*

護摩行のやり方 護摩木を投げ込む意味やご利益は?

公開日: : 最終更新日:2018/01/05 その他宗派, 雑学 , ,

護摩行やり方や由来について

護摩行とは?

護摩とはサンスクリット語の「ホーマー」が語源でそれを音写して護摩(ごま)と言われるようになりました。「焼く」「炊く」という意味になります。

もともとバラモン教の宗教儀式に由来し、仏教が起こるよりはるか前、紀元前13世紀頃インドに入ってきたアーリア人によって行われたといわれます。

バラモン教の宗教儀式だった護摩行は中国に伝わると、仏教に取り入れられて密教に伝わり、やがて日本にも伝えられました。

日本へは真言宗の宗祖である空海が中国から伝えたといわれ、空海は護摩による祈祷に長けていたとされ、川崎大師のように空海を厄除けのご本尊としているお寺もあるくらいです。

護摩行のやり方は?


護摩堂というお堂の中にご本尊と護摩壇を安置します。
※やり方やご本尊は宗派によって異なる場合がありますので今回の御本尊は不動明王ということにします。

護摩壇の中央に開けられた火炉に護摩木と呼ばれる薪(たきぎ)を投げ入れ勢いよく燃やし、手で印を組み不動明王真言を唱えます。そして一心に祈りながら今度は火炉へ供物を投げ入れます。
護摩行の方法
この供物はお米、小麦、小豆などを投げ入れますが、祈願内容によっても変わることもあります。

不動明王真言

煩悩の消滅、祈願成就のため、ひたすら唱え続けます。

何のために護摩木を燃やすのか?

護摩木
護摩の炎は不動明王の背負う炎を表しています。また不動明王は大日如来の化身であることから護摩の炎は仏の智慧も表しています。

投げ込まれる護摩木はただの木片ではなく、私たちの煩悩を表しており、護摩行というのは仏の智慧の炎で煩悩を焼き尽くすという意味合いの儀式となります。

<スポンサーリンク>


護摩行による御利益は?

不動明王の炎
また護摩行には先述の煩悩を焼き尽くす儀式の意味の他に祈願成就のためにも行われます。

護摩行による主な御利益は四種に分類されます

息災(そくさい)
自然災害、病気等の災いを取り除く

増益(ぞうやく)
健康の増進、商売や学業の成功など

敬愛(けいあい)
恋愛成就、人間関係の和合

調伏(ちょうぶく)
魔物(災い)など敵をくだすこと。こちらは呪術的な要素も強いため阿闍梨(あじゃり)という高い修行を積んだ高僧しか行いません。

空海によってもたらされた護摩行が現世利益をかなえてくれると当時の貴族の間で強く信じられたため真言密教が貴族層から多くの支持を集めたと考えられています。

スポーツ選手の間でも行われる護摩行

プロ野球選手と護摩行
護摩行は集中力や忍耐力などの精神修行になるということで、広くスポーツ選手の間でも取り入れられています。
プロ野球選手もシーズンオフに護摩行をするのをスポーツニュースで見かけますね。

プロ野球選手がシーズンオフに訪れることでよくスポーツニュースに登場するのは鹿児島の烏帽子山最福寺です。広島の新井貴浩選手は04年の年末に護摩行を初めて行い、翌05年に本塁打王のタイトルを獲得しています。

こちらのお寺は元監督の野村謙二郎氏や元広島で元阪神の監督の金本知憲氏も護摩行を行ったことでも知られています。

また2015年には日ハムの中田翔選手も東大阪市の鞍馬山護国院で護摩行を行なっています。

護摩行を体験できるお寺一覧

関東
清龍寺不動院
埼玉県和光市白子2-15-47

妙音院
千葉県館山市上真倉1689

中部
倶利加羅不動寺
愛知県名古屋市守山区青葉台101

関西
金花山宝泉寺
京都市右京区京北下熊田町東旦15

天王山命教寺
大阪府箕面市栗生間谷

九州
烏帽子山最福寺
鹿児島県鹿児島市平川町4850-1

護摩行を自分でやるのは難しいし…

お寺に護摩木を納める
天台宗や真言宗のお寺では毎月二十八日(不動明王の縁日)に護摩が焚かれるお寺が多いです。自分で護摩行を行うのはちょっと敷居が高いので、お寺に置かれている木札に自分の名前と願い事を書いて、お寺様にお炊き上げの供養をしてもらうといいかもしれません。

また郵送で護摩供養を受け付けているお寺もありますので真言宗や天台宗のお寺に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

参考になれば幸いです。

<スポンサーリンク>


関連記事

月刊住職気になる内容を一部紹介

一度聞いたら忘れられないタイトル 月刊住職 興山舎発行の寺院住職実務情報誌です 主にお寺関係者

記事を読む

位牌はいらない

僧侶、お坊さんの呼び方一覧

お坊さんの呼び方いろいろ 僧侶、お坊さんの呼び方いろいろ。地域や宗派によってたくさんあるものを調べ

記事を読む

引き物供養の品

浄土真宗お供えの表書き黄白?黒白?使い分けに関する考察

水引の色の使い分けをどうしたらいいのか? こちらが法事に参加する際、御供えの水引はどうしたらいいの

記事を読む

仏具を捨てるとバチが当たる?

不要になった古い仏具をどう処分したらいいのか?浄土真宗編

不要になった仏具 浄土真宗的解釈 仏具が古くなってしまったので新しいものに買い替えた。さてこの壊れ

記事を読む

浄土宗のお仏壇について 法事用の飾り方 仏具の並べ方

浄土宗の法事用のお仏壇の仏具の配置です。 主に法事用の飾り方並べ方になっていますので普段はお膳や打

記事を読む

お仏壇磨き

お仏壇の掃除 漆(黒塗り部分)の磨き方

お仏壇の掃除の仕方、お手入れ方法 普段はあまり気にならないのに年末やお盆、お彼岸が近づいてくる

記事を読む

増上寺

浄土宗の大本山 増上寺へ行ってきました

浄土宗の大本山増上寺へ行ってきました。 浄土宗のお寺は京都の総本山知恩院に続いて二ヶ寺目。増上

記事を読む

仏具の磨き方 彫物の溝に入った粉を取る方法

お盆や年末になると仏具を磨かれると思いますがこういうことってありませんか? 金属磨きで

記事を読む

建仁寺山門

臨済宗の本山京都の建仁寺に行ってきました

臨済宗建仁寺派の大本山。日本にお茶を広めたことで知られる栄西禅師によって開かれました。京都最古の禅寺

記事を読む

迎え火送り火

お盆の送り火迎え火を簡単手軽にするやり方

迎え火、送り火とは? お盆にご先祖があの世から帰ってくる目印に焚くのが迎え火、逆に迷わずあの世に帰

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
歎異抄の名場面 唯円坊 親鸞聖人に極楽浄土に関する疑問をぶつける

歎異抄の名場面 第九条より 歎異抄は門徒たちの間で広がった異説や間違

お浄土
同じ仏教でもこんなに違う!死後の世界観や行き先について

仏教的死後の世界について 人は死んだらどうなるのか?どこへ行くのか?

名古屋別院本堂
浄土真宗本願寺派の名古屋別院へ行ってきました

西本願寺の別院である名古屋別院 名古屋市にある西本願寺の別院。名古屋

正座で痺れない方法
お坊さんに聞いてみた 法事での正座しびれない方法

お坊さんに聞いた正座でしびれない座り方 法事やお参りの時、お経が

お位牌が多い仏壇
お位牌の並べ方には優先順位がある? 仏壇で配置の順番について

お位牌の並べ方について お仏壇の中にお位牌が増えてくると悩むことがあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑