願寺)の法事の時ではない平常時の仏具の飾り方並べ方を

記事を読む

位牌はいらない

僧侶、お坊さんの呼び方一覧

お坊さんの呼び方いろいろ 僧侶、お坊さんの呼び方いろいろ。地域や宗派によってたくさんあるものを調べ

記事を読む

ご冥福を祈る

ご冥福をお祈りします。使っていい?わるい?浄土真宗的解釈

ご冥福をお祈りいたします なんだか誰かが亡くなったときの決まり文句のような印象を受けますが、実は浄

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
歎異抄の名場面 唯円坊 親鸞聖人に極楽浄土に関する疑問をぶつける

歎異抄の名場面 第九条より 歎異抄は門徒たちの間で広がった異説や間違

お浄土
同じ仏教でもこんなに違う!死後の世界観や行き先について

仏教的死後の世界について 人は死んだらどうなるのか?どこへ行くのか?

名古屋別院本堂
浄土真宗本願寺派の名古屋別院へ行ってきました

西本願寺の別院である名古屋別院 名古屋市にある西本願寺の別院。名古屋

正座で痺れない方法
お坊さんに聞いてみた 法事での正座しびれない方法

お坊さんに聞いた正座でしびれない座り方 法事やお参りの時、お経が

お位牌が多い仏壇
お位牌の並べ方には優先順位がある? 仏壇で配置の順番について

お位牌の並べ方について お仏壇の中にお位牌が増えてくると悩むことがあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑