*

浄土真宗のお墓について 建てる際に気をつけたいこと

公開日: : 最終更新日:2018/04/08 仏事, 浄土真宗

浄土真宗式のお墓を建てる

地方による習慣もありますので絶対これ!という決まりはありませんが、浄土真宗のみ教えからかけ離れたお墓は建てないようにしたいものです。

推奨されるお墓の建て方

墓石の正面に「南無阿弥陀仏」または「倶会一処」と彫る

浄土真宗お墓正面
よく先祖代々や〇〇家之墓と彫るお墓を見かけますが浄土真宗では本来「南無阿弥陀仏」や「倶会一処」と仏語を彫ることによって墓前を仏縁を結ぶ場所とします。

家名を彫るなら二段目の台石か花立の下に彫るとよいでしょう。また建立の日付を刻む場合も「吉日」とはしません。
※倶会一処 ともにお浄土で会いましょうという意味です。

法名を刻む石板は法名碑にする

お墓法名碑
霊魂という考え方がないのでよく見る霊標とは刻みません。また墓誌と刻む場合もありますが法名碑の方が望ましいでしょう。
ちなみに法名碑自体が必ず必要なものではありません。

納骨室(カロート)の造り

お墓納骨室
納骨室(カロート)の底をコンクリートにして骨壷ごと納める場合と 底を土にしてお骨をいずれ土に還す場合がありますが、浄土真宗に決まりはありません。
※よくお骨をバラ撒いたら死者が迷うというような話を聞きますが、亡くなった方はすでにお浄土にいらっしゃるという考え方ですので、そのような迷信は気にする必要がありません。

その地方の一般的な造りにしてもらってもいいですし、これから骨壷が増えて狭くなるなと思ったら土にしてもらっても問題ありません。

線香立の形について

浄土真宗ではお仏壇でお線香を立てずに寝かせます。お墓も寝かせるタイプの線香立にした方がいいのでしょうか?

気になったので某本願寺の別院管轄のお墓を確認してみましたが、一般的なお線香を立てるタイプの造りが大多数でした。お墓の方には決まりはないようです。
それから間違ってもちょうどいい大きさだからといって墓石の水鉢にお線香を寝かせて炊かないようにしましょう。

最初の墓前での法要は建碑式(法要)

浄土真宗建碑式
浄土真宗では開眼法要、魂入れ、精入れとはいわず建碑式(建碑法要)といいます。他の宗派では墓石に先祖の魂が宿ると考えたりしますが、浄土真宗では霊がこの世で迷うという考え方がないため、あくまで石碑を建てる式=建碑式(法要)といいます。

お墓は先祖供養の場所ではなく、亡くなられた方の遺徳を偲ぶと共に私達の命のはかなさや阿弥陀様のお慈悲に気づかせて頂くご縁を頂く場という考え方です。



お墓に必要ないもの

浄土真宗のお墓に不要なもの

卒塔婆、水子地蔵、五輪塔などそのようなものは必要ありません。
・卒塔婆も水子地蔵も追善供養のためのもの。また帰依するのは阿弥陀様一仏だけであるため
・亡くなった方はみな浄土に生まれるという考え方のため追善供養のための塔婆も水子地蔵も必要ありません。
※子供や水子を救うのはお地蔵様(地蔵菩薩)という考え方があるようですが、浄土真宗ではそのような分業のような考え方はしません

様々な迷信を気にしない

迷信
お墓に関する様々な迷信がありますが、気にする必要はありません。先祖が祟るという考え方も聞きますが、お念仏の教えに生きた人々が自分の子供や孫を苦しめてやろうなんていう筈がありません。以下迷信色々↓
・閏年にはお墓を建てない
・建立の日はお盆、お彼岸じゃないとダメ
・立派な墓石じゃないとご先祖が悲しむ
・墓相、お墓の向きや位置が悪いと災いが起こる
・お墓にヒビが入ると災いがある
※物理的に直す必要はありますが災いとの因果関係はありません

<スポンサーリンク>



浄土真宗のお墓の間違った考え方

浄土真宗お墓間違い
・お墓には先祖の魂が宿っており、お墓の方角が悪かったり墓相がよくないと先祖の霊が迷って災いがふりかかる!
・お墓に手を合わせお供え物をすることによって先祖を供養する。

浄土真宗のお墓の正しい考え方

・故人の遺徳を偲び私達の命のはかなさや阿弥陀様のお慈悲に気づかせて頂くご縁を頂く場所
浄土真宗お墓正しい
お念仏の教えに生きた故人は亡くなると同時にお浄土に生まれています。(仏さまになっています)生きている私達がここに宿れとか成仏しろというのは考え違いです。お坊さんも超能力者ではありません(笑)方角や位置にこだわるとかえって不自然になりお参りがしづらくなることもあり注意が必要です。
参考になれば幸いです。
<スポンサーリンク>



関連記事

浄土真宗のお位牌について いらないって本当?

浄土真宗ではお位牌は必要ないといいますが本当でしょうか? 本当です! お念仏の教えに生き

記事を読む

浄土真宗 枕経(臨終勤行)について 必要なものやっておくべきこと

浄土真宗の枕経(臨終勤行)とは 亡くなっていこうとする人がお仏壇の阿弥陀様に対して"人生の終わりに

記事を読む

浄土真宗簡単に説明すると

浄土真宗の宗派名は宗派を開いた親鸞聖人が 「教行信証」の中で "真実の教 浄土真宗" と示した

記事を読む

浄土真宗のお正月

浄土真宗のお正月の迎え方について仏壇の飾り方 喪中の場合は?

浄土真宗のご家庭のお正月の過ごし方迎え方についてです。お仏壇の中に何か特別なものを用意する必要がある

記事を読む

迎え火送り火

お盆の送り火迎え火を簡単手軽にするやり方

迎え火、送り火とは? お盆にご先祖があの世から帰ってくる目印に焚くのが迎え火、逆に迷わずあの世に帰

記事を読む

西本願寺の仏壇の飾り方

浄土真宗本願寺派(西本願寺)普段の仏壇の飾り方、仏具の配置

西本願寺の仏壇仏具日常の飾り方 本願寺派(西本願寺)の法事の時ではない平常時の仏具の飾り方並べ方を

記事を読む

東本願寺ご飯の位置

浄土真宗東本願寺のお仏壇日常の仏具の配置飾り方

東本願寺の仏具日常の飾り方 真宗大谷派(東本願寺)の仏具の日常の並べ方をご紹介します。法事の時と違

記事を読む

封筒の表書き使い分け

浄土真宗の法事に呼ばれた時に用意準備していくもの

法事に呼ばれた時に用意準備していくものと心得 浄土真宗東西本願寺の(高田派も共通です)法事に呼ばれ

記事を読む

浄土真宗の永代経について 意味や聞きづらいお布施の相場など

永代経という言葉がありますが 一体どういう意味でしょう? 永代経という名前のお経でしょう

記事を読む

浄土真宗の和ろうそく一覧

浄土真宗法事法要に使う和ろうそく一覧 色は?形は?

浄土真宗の法要に使う和ろうそくには4種類の色(白、朱、銀、金)があり場面によって使い分ける必要があり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

桑名別院トップ画像
三重県桑名市の桑名別院へ行ってきました

真宗大谷派の別院である桑名別院 三重県桑名市にある桑名別院本統寺。三

浄土真宗悪人正機
浄土真宗の誤解されやすいワードについて 他力本願、悪人正機

暮らしの中でよく出てくる仏教語がありますが、本来の意味とは異なる意味で

お墓の移動に関する知識と心得
お墓移動の手順やかかる費用(離壇料)について

お墓墓地の移動について 遠くの故郷にあるお墓を自分の住まいの近くに移

釈迦阿弥陀違い
阿弥陀様とお釈迦様の違いについて 仏像の見分け方と人物像

阿弥陀様とお釈迦様の違い 阿弥陀如来像、釈迦如来像どちらも仏像として

お釈迦様の誕生日
仏教的クリスマス 花まつりについて なぜお釈迦さまに甘茶をかけるのか?

花まつりの話 四月八日はお釈迦様の誕生日です。この日は全国のお寺

→もっと見る

PAGE TOP ↑