*

お経について浄土真宗的考え方 お経って結局何なの?

お経について浄土真宗的考え方

そもそもお経って何なんでしょうか?唱える意味は?法事の時に聞いていてもさっぱり意味がわかりません。もしかして死者を成仏させる為の呪文なんでしょうか?
死者を成仏させるための呪文

お経の正体

お経はサンスクリット語でスートラと言います。スートラとは糸の意味で中国に伝わると「経」という漢字があてられました。緯度、経度の経ですね。お経が縦に続くのでその字があてられたとも言われます。

気になる内容ですが、お釈迦様の説法を弟子たちがお釈迦様の死後にまとめたものです。お釈迦さま自身は自らの教えを文字に書いて残すということはしませんでした。そこでお釈迦様の死後に弟子達が集まり私はこのように聞きましたと記憶に基づいて編纂されました。

例えば仏説阿弥陀経 「仏説は仏(お釈迦様)が説かれた」出だしの如是我聞(にょうぜいがもん)は「私はこのように(お釈迦様より)お聞きしております」という意味になります。元はサンスクリット語ですが私達が普段目にするのは中国で漢語に訳されたものです。
仏説阿弥陀経
お経は膨大な数の経典があり内容も多岐にわたっています。お浄土の話、阿弥陀様の話、この世は空(くう)であるという話、変わったものだと政治の話、夫婦の話もあります。

もちろん本当にすべてお釈迦さまが話したとは限りません。結集(けつじゅう)というお経を編纂する会議が繰り返されたり、時間が経過するたびに本当の内容からは遠ざかっていった可能性も大です(笑)

弟子A「お釈迦様から私はこのように聞きました」
弟子B「おお確かに私も聞いた!」

文字ではなく口伝なので年月が経過するにつれ…

弟子C「私はこのように聞きました」
弟子D「そんなこと言ってたっけ…」

このようなこともあったかもしれません。

お経がお釈迦様の言葉なら…

お経がお釈迦様の言葉ならそれを声に出して読んだからって亡くなった人の供養になるの?
お経で供養できるの?
浄土真宗以外の多くの宗派ではお経を唱えたり、人に聞かせたりすることは大変功徳のあることと考えられています。自分が功徳を得て、その功徳を故人に振り分けることによって追善供養ができると考えます。お葬式や法事でお経を唱えるのはそのためです。

お経の浄土真宗的な考え方は?

浄土真宗のお経の意味
浄土真宗では亡くなった人のためにお経を読んだりはしません。では誰のためにお経を読むのか?他ならぬ自分のためです。お釈迦さまから頂いた言葉を聞いたり声に出すことによって、釈迦さまから説法を聞かせて頂いていると考えます。阿弥陀様の救いのはたらきの話を聞かせてもらっているというわけです。

浄土真宗ではすでに阿弥陀様に救われている亡くなった人の「供養のため」とか「御利益がある功徳がある」というような意味で読経することはないのです。
※あくまで浄土真宗的な考え方です。

お経は生きている私達のために説かれた大切な教えだということに留意して日々おつとめしましょう。読み方がわからない時は「浄土真宗 お経」で検索すると結構出てきますので参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>


関連記事

西本願寺阿弥陀堂

浄土真宗本願寺派の本山 西本願寺にいってきました

浄土真宗本願寺派の本山へ行ってきました。 西本願寺は1591年(天正19年)時の権力者 豊臣秀吉か

記事を読む

真宗大谷派(東本願寺)の法事 事前に準備するものあれこれ お布施の相場も

法事とは一般的に年忌法要のことを言います。 会館やお寺の本堂をお借りすることも多いですが自宅でお勤

記事を読む

浄土真宗悪人正機

浄土真宗の誤解されやすいワードについて 他力本願、悪人正機

暮らしの中でよく出てくる仏教語がありますが、本来の意味とは異なる意味で使われることも少なくありません

記事を読む

浄土真宗のお彼岸

浄土真宗のお彼岸の迎え方過ごし方について お仏壇の飾り方やお供え物は?

一般的にお彼岸とは? 彼岸という言葉は元々、迷いの世界であるこの世(此岸)に対し、「彼の岸」す

記事を読む

浄土真宗の中陰勤行どうする? 四十九日までの用意飾り方

浄土真宗の中陰法要について ご家族が亡くなったのち初七日、二七日、三七日…六七日、七七日(四十九日

記事を読む

浄土真宗のお正月

浄土真宗のお正月の迎え方について仏壇の飾り方 喪中の場合は?

浄土真宗のご家庭のお正月の過ごし方迎え方についてです。お仏壇の中に何か特別なものを用意する必要がある

記事を読む

浄土真宗の喪中ハガキ

浄土真宗の喪中ハガキ(年賀欠礼ハガキ)文例喪中がないって本当?

浄土真宗の喪中はがき 毎年11月頃になると喪中はがきが届き始めます。「喪中のため新年のご挨拶を控え

記事を読む

阿弥陀様ってどんな人?

浄土真宗の御本尊として礼拝の対象となる阿弥陀様(阿弥陀如来)とはどんな人でしょうか? そもそも人な

記事を読む

浄土真宗のお盆の迎え方 お盆の由来は?用意するものは?

浄土真宗のお盆何を用意しよう? (adsbygoogle =

記事を読む

お釈迦様の誕生日

仏教的クリスマス 花まつりについて なぜお釈迦さまに甘茶をかけるのか?

花まつりの話 四月八日はお釈迦様の誕生日です。この日は全国のお寺でお釈迦様の誕生日を祝う行事が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

施餓鬼のお供え
おせがき(施餓鬼会)について お盆との違いやお寺へ用意準備していくもの

施餓鬼会について たんに施餓鬼やおせがきと呼ばれることもあります

浄土真宗の掛軸
浄土真宗の御本尊 両脇の掛軸について

浄土真宗のご本尊と両脇の掛け軸について 浄土真宗のご本尊とは?

増上寺
浄土宗の大本山 増上寺へ行ってきました

浄土宗の大本山増上寺へ行ってきました。 浄土宗のお寺は京都の総本

浄土真宗のお経
お経について浄土真宗的考え方 お経って結局何なの?

お経について浄土真宗的考え方 そもそもお経って何なんでしょうか?唱え

桑名別院トップ画像
三重県桑名市の桑名別院へ行ってきました

真宗大谷派の別院である桑名別院 三重県桑名市にある桑名別院本統寺。三

→もっと見る

PAGE TOP ↑