*

法事の謎 一周忌の次はなぜ三回忌なのか?

公開日: : 最終更新日:2017/10/03 仏事, 雑学 ,

法事の疑問 一周忌の次がなぜ三回忌なのか?


来週は祖父の三回忌か
祖父が亡くなってもう三年も経つのか早いな~

三回忌だから亡くなって2年ですよ
亡くなって1年目が一周忌、2年目が三回忌になります。

でもなんで2年目なのに三回忌になるのでしょう?
不思議ですね。

まず「忌日」の意味について

故人の死亡した日と同じ日付の日で、毎年または毎月、回向 (えこう) をする日。命日。忌辰 (きしん) 。きじつ。

忌日=命日ということですね。
そしてこのタイトルに出てくる疑問の元凶は忌日の独特の数え方にあります。

まず亡くなったその日が最初の忌日ということになります。
生まれた時に一歳と考える数え年の概念と同じといえます。
※本来なら一回目の忌日なので一回忌とも言えますが通常いいません。

忌日が一年で一周まわってきたので亡くなって一年目は”一周忌”
※二回忌であるとも言えますがこちらも通常はいいません。
二回忌が存在しないのも混乱のもととなるわけですね。

ということは

亡くなった時が最初の忌日(一回忌)
亡くなって一年経った時の一周忌が実は2回目の忌日(二回忌)
亡くなって二年目ですが3回目の忌日なので“三回忌”となります。

年忌の数え方は1周忌が満一年でお勤めして以降
三回忌からは回忌引く一年の年にお勤めされます。

疑問解消されましたでしょうか?
参考になれば幸いです。
<スポンサーリンク>



関連記事

浄土真宗の法事法要 進行の一例と施主の挨拶について

法事の時施主は何をすればいいのでしょうか? もちろんお客さんではないのですから司会進行やお参り

記事を読む

四十九日お礼状

浄土真宗の葬儀案内状、会葬礼状文例

葬儀の際は親しき仲にも礼儀ありということで、電話だけで済まさず葬儀案内状と会葬礼状を出したいものです

記事を読む

四十九日お礼状

浄土真宗のお坊さんから頂いた満中陰法要(四十九日)のお礼状

満中陰法要(四十九日)の御礼状 浄土真宗のお寺様から御香典返しと一緒に、満中陰法要(四十九日法要)

記事を読む

位牌はいらない

僧侶、お坊さんの呼び方一覧

お坊さんの呼び方いろいろ 僧侶、お坊さんの呼び方いろいろ。地域や宗派によってたくさんあるものを調べ

記事を読む

浄土真宗の永代経について 意味や聞きづらいお布施の相場など

永代経という言葉がありますが 一体どういう意味でしょう? 永代経という名前のお経でしょう

記事を読む

東本願寺、西本願寺阿弥陀様比較

浄土真宗東本願寺と西本願寺の違いについて 教義からお仏壇お経なども

浄土真宗 東本願寺と西本願寺の違いについて 浄土真宗に東本願寺と西本願寺があるのは有名ですが何

記事を読む

お仏壇に位牌がいっぱい

お仏壇の中がお位牌でいっぱい!供養処分はどうする?

お仏壇の中にお位牌がいっぱい お仏壇の中にお位牌がいっぱいでお供えもできないし、これ以上置く場所が

記事を読む

月刊住職気になる内容を一部紹介

一度聞いたら忘れられないタイトル 月刊住職 興山舎発行の寺院住職実務情報誌です 主にお寺関係者

記事を読む

往生とは

死者は四十九日までにいったいどうなるのか?

浄土真宗の四十九日(中陰)をご紹介しましたが、他の宗派では意味合いが違ってきます。臨終を迎えると死出

記事を読む

四十九日法要

浄土宗の四十九日法要用意準備しておくこと

浄土宗の四十九日法要の用意について 仏教的な考え方では人は死後、この世とあの世をさまよい、七日ごと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

桑名別院トップ画像
三重県桑名市の桑名別院へ行ってきました

真宗大谷派の別院である桑名別院 三重県桑名市にある桑名別院本統寺。三

浄土真宗悪人正機
浄土真宗の誤解されやすいワードについて 他力本願、悪人正機

暮らしの中でよく出てくる仏教語がありますが、本来の意味とは異なる意味で

お墓の移動に関する知識と心得
お墓移動の手順やかかる費用(離壇料)について

お墓墓地の移動について 遠くの故郷にあるお墓を自分の住まいの近くに移

釈迦阿弥陀違い
阿弥陀様とお釈迦様の違いについて 仏像の見分け方と人物像

阿弥陀様とお釈迦様の違い 阿弥陀如来像、釈迦如来像どちらも仏像として

お釈迦様の誕生日
仏教的クリスマス 花まつりについて なぜお釈迦さまに甘茶をかけるのか?

花まつりの話 四月八日はお釈迦様の誕生日です。この日は全国のお寺

→もっと見る

PAGE TOP ↑