*

浄土真宗の札所巡りについての知識 四国遍路に行ってもいいの?

公開日: : 最終更新日:2018/06/19 その他宗派, 浄土真宗, 雑学 , , ,

浄土真宗の巡礼について

浄土真宗に札所巡りはある?

巡礼や札所巡りと言えば四国八十八ヶ所のお遍路が思い浮かびますが、浄土真宗にも巡礼の札所があると御存じですか?

四国のお遍路のように霊場とは言いませんが、浄土真宗にも親鸞聖人二十四輩巡り親鸞聖人御旧跡巡りというものがあります。

親鸞聖人二十四輩巡りとは?

親鸞聖人には教えを正しく受け継いだ高弟が24人おり、関東地方を中心に弟子達が活動した拠点があります。その弟子たちの拠点となった二十四箇所の寺院を巡るものです。

親鸞聖人御旧跡巡りとは?

京都や関東東北を中心に親鸞聖人ゆかりの寺院や場所を巡るもの。越後流罪から関東地方へ布教拠点を移した際に訪れたご縁のある寺院や 京都の日野誕生院や得度を受けた青蓮院なども含まれます。数は関東だけで70以上あり、まわりきるのは四国八十八カ所よりも大変です^^;
(google mapより)
親鸞聖人御旧跡巡り

ちなみに両方とも修行とか御利益があるという言う意味合いはなく、あくまで親鸞聖人のゆかりの地を訪ね、ご縁と歴史にふれるというものです。

以上は浄土真宗の巡礼地ですが、とくに〇番札所などと番号はついていないようですし、ご朱印もごく一部を除いてありませんので、順番などは気にせずに訪れることができます。四国遍路に比べると少しマイナーなのが残念なところです^^;

ここで一つ素朴な疑問
浄土真宗お遍路行っていい?
日本で巡礼と言えばまず、四国遍路が思い浮かびます。弘法大師(空海)ゆかりの地ということで、真言宗のイメージが強いですが、浄土真宗の門徒がお遍路に行ってもいいんでしょうか?

お遍路について考えて行きます。
<スポンサーリンク>


四国遍路について基礎知識

遍路とは弘法大師(空海)にゆかりのある霊場を巡礼すること。また、それをなす人のことをいいます。毎年20万人とも言われる人々が大願成就や自分自身を見つめ直すために四国を訪れます。
お遍路の道
遍路道は全長1400kmとも言われ、昔ながらの白装束に金剛杖のスタイルで踏破しようと思うと50日程かかります。

今ではバスや自家用車で霊場をまわったり、区切り打ちといって何回かに分けてまわることも一般的です。お遍路タクシーというものも登場しています。

四国八十八箇所が確立したのは江戸時代といわれていますが、平安末期に成立したという今昔物語にも「今は昔、仏の道を行ひける僧三人伴ひて、四国の辺地と云うは伊予、讃岐、阿波、土佐の海辺の廻りなり」という記述があることから、800年程前にはすでに四国を巡礼する修行僧がいたと推測されます。
お遍路さん
そして僧侶たちが歩いた道は遍路道として整備され江戸時代中ごろに四国八十八カ所として確立したと思われます。

江戸時代の書物「四国遍路道指南」に霊山寺を一番札所、大窪寺を八十八番札所とする記述がありますが「遍路所八十八ヶ所とさだめぬる事、いづれの時、たれの人という事さだかならず」と「四国遍禮霊場記」にもありはっきりしたことは不明です。

お遍路の道中はたとえ一人で歩くとしても、常に弘法大師と一緒に歩いているものと考えて道中は誰に見られても恥ずかしくない行動を心がけるのが習わしです。手に持つ金剛杖は弘法大師の分身と考えます。

弘法大師ゆかりの地ということは真言宗の檀家じゃないといけないか?

お遍路真言宗
大半のお寺が真言宗系(高野山真言宗、智山派、善通寺派他)で、さすがに浄土真宗のお寺はありませんが真言宗以外の宗派のお寺も存在します。

11番 藤井寺 臨済宗妙心寺派
15番 國分寺 曹洞宗
33番 雪蹊寺 臨済宗妙心寺派
43番 明石寺 天台寺門宗
76番 金倉寺 天台寺門宗
78番 郷照寺 時宗
82番 根香寺 天台宗
87番 長尾寺 天台宗

また阿弥陀様が御本尊のお寺も存在します。

阿弥陀如来が御本尊の札所

2番 極楽寺
7番 十楽寺
30番 善楽寺
47番 八坂寺
53番 円明寺
57番 栄福寺
64番 前神寺
68番 神恵院
78番 郷照寺

仏教徒どころか外国の方も近年は多いそうです。ご自分の宗派にこだわらず札所を巡りましょう。

白装束で巡礼しないといけないか?


昔、遍路道は今のように舗装されておらず難行でした。途中で行き倒れる人も多く白装束は覚悟の現われであったといいます。現在では略式の人も多く服装は自由となっていますにで、お遍路の雰囲気を出したいなら購入するのもありだと思います(笑)

他の宗派のお寺に参って仏様から罰があたるか?

仏罰はあるか
浄土真宗の門徒が礼拝する阿弥陀様から裏切り行為として仏罰があるか?あるわけがありません。阿弥陀様は善行をなすことが出来ず、悩み苦しむすべての人々を救うという誓いを立てられています。

阿弥陀様に限らず仏様(如来)は罰を与えるのではなく、人々を救う側です。お遍路に行ったからといって罰を当てるわけがありません。他の宗派のお寺に行けないのなら、初詣に神社にも行けませんよね?

まとめ

他の宗派のお寺を巡ることは浄土真宗以外の宗派のことを知る機会となります。そこで浄土真宗との考え方の違いやお互いのよいところを知る機会ともなります。
観光、人とのふれあい、体力づくりや健康維持のためでもいいでしょう。是非機会があれば訪れてみてください。

<スポンサーリンク>


関連記事

浄土宗の本山知恩院へ行ってきました

浄土宗の本山知恩院へ行ってきました 境内の紹介や観光案内は他の方にまかせて参拝者の体力を奪う(

記事を読む

お仏壇磨き

お仏壇の掃除 漆(黒塗り部分)の磨き方

お仏壇の掃除の仕方、お手入れ方法 普段はあまり気にならないのに年末やお盆、お彼岸が近づいてくる

記事を読む

護摩行のやり方

護摩行のやり方 護摩木を投げ込む意味やご利益は?

護摩行やり方や由来について 護摩行とは? 護摩とはサンスクリット語の「ホーマー」が語源でそれ

記事を読む

お仏壇に位牌がいっぱい

お仏壇の中がお位牌でいっぱい!供養処分はどうする?

お仏壇の中にお位牌がいっぱい お仏壇の中にお位牌がいっぱいでお供えもできないし、これ以上置く場所が

記事を読む

四十九日お礼状

浄土真宗の葬儀案内状、会葬礼状文例

葬儀の際は親しき仲にも礼儀ありということで、電話だけで済まさず葬儀案内状と会葬礼状を出したいものです

記事を読む

釈迦阿弥陀違い

阿弥陀様とお釈迦様の違いについて 仏像の見分け方と人物像

阿弥陀様とお釈迦様の違い 阿弥陀如来像、釈迦如来像どちらも仏像としてメジャーですが並べてみると意外

記事を読む

中陰法要

法事法要のお参りに誰を呼ぶか?初七日から年忌法要まで

法事の用意をするのはなかなか大変です。お寺と日程の調整をして、会食をする会場の手配をして、返礼品を用

記事を読む

西本願寺の法名

浄土真宗本願寺派の戒名(法名)について 生前に付けてもらうには?

浄土真宗の戒名を生きているうちにもらうには?(正確には法名といいます) 実は帰敬式(ききょうしき)

記事を読む

浄土真宗の法事法要 進行の一例と施主の挨拶について

法事の時施主は何をすればいいのでしょうか? もちろんお客さんではないのですから司会進行やお参り

記事を読む

迎え火送り火

お盆の送り火迎え火を簡単手軽にするやり方

迎え火、送り火とは? お盆にご先祖があの世から帰ってくる目印に焚くのが迎え火、逆に迷わずあの世に帰

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

セリアの仏具
100均で買える仏具 セリア編

100均で買える仏具 セリア編 法事やお盆に必要になる仏具。仏壇仏具

浄土宗の仏壇の掛け軸
浄土宗の脇侍 お脇掛けについて

浄土宗のご本尊とお脇掛けについて 浄土真宗では「南無阿弥陀仏の名

浄土と天国、天界の違い
仏教の天界って何?天国と浄土との違いについて

天国、浄土、天界の違いについて 六道輪廻の中の最高位にある天界で

お遍路さん
浄土真宗の札所巡りについての知識 四国遍路に行ってもいいの?

浄土真宗の巡礼について 浄土真宗に札所巡りはある? 巡礼や札所巡り

浄土宗の数珠の正しい持ち方
浄土宗の数珠念珠について 使い方間違ってませんか?

浄土宗の数珠について 浄土宗の数珠について。銀色の輪が特徴で独特の連

→もっと見る

PAGE TOP ↑