*

お寺に税務署がやって来た! 宗教法人への課税非課税について

公開日: : 最終更新日:2019/01/22 その他宗派, 雑学 , ,

お寺に税務署がやって来た! 宗教法人への税金について

お坊さんって税金払ってないよね?

よくみなさんが疑問に思われることですが、じつは税金は個人としては払っているというのは以前軽く紹介しました。
坊主丸儲けという言葉から連想されているものだと思われますが…

関連ページ:お坊さんって大変じゃないの?年収は?

簡単に流れを説明すると お寺にお金が入る際、そこには税金は発生しませんが、お寺から給料としてお坊さんがもらう時には所得税、住民税、健康保険などが引かれますし個人で確定申告もしています。
お坊さん確定申告

お寺(宗教法人)に対して非課税なもの一例

・不動産取得税
・事業税
・印紙税
・固定資産税
・都市計画税
・登録免許税
・所得税
・宗教法人の所有財産の相続税
・法人税など

お寺(宗教法人)に対して非課税なもの具体例

・葬儀、法事で檀家から受け取るお布施
・寺院内で販売したロウソク、線香
・お墓の永代使用料、年間管理料
・境内地や壇信徒用駐車場にかかる固定資産税
※ただし月極駐車場で継続的に利益を得ると課税対象

申請しないと無税にならないものも

例えば参拝者用の無料駐車場用の土地を取得した場合、
・登録免許税
・不動産取得税
・固定資産税

上記を非課税にするには檀家用にするという証明と手続きをする必要があります。用意する書類も結構煩雑です。

本堂と駐車場の位置関係を市町村が精査し宗教活動に必要かどうかを判断されるため
境内地証明、売買契約書の写し、境内地図面、境内建物配置図、土地の登記事項証明書などを提出します。

ほっといたら税金を請求されてしまうので大変です。
こういうのを適当にやってるせいで税金を払っているお寺はあるのではないでしょうか?
<スポンサーリンク>




煩雑な手続きはあるとはいえ、この守られ方は まるでお寺を守るために仏さまが作った結界のようです。
うらやましいな~と思ったあなた

じつはお寺にもこの世の閻魔大王である税務署はけっこう来たりするんですよ!
びっくり
税務署の調査は事前に連絡があり、ニュースやドラマで見るような国税庁の職員が段ボール箱を次々運び込む光景とはちょっと異なります。

一般の店舗や会社のように金庫やレジを開けて頂けますか?帳簿を出して頂けますか?とあくまで協力をお願いする形で調査は進みます。
※お寺に金庫はともかくレジはないでしょうが

お寺に税務署ケース1

葬儀の後
もちろん毎回ではありませんが檀家さんが葬儀のお布施を高額で申告した際に調査を受けたりします。

葬儀にかかった費用はお寺へのお布施も含め、相続財産から控除になるため 実際より高額を払ったと申告する檀家さんもいるそうです。

寺の帳簿と檀家さんが税務署に申告した額に差が出る、そうすると「領収書を見せてください。差額は住職の所得です」と請求されることもあるそうです。

通常はお布施に領収書など発行しないため困ったことに…
※葬儀から時間が経過し相続税額が確定してしまうと、お役所対応で檀家の方を信じる傾向にあります。

お寺に税務署ケース2

門前に掲げた寄進者一覧を見てくる
お寺寄付一覧
本堂を立て直す等大きな事業を行った際、よく門外に掲示されます寄付金一覧。

これに「住職 金壱千萬円(1000万円)」と掲示したところ税務署の調査が入りました。

1000万円の内訳はすべてが住職個人のお金ではなく半分の500万円はお寺からの支出でした。そうすると税務署はそのお寺からの500万円は給与に当たると指摘してきました。
お金の流れを明確にしないとお寺といえども税務署は飛んできます。

お寺に税務署ケース3

住職が代替わりして退職金をもらった際、それが給与なのか賞与なのか退職金なのか?お金の流れが不自然ということで調査が入るハメに

一般の会社と違って退職金に関する規約がナアナアだったため目を付けられたケース

ちなみに退職して息子に住職を譲ったものの、お寺の実権を実質握っていると退職金ではなく賞与とみなされ所得税を課税される場合もあります。

退職金にかかる所得税はお寺に限らずかなり優遇されています。賞与とみなされると税金をごっそりいかれます。

檀家総代会で退職金に関する規約を作れば問題ないのですが、お金のことなので言い出しづらいでしょう^_^;
<スポンサーリンク>



お寺の相続はさらに大変なことも

住職が突然亡くなった場合、お寺のプール金、本堂、仏具に相続税はかかりませんが、自分の跡継ぎの子供がいないと建前上はお寺から出て行かなければなりません。
(お寺の建物は個人の所有物ではなく宗教法人のもの。後から来た跡継ぎだけが独占できます。住職一家は建物を使わせてもらうのを担保に、法人の宿直室に24時間詰めているという扱い)

兄弟がいる場合も問題が出ます。宗教法人の財産は後を継いだ住職の総取りとなるため、分配が不可能です。

例えばお墓は次男へ、有名な仏画は三男へという故人の持ち物ではなく法人のもののため分配相続ができません。

誰が継ぐか出て行くか、揉めることは火を見るよりもあきらかです。

檀家は減る一方で増える見込みがない、派手にお寺を宣伝広告するわけにもいきません。
僧侶の中にはサラリーマンの方がいいよという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

関連記事

写経の書き間違え

写経の書き間違え 失敗した時の直し方

写経を書き損じしたときに直す方法 精神修養やお遍路の際、各札所に納経ということで納めるためにた

記事を読む

お寺で結婚式

浄土真宗の仏前結婚式について 服装や用意していくものは?

仏前結婚式について 浄土真宗編 まず仏前結婚式とは 単純に神様の前で行う結婚式が神前式、仏様の前

記事を読む

浄土真宗の般若心経

浄土真宗の写経について※般若心経ではありません

浄土真宗の写経について まず最初に写経と聞いて思い浮かべるのは般若心経ではないでしょうか?写経=般

記事を読む

往生とは

死者は四十九日までにいったいどうなるのか?

浄土真宗の四十九日(中陰)をご紹介しましたが、他の宗派では意味合いが違ってきます。臨終を迎えると死出

記事を読む

阿弥陀様ってどんな人?

浄土真宗の御本尊として礼拝の対象となる阿弥陀様(阿弥陀如来)とはどんな人でしょうか? そもそも人な

記事を読む

お墓の移動に関する知識と心得

お墓移動の手順やかかる費用(離壇料)について

お墓墓地の移動について 遠くの故郷にあるお墓を自分の住まいの近くに移動させたい。改葬といって最近増

記事を読む

盆提灯

盆提灯の組み立て方用意の仕方

盆提灯の組み立て方 お盆提灯には足つきで床に置くタイプと天井から吊るすタイプがありますが、床に

記事を読む

浄土宗の本山知恩院へ行ってきました

浄土宗の本山知恩院へ行ってきました 境内の紹介や観光案内は他の方にまかせて参拝者の体力を奪う(

記事を読む

喪中線香メッセージ

浄土真宗のお坊さんから頂いた満中陰法要(四十九日)のお礼状

満中陰法要(四十九日)の御礼状 浄土真宗のお寺様から御香典返しと一緒に、満中陰法要(四十九日法要)

記事を読む

建仁寺山門

臨済宗の本山京都の建仁寺に行ってきました

臨済宗建仁寺派の大本山。日本にお茶を広めたことで知られる栄西禅師によって開かれました。京都最古の禅寺

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

仏壇の外扉金箔洗浄
お仏壇の金箔部分を洗浄する方法 グリター編

黒ずんでしまったお仏壇の金箔 長年たまった埃やヤニをきれいにしたいけ

般若心経
般若心経をとなえない浄土真宗 その理由とは?

浄土真宗で般若心経をとなえない理由とは? 多くの宗派でお勤めされ

お寺で結婚式
浄土真宗の仏前結婚式について 服装や用意していくものは?

仏前結婚式について 浄土真宗編 まず仏前結婚式とは 単純に神様の前

お寺に税務署がやって来た! 宗教法人への課税非課税について

お寺に税務署がやって来た! 宗教法人への税金について お坊さんっ

喪中見舞のお線香
浄土真宗の喪中見舞について 御供えの表書きはどうする?

浄土真宗の喪中見舞について 最近年末が近づき喪中ハガキが届き始め

→もっと見る

PAGE TOP ↑