*

浄土宗と浄土真宗の違いについて 教義お経仏壇など

公開日: : 最終更新日:2018/05/08 浄土宗, 浄土真宗 , , ,

浄土宗と浄土真宗どう違うのか?

浄土宗、浄土真宗ともに南無阿弥陀仏とお念仏をとなえれば必ず極楽浄土に往生できるという点では同じですがどのように違うのでしょうか?法然上人と親鸞聖人の念仏観などから比較していきたいと思います。

拠り所とする経典

浄土真宗のお経
両宗派とも浄土三部経「無量寿経」「観無量寿経」「阿弥陀経」を根本経典とします。法然自身は三経とも同等に見ていますが、浄土宗では法然が師と仰いだ、善導大師が『観無量寿経』を重視していたため尊重される傾向にあります。浄土真宗は阿弥陀仏の本願の云われと詳細が説かれている「無量寿経」をとくに重視しています。

法然と親鸞の関係

法然親鸞の関係
二人は師弟関係にあったことは有名で共に若い頃、比叡山で修行をし自力修行に限界を感じて自分の進むべき道を求めて比叡山を去っています。

出会いは法然69歳、親鸞29歳の時、親鸞が法然のもとを訪ねます。それから親鸞は法然のもとに通い詰め法然の提唱する専修念仏こそが人々が救われる道だと確信します。

親鸞は自分で宗派を興したという自覚はなく「弟子の一人も持たず候(歎異抄第六章)」「たとえ法然上人にだまされて念仏が地獄へ落ちる手段であったとしても後悔はない(歎異抄第二章)」と生涯法然の弟子であることを貫いています。

<スポンサーリンク>



浄土宗の南無阿弥陀仏

専修念仏こそが浄土への往生を約束するもの。信心を得るために、阿弥陀仏を信じいっさいの行(修行)を捨てて念仏だけをとなえなさい。

ただひたすらに南無阿弥陀仏と声に出してとなえれば仏の救済を受け浄土に往生することが出来るし平和な生活をおくることができるという教え。
どこにいても何をしていてもお念仏をとなえなさいとすすめています。

回数を定めずにひたすらお念仏をとなえる「念仏一会」
念仏一会(ねんぶついちえ)といい、毎日のお勤めの中でひたすら南無阿弥陀仏ととなえ続けるところにも浄土宗の特徴があります。

浄土真宗の南無阿弥陀仏

信心を重視した浄土真宗の念仏は感謝の念仏。阿弥陀仏の衆生を必ず救うという本願力を疑いなく信じた時、浄土への往生が決定(けつじょう)する。

救いとられて浄土に往生させていただくことへの感謝の心とともにとなえる。お念仏をとなえようという気持ちになった時すでに信心は決定しており、そしてその信心さえも阿弥陀仏から賜ったものと説いています。

もっとも異なるところは念仏を口に出して唱えるという行為そのものは往生の条件ではないところです。

浄土宗と浄土真宗の呼称について

親鸞は法然の教えを否定して新たな宗派を開いたのではなく、その教えをさらに深めようとしていく過程で分岐していったものが「浄土真宗」であったと考えられています。
※親鸞の死後、浄土真宗の各宗派は教行信証の執筆年とされる1224年を浄土真宗の開かれた年と定めています。

浄土真宗という呼称が使われるようになったのは戦後のことで、それまでは「一向宗」などと呼ばれていました。浄土真宗という呼び方には「浄土宗の真の教え」という意味があるとして浄土宗からの反対があったためです。
※本願寺門信徒手帳によりますと“往生浄土のための真実の教えという意味で、阿弥陀如来の本願他力の教えをいいます”とあります。

その他の違い

浄土宗の本山増上寺知恩院では勝運、厄除け、交通安全、等々、各種ご祈願を受け付けしています。昔から行われてきたことは否定せずにそのまま受け入れようというスタンスのようです。般若心経もとなえます。

浄土真宗では祈願どころかお守りや御朱印すらもありません。こちらから祈る(祈願して)救われるのではなく、阿弥陀仏のおはたらきによって救われていくのが浄土真宗の教義だからです。祈る事は必要ないという立場を貫いています。

亡くなった後の違い

どちらの宗派も亡くなると阿弥陀様に救いとられて浄土に往生すると考えますが、その後が少々異なります。浄土宗では亡くなった後、浄土に往生しそこで何にも妨げられることなく修行に打ち込み仏となることを目指します。一方浄土真宗では、浄土に往生すると同時に阿弥陀様と同質の仏となるとされています。

日常私達が目にする違い

お仏壇の違い

ご本尊は浄土宗、浄土真宗共に阿弥陀如来ですが光背の形が違います。
浄土宗浄土真宗阿弥陀
浄土宗は舟後光という部分が描かれていますが、浄土真宗は後光のみとなっています。

並べる道具も少し違います

浄土宗と浄土真宗本願寺派(西本願寺)は宣徳色という色のついた具足を用いますが、真宗大谷派(東本願寺)は金色の鶴亀の蝋燭立を用います。また浄土真宗では湯呑(茶湯器)でお水はお供えせずに華鋲(けびょう)という器で青木を一対お供えします。
浄土真宗仏具の違い

同じ南無阿弥陀仏でも発音が違います

南無阿弥陀仏
浄土宗 なむあみだぶつ
浄土真宗(本願寺派) なもあみだぶつ
真宗(大谷派) なむあみだぶつ

同じお経でも名前が違う

浄土宗お経の名前
「我建超世願」で始まる仏説無量寿経から抜き出したお経ですが呼び方が違います。
浄土宗-四誓偈(しせいげ)
本願寺派(西)-重誓偈(じゅうせいげ)
大谷派(東)-三誓偈(さんせいげ)

法然と親鸞は師弟関係にあったことからもともとは同じ考え方からスタートしましたが、時を経るにしたがい少しずつ同じ南無阿弥陀仏となえる時の心構えに変化が起こっているように感じます。また浄土真宗の方が施餓鬼や先祖供養といった部分も取り入れていません。まだまだ深掘り出来そうですが一度切りたいと思います。

<スポンサーリンク>



関連記事

四十九日お礼状

浄土真宗のお坊さんから頂いた満中陰法要(四十九日)のお礼状

満中陰法要(四十九日)の御礼状 浄土真宗のお寺様から御香典返しと一緒に、満中陰法要(四十九日法要)

記事を読む

施餓鬼のお供え

おせがき(施餓鬼会)について お盆との違いやお寺へ用意準備していくもの

施餓鬼会について たんに施餓鬼やおせがきと呼ばれることもあります。浄土宗、真言宗、曹洞宗などで

記事を読む

浄土真宗の永代経について 意味や聞きづらいお布施の相場など

永代経という言葉がありますが 一体どういう意味でしょう? 永代経という名前のお経でしょう

記事を読む

法事封筒表書き

浄土真宗お布施の封筒の表書き一覧 葬儀,永代経など

浄土真宗お布施の封筒の表書き一覧 年忌法要、葬儀その他仏事に用いられるお布施の袋(金封)は紅白

記事を読む

浄土真宗のお正月

浄土真宗のお正月の迎え方について仏壇の飾り方 喪中の場合は?

浄土真宗のご家庭のお正月の過ごし方迎え方についてです。お仏壇の中に何か特別なものを用意する必要がある

記事を読む

浄土真宗の喪中ハガキ

浄土真宗の喪中ハガキ(年賀欠礼ハガキ)文例喪中がないって本当?

浄土真宗の喪中はがき 毎年11月頃になると喪中はがきが届き始めます。「喪中のため新年のご挨拶を控え

記事を読む

浄土真宗の和ろうそく一覧

浄土真宗法事法要に使う和ろうそく一覧 色は?形は?

浄土真宗の法要に使う和ろうそくには4種類の色(白、朱、銀、金)があり場面によって使い分ける必要があり

記事を読む

封筒の表書き使い分け

浄土真宗の法事に呼ばれた時に用意準備していくもの

法事に呼ばれた時に用意準備していくものと心得 浄土真宗東西本願寺の(高田派も共通です)法事に呼ばれ

記事を読む

築地本願寺に行ってきました

築地本願寺へ行ってきました。東京の都心に鎮座するお念仏の教えを広める一大拠点です。建物向かって右側の

記事を読む

浄土真宗のお盆の迎え方 仏具の飾り方や用意するものは?

浄土真宗のお盆について続きです 前回からの続き 浄土真宗のお盆は先祖供養の日でも慰霊の儀式でもあ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

施餓鬼のお供え
おせがき(施餓鬼会)について お盆との違いやお寺へ用意準備していくもの

施餓鬼会について たんに施餓鬼やおせがきと呼ばれることもあります

浄土真宗の掛軸
浄土真宗の御本尊 両脇の掛軸について

浄土真宗のご本尊と両脇の掛け軸について 浄土真宗のご本尊とは?

増上寺
浄土宗の大本山 増上寺へ行ってきました

浄土宗の大本山増上寺へ行ってきました。 浄土宗のお寺は京都の総本

浄土真宗のお経
お経について浄土真宗的考え方 お経って結局何なの?

お経について浄土真宗的考え方 そもそもお経って何なんでしょうか?唱え

桑名別院トップ画像
三重県桑名市の桑名別院へ行ってきました

真宗大谷派の別院である桑名別院 三重県桑名市にある桑名別院本統寺。三

→もっと見る

PAGE TOP ↑