*

浄土宗の本山知恩院へ行ってきました

公開日: : 最終更新日:2017/08/30 浄土宗, 雑学

浄土宗の本山知恩院へ行ってきました

境内の紹介や観光案内は他の方にまかせて参拝者の体力を奪う(笑)過酷な石段を中心にお送りします。バリアフリー化がされてない武骨なところが昔ながらの佇まいを残し、静かで落ち着いた空気が境内をただよいます。京都の町並みを見下ろす別世界のような感覚を味わえます。

知恩院新門▼


広い道路に面しており、ここから知恩院巡りが始まります。門の間から小さく見えるのが三門です。
巨大な門すらも遠くに見えるほど境内は広く敷地面積約7万3千坪です。

三門(三解脱門)▼


国宝の三門は日本最大の木造門で(高さ24メートル、横幅50メートル)「華頂山」という山号額だけで畳二畳分の大きさがあります。
三解脱とは空(くう)、無相(むそう)、無願(むがん)の三つの悟りの境地を意味しており、元和7年徳川秀忠によって建立されました。見上げるほどの大きさです。

男坂▼


いきなり難所の男坂。山門をくぐった直後に急勾配で一段一段の段差が激しい石段が続きます。
男坂とは言いますが、男性は必ずこちらを登らないといけないという決まりがあるわけではありません(笑)

写真で見るよりかなり厳しいです。訪れた日は8月21日時刻は朝の9時ですがやめときゃよかったと後悔するくらい汗をかきました…

女坂(女人坂)▼


男坂に比べるとスロープのような感じで難易度が低いので男性も夏場はこちらを登ることをおすすめします…女坂を男性が登ったって誰も笑いませんよ!


<スポンサーリンク>

男坂を登った直後の衝撃▼


ここまでタクシーで来られたなんて…(三門の前が広い道路になっていたので薄々気づいてましたが)
無料のシャトルバスも三門(和順会館当たり)から出てますので意地になって無理をなさいませんように(笑)

本尊の阿弥陀如来像が祀られている阿弥陀堂▼


お仏壇の中の阿弥陀様は浄土宗、浄土真宗ともに立っていますが知恩院の阿弥陀様は座っています。さすがに中まで撮るわけにはいかないので遠くから。

御影堂は工事中▼


平成23年から解体が始まっており平成31年に完成予定です。

大鐘楼▼


鐘は寛永13年(1636年)鋳造。高さ3.3メートル、直径2.8メートル、重さ70トンで日本最大級。1年に3回、1月の成人祝賀式、4月の御忌大会(ぎょきだいえ)、大晦日の除夜の鐘の時に打ち鳴らされます。

除夜の鐘は17人がかりで盛大に撞かれ、息を合わせる練習の試し撞きが12月27日に行われます。ゆくとしくるとしでも定番の場所です。
かなり高いところにあります。知恩院はとにかく階段が多いです…

大鐘楼への道▼

法然上人像▼


いわずと知れたお念仏の教え浄土宗の開祖法然上人。この先の石段は御廟へ続きます。おそらく知恩院で一番高いところです。

長い石段の先に御廟があります。▼

帰り道で見かけた奉仕団の子供たち▼


なんと男坂を駆け上るタイムアタックをしています…
君らすごいわ!

黒門から続く道▼


三門につきあたって左側にある道。距離は長いですが男坂よりは楽です。新玄関や法然上人御堂(集会堂)へはこのルートから行った方が近いです。

石段が急だというのは噂では聞いていましたが、観光案内にはあまり書いてないような気がしましたので境内の見どころとともに紹介しました。なんだか楽することばかり書いてしまいましたが…私は凡夫なのでご容赦ください!
南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏…
<スポンサーリンク>



関連記事

親鸞聖人

歎異抄の名場面 親鸞聖人!お念仏で本当に浄土へ行けるのですか?

歎異抄の名場面 歎異抄第二条より 親鸞聖人が東国を離れて年月が過ぎると、聖人がいないのをいい

記事を読む

作法の違い

いくつわかる?西本願寺の七不思議(浄土真宗本願寺派)

西本願寺に伝わる七不思議 不思議と言っても浄土真宗自体が迷信とか怪奇現象を否定する宗派ですので

記事を読む

護摩行のやり方

護摩行のやり方 護摩木を投げ込む意味やご利益は?

護摩行やり方や由来について 護摩行とは? 護摩とはサンスクリット語の「ホーマー」が語源でそれ

記事を読む

正座で痺れない方法

お坊さんに聞いてみた 法事での正座しびれない方法

お坊さんに聞いた正座でしびれない座り方 法事やお参りの時、お経が長くなるにつれて厳しくなってく

記事を読む

浄土宗と浄土真宗の違いについて 教義お経仏壇など

浄土宗と浄土真宗どう違うのか?浄土宗、浄土真宗ともに南無阿弥陀仏とお念仏をとなえれば必ず極楽浄土に往

記事を読む

ご冥福を祈る

ご冥福をお祈りします。使っていい?わるい?浄土真宗的解釈

ご冥福をお祈りいたします なんだか誰かが亡くなったときの決まり文句のような印象を受けますが、実は浄

記事を読む

引き物供養の品

浄土真宗お供えの表書き黄白?黒白?使い分けに関する考察

水引の色の使い分けをどうしたらいいのか? こちらが法事に参加する際、御供えの水引はどうしたらいいの

記事を読む

施餓鬼のお供え

おせがき(施餓鬼会)について お盆との違いやお寺へ用意準備していくもの

施餓鬼会について たんに施餓鬼やおせがきと呼ばれることもあります。浄土宗、真言宗、曹洞宗などで

記事を読む

仏具の磨き方 彫物の溝に入った粉を取る方法

お盆や年末になると仏具を磨かれると思いますがこういうことってありませんか? 金属磨きで

記事を読む

【徹底比較】浄土真宗東本願寺、西本願寺のお仏壇の違いとは?

東本願寺と西本願寺のお仏壇の違い 東西本願寺のお仏壇の違いを画像で比較してみました。画像を並べてみ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

正座で痺れない方法
お坊さんに聞いてみた 法事での正座しびれない方法

お坊さんに聞いた正座でしびれない座り方 法事やお参りの時、お経が

お位牌が多い仏壇
お位牌の並べ方には優先順位がある? 仏壇で配置の順番について

お位牌の並べ方について お仏壇の中にお位牌が増えてくると悩むことがあ

盆提灯
盆提灯の組み立て方用意の仕方

盆提灯の組み立て方 お盆提灯には足つきで床に置くタイプと天井から

写経の書き間違え
写経の書き間違え 失敗した時の直し方

写経を書き損じしたときに直す方法 精神修養やお遍路の際、各札所に

祭壇の配置、お供え物
ホムセンの盆棚セットで作る 簡単盆棚の作り方飾り方

お盆の祭壇の準備 お盆の準備は色々ありますが盆棚をどうやって作ればい

→もっと見る

PAGE TOP ↑