*

浄土真宗の御文章(御文)に書いてあるちょっと変ったこと

御文章には何が書いてあるのか?

お仏壇の脇などに置いてあるこの箱の中の本 何かわかりますか?お経の本でしょうか?
御文
トウリュウノ アンジンノオモムキヲ クハシク~…

読んでみても旧仮名遣いだし、カタカナと漢字が混じっていてなんて書いてあるかよくわかりませんね…

この本は本願寺派では御文章(ごぶんしょう)、大谷派では御文(おふみ)といいます。

御文章の内容とは?

御文章とは浄土真宗 第8代宗主である蓮如上人が離れた各地にいる門徒に宛てて書いた手紙です。
蓮如上人の手紙
元々二百数十通あったものを八十篇にまとめたもので、浄土真宗の教えをわかりやすく伝えたり、一部日記のようになっています。

ちなみに全国の門徒に送っただけあって、わりと似たようなことが書かれていたりもします。

よく出るワード(要約)
〇南無阿弥陀仏とお念仏しなさい
〇信心が決定(けつじょう)したならば浄土へ往生することは疑いありません

難しい解説は省いてちょっと変わったところだけ抜き出して現代語訳で紹介します。
御文章

吉崎建立章

男女多くの人々が吉崎御坊を参詣に訪れるようになりましたが、今年から参詣しても変わらない 志のない方の出入りを止めることにしました。
(中略)
人間に生まれて遭い難い仏法に遭いながらその甲斐なく、地獄に落ちることは誠に残念です。

※吉崎御坊…蓮如上人が越前(福井県)に建てた聞法の拠点
出禁を食らった人は地獄行きなんでしょうか^_^;

雪中章

浄土への往生が決定(けつじょう)したうれしさから 師匠坊主の寺へ懇志を納めるべきです。このように心得る人を浄土真宗の義を心得た信心の人というのです。

なんとお布施の催促!?

数珠章

数珠を持って参詣する人がいません。これは仏さまの心を手づかみにするような行為です。
(中略)
しかしながら数珠を持たずにお参りするからといって、往生の障碍になるわけではありません。

厳しいご指摘…と思ったら やはり大事なのは信心?

毎月両度章

寄合いが近年 飲み食いするだけで解散してしまいこれでは意味がありません。

寄り合いというのは定例法座のようなもの毎月両度(二度)の寄合いは信心を獲得することが目的ですとあります。
やはり人が集まるとどうしてもこうなりますよね?^_^;

信心獲得章

(煩悩を断ぜずして涅槃を得る)この教えは浄土真宗独自の教えなので、他の宗派の人に対して安易に説いては誤解を招きますから、よく心得るべきです。

歎異抄でも曲解する人が多いので嘆いてますよね。昔から誤解する人は多いのでしょう

大坂建立章

今年の夏ごろより体調を崩し、いまだに回復の兆しがありません。今年の寒中には往生をとげるであろうと考えています。

この時蓮如上人なんと84歳。当時としては大変な長寿です。

御命日の章

今日は親鸞聖人の御命日ですから 今日参詣する人は報恩の気持ちを持たない人は少ないでしょう。
(中略)
家にいて報恩のお勤めもしない人が嫌々でも参詣するのはそれはそれでありがたいことでしょう

嫌々でも報恩講のお参りに行きなさい!嫌々行く人なんているんでしょうか(笑)

横截五悪趣章

灯の下において老眼を拭いながら筆を染めました

テーブルにライトも老眼鏡もないので大変ですね^_^;

近況報告あり愚痴あり厳しい言葉ありの御文章 是非紐解いてみてください。

関連記事

愛知県岡崎市 真宗大谷派の三河別院へ行ってきました

真宗大谷派の三河別院へ行ってきました いつの間にか前回から1年くらい経過している別院巡り…今回

記事を読む

喪中線香メッセージ

浄土真宗の葬儀案内状、会葬礼状文例

葬儀の際は親しき仲にも礼儀ありということで、電話だけで済まさず葬儀案内状と会葬礼状を出したいものです

記事を読む

親鸞聖人

歎異抄の名場面 親鸞聖人!お念仏で本当に浄土へ行けるのですか?

歎異抄の名場面 歎異抄第二条より 親鸞聖人が東国を離れて年月が過ぎると、聖人がいないのをいい

記事を読む

浄土真宗の喪中ハガキ

浄土真宗の喪中ハガキ(年賀欠礼ハガキ)文例喪中がないって本当?

浄土真宗の喪中はがき 毎年11月頃になると喪中はがきが届き始めます。「喪中のため新年のご挨拶を控え

記事を読む

お遍路さん

浄土真宗の札所巡りについての知識 四国遍路に行ってもいいの?

浄土真宗の巡礼について 浄土真宗に札所巡りはある? 巡礼や札所巡りと言えば四国八十八ヶ所のお遍路

記事を読む

浄土真宗の葬儀で読まれる 弔電の一例

浄土真宗の葬儀の際、読まれる弔電について 以前も紹介しましたが、浄土真宗の法要儀式での"ご冥福

記事を読む

浄土真宗 枕経(臨終勤行)について 必要なものやっておくべきこと

浄土真宗の枕経(臨終勤行)とは 亡くなっていこうとする人がお仏壇の阿弥陀様に対して"人生の終わりに

記事を読む

僧侶を手配したい

寺院お坊さんの派遣手配の仕方 浄土真宗編

お坊さんを呼びたい でも困ったことに実家の宗派はわかるけど、地元を離れて久しいし現在はお寺とご

記事を読む

浄土真宗ご飯のお供えについて 意味やお供えする時間は?

多くの宗派で仏前にご飯をお供えしますが、浄土真宗では少し意味合いが違ってきます。呼び方もお仏飯(おぶ

記事を読む

喪中線香メッセージ

浄土真宗のお坊さんから頂いた満中陰法要(四十九日)のお礼状

満中陰法要(四十九日)の御礼状 浄土真宗のお寺様から御香典返しと一緒に、満中陰法要(四十九日法要)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

観音様ってどんな人?

あの人は観音様のように慈悲深い人だ 若い人はあまり使わない言い回

浄土真宗の葬儀で読まれる 弔電の一例

浄土真宗の葬儀の際、読まれる弔電について 以前も紹介しましたが、

長年放置したおりんや真鍮製の仏具をきれいにする裏技(荒技)

おうちの仏壇にこんな仏具ありませんか? お盆や法事が近づくと気にはな

東本願寺の額装御本尊(スタンドタイプの阿弥陀様)

お仏壇を新調した際 御本尊は本山からお受けしてください。本願寺派(西

愛知県岡崎市 真宗大谷派の三河別院へ行ってきました

真宗大谷派の三河別院へ行ってきました いつの間にか前回から1年く

→もっと見る

PAGE TOP ↑