*

お墓移動の手順やかかる費用(離壇料)について

公開日: : 最終更新日:2018/04/15 その他宗派, 仏事, 浄土真宗 , ,

お墓墓地の移動について

遠くの故郷にあるお墓を自分の住まいの近くに移動させたい。改葬といって最近増える傾向にあるそうです。
よく墓地(この場合墓石は除く)を買ったといいますが、じつはお墓を建てる土地を買ったわけではなく「永代使用料」を払って墓地や霊園の区画をお墓としてずっと使い続ける権利を買った状態ということを念頭に置かなければなりません。
お墓を移動したい

お墓の移動にかかる費用

墓地の移動にかかる費用
・墓石の引越し費用(移動運搬代)
・工事代(更地に戻す作業等の工賃)
・新しい墓地区画の永代使用料
・墓石を新調した時は墓石代
・引越し先での開眼供養(建碑法要)などのお布施

場合によっては数百万円という経費がかかってしまいます。後ほど説明しますが離壇料という名目で元のお墓があったお寺に結構な金額のお布施を納める必要がある場合もあります。

お墓引越しの手順

①引越し先の墓地区画を取得する
②現在の墓地の管理者から移動する遺骨の埋葬証明書を取得する
③引越し先の墓地の管理者から受け入れ証明書を取得する
④②と③を改葬許可申請書に添付して現在の市区町村に提出
⑤市区町村から改葬許可証明書が発行される
⑥⑤を引越し先の墓地の管理者に提出
⑦引越し先においてお墓の建立、納骨
⑧現在の墓地を更地にして返還する
※手続き以外は多少前後します。また墓石は新しいものを建立し遺骨は移したとします。

浄土真宗ではお墓に故人の魂が宿るという考え方がありませんので、お墓を撤去する際の「閉眼供養」俗に言う「性抜き」は行わない場合もあります。ただ今までお寺にお世話になったことを考えると法要をお勤めしてもらい御布施を納めた方がよろしいでしょう。
<スポンサーリンク>


高額な離壇料を請求される場合がある

お墓の離壇料
市町村管理の公共墓地や宗派を問いませんという霊園墓地の場合はたいした面倒はありません。書類上の手続きだけで済みます。

しかしお寺の境内にある墓地の場合、問題が生じる可能性があります。現在の墓地の管理者である住職から埋葬証明書の発行を拒否される場合があるからです。

お墓の引越し=お寺にとっては檀家を失うことに他なりません。お寺としては檀家を失うのはありがたいことではありませんし、お墓と先祖の霊を何代にも渡って守ってきたという自負があるでしょう。

檀家側としては今まで永代使用料や年間管理費を納めてお寺を支えてきたのはわけで、檀家あってのお寺だろうという意見もあります。

なるべく穏便に離壇&お墓を移動をするために

離壇の方法
まず事前に「お話ししたい事があります」と連絡します。
はっきりと「離壇の件で」と言ってしまうと、面会してもらえない場合もあります。

面会したらまずお布施で先制攻撃
今まで大変お世話になりましたと仏事に使う白封筒にお布施を包みます。金額は5~10万円程度(翌年のお盆と年末のお勤めのお布施+維持費+感謝の気持ち)それに菓子折を添えるとよろしいでしょう。後々泥沼化するよりは早めに決着をつけましょう。

理由をきちんと述べ、毅然とした態度で
理由は「配偶者の実家の寺にまとめたい」「遠くに引っ越すことになりました」などはっきりと丁寧に伝えましょう。

閉眼供養(性抜き)を拒否された場合
浄土真宗に限らず、お墓の閉眼供養は儀式的な物なので、それほどこだわる必要はありません。気になるなら閉眼供養のみお勤め頂ける寺にお願いする方法もありますが、自分のお寺に他のお寺がお参りにくるのはさらに揉めること必至です。

お墓の移動(離壇)完全にこじれたら

なるべく揉め事は起こしたくないですが、どうにもならなくなった場合は離壇(転寺)の手続きの代行をしますという行政書士事務所もネット上にあります。また役所に「納骨の証拠書類」を提出することでお墓の引越しを許可された事例があります。

穏便に済ませたいところですが双方にそれぞれ主張があり難しいところもあるようです。ここに挙げたのは一例ですので必ずしも当てはまるとは限りませんが参考になれば幸いです。
<スポンサーリンク>


関連記事

浄土真宗の和ろうそく一覧

浄土真宗法事法要に使う和ろうそく一覧 色は?形は?

浄土真宗の法要に使う和ろうそくには4種類の色(白、朱、銀、金)があり場面によって使い分ける必要があり

記事を読む

【徹底比較】浄土真宗東本願寺、西本願寺のお仏壇の違いとは?

東本願寺と西本願寺のお仏壇の違い 東西本願寺のお仏壇の違いを画像で比較してみました。画像を並べてみ

記事を読む

簡単水につけるだけ テガール液を使った仏具の磨き方

テガール液を使って簡単に仏具を磨く方法をご紹介します。 真鍮製品の仏具は空気に触れているとどうして

記事を読む

四十九日法要

浄土宗の四十九日法要用意準備しておくこと

浄土宗の四十九日法要の用意について 仏教的な考え方では人は死後、この世とあの世をさまよい、七日ごと

記事を読む

お遍路さん

浄土真宗の札所巡りについての知識 四国遍路に行ってもいいの?

浄土真宗の巡礼について 浄土真宗に札所巡りはある? 巡礼や札所巡りと言えば四国八十八ヶ所のお遍路

記事を読む

浄土真宗簡単に説明すると

浄土真宗の宗派名は宗派を開いた親鸞聖人が 「教行信証」の中で "真実の教 浄土真宗" と示した

記事を読む

浄土真宗本願寺派の法事 事前準備用意するもの お布施の相場など

自宅でお勤めする浄土真宗(西本願寺)の法事 法事とは一般的に年忌法要(年回法要)のことを指しま

記事を読む

浄土真宗のお盆の迎え方 お盆の由来は?用意するものは?

浄土真宗のお盆何を用意しよう? 一般的なお盆とはご先祖様を追善供養するという考え方に基づいてい

記事を読む

四十九日お礼状

浄土真宗のお坊さんから頂いた満中陰法要(四十九日)のお礼状

満中陰法要(四十九日)の御礼状 浄土真宗のお寺様から御香典返しと一緒に、満中陰法要(四十九日法要)

記事を読む

浄土真宗のお経

お経をとなえる意味について浄土真宗的考え方 お経って結局何なの?

お経について浄土真宗的考え方 そもそもお経って何なんでしょうか?唱える意味は?法事の時に聞いていて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

お遍路さん
浄土真宗の札所巡りについての知識 四国遍路に行ってもいいの?

浄土真宗の巡礼について 浄土真宗に札所巡りはある? 巡礼や札所巡り

浄土宗の数珠の正しい持ち方
浄土宗の数珠念珠について 使い方間違ってませんか?

浄土宗の数珠について 浄土宗の数珠について。銀色の輪が特徴で独特の連

ご冥福を祈る
ご冥福をお祈りします。使っていい?わるい?浄土真宗的解釈

ご冥福をお祈りいたします なんだか誰かが亡くなったときの決まり文句の

施餓鬼のお供え
おせがき(施餓鬼会)について お盆との違いやお寺へ用意準備していくもの

施餓鬼会について たんに施餓鬼やおせがきと呼ばれることもあります

浄土真宗の掛軸
浄土真宗の御本尊 両脇の掛軸について

浄土真宗のご本尊と両脇の掛け軸について 浄土真宗のご本尊とは?

→もっと見る

PAGE TOP ↑