*

【徹底比較】浄土真宗東本願寺、西本願寺のお仏壇の違いとは?

公開日: : 最終更新日:2017/11/01 浄土真宗, 雑学

東本願寺と西本願寺のお仏壇の違い

東西本願寺のお仏壇の違いを画像で比較してみました。画像を並べてみるお仏壇の造りだけでなく仏具類にも違いがあるのがよくわかります。通称名で表記しておりますが正式な宗派名は東本願寺は真宗大谷派、西本願寺は浄土真宗本願寺派です。

まずは写真を並べて比較してみました▼

東西本願寺仏壇の違いなかなか比べる機会はありませんが並べてみると一目瞭然です。東本願寺のお仏壇は前と奥の柱が黒塗りで、西本願寺は金箔が押してあります。

見えない部分も違いがあります▼

浄土真宗仏壇の違い西本願寺のお仏壇の屋根は一重、東本願寺のお仏壇の屋根は二重になっています。お寺の本堂で見てみるとサイズが大きいので東西の屋根の造りが違うのがわかりやすいです。お墓参りでお寺に行った際は本堂で手を合わせる時に確認してみて下さい。
<スポンサーリンク>



金仏壇は柱などの造りを見れば東西を見分けることができますが、唐木仏壇や家具調仏壇の場合、中に飾ってある道具やご本尊で見分けることができます。

東西本願寺仏具の違い▼

浄土真宗飾りの違い左側が西本願寺の菊輪灯(きくりんとう)菊の彫り物が施してあり、最上段の傘の部分もひっくり返すと菊の花をかたどっています。
右側は東本願寺の本山輪灯(ほんざんりんとう)西本願寺に比べると彫り物は少ないですが、傘の上に瓔珞(ようらく)という飾りがあります。

瓔珞は本来、年忌法要や報恩講の時以外は飾らないものですが、ほとんどのご家庭で普段から飾っているようです。
※お寺も出し入れが大変なので普段から飾りっぱなしが多いように思います(笑)

三具足(五具足)の違い▼

浄土真宗仏具の違い比較
東本願寺は真鍮製または金メッキ製で金色の仏具、燭台(ろうそく立て)は鶴亀のものを使います。
東本願寺の仏具
西本願寺は三具足や華瓶(けびょう)などは黒っぽい宣徳色の仏具を使います。柱の色と金属製仏具の色は東西で逆になるわけですね。

鈴台の形が違う▼

西本願寺の仏具
お鈴(おりん)を置く台の形が東本願寺は四角形、西本願寺は六角形をしています。またお鈴を打つ棒を置く位置は東本願寺はお鈴の中に収めるのが正式だそうです。(東本願寺出版 真宗大谷派の仏事より)西本願寺は明確な決まりはないようです。

また西本願寺派お鈴の下に鈴布団(りんぶとん)を敷きますが、東本願寺は正式には雲輪(くもわ)という雲の彫物が入った独特の仏具を使います。

ご本尊の前の灯篭の形が微妙に違う▼

東西本願寺飾り方の違い
よく見ると東本願寺は灯篭の下部の足の部分が外側にまっすぐ伸びています。(蝶足型)西本願寺は内側に巻き込むような形になっています。(猫脚型)
<スポンサーリンク>


同じ阿弥陀様でも実は形が違う▼

東西本願寺の阿弥陀様の違い比較
東本願寺、西本願寺共にご本尊は阿弥陀如来ですが、形が違います。西本願寺の仏像には後光(放射状の細い木の部分)の下にさらに彫物が付属しています。仏像の場合、後光の数は通常どちらの宗派も48本で同じです。
西東阿弥陀様の掛軸の違い
掛軸にも違いがあります。(お顔のデザインは置いといて)一番上に届いている黄色い後光の線の数が東本願寺は6本、西本願寺は8本になります。

先程説明しましたが、本来本願寺派の三具足は宣徳色のもの、大谷派の三具足は金の鶴亀の燭台を使います。家具調仏壇用のモダンな仏具が飾ってあった場合、阿弥陀様の後光の形で東西本願寺のお仏壇を見分けるしかありません。

そういえば大河ドラマの軍師官兵衛で本願寺の寺院内のシーンで鶴亀の蝋燭立がありましたが時代考証的にどうなんでしょう。阿弥陀様の形が浄土宗だ!というのはネット上で指摘されてましたが(笑)

まだまだ宗派紋の違いなど細かい事も多そうです。また探して報告したいと思います。

関連ページ:浄土真宗東本願寺、西本願寺の違い教義作法について

関連記事

お釈迦様も肉を食べていた?仏教的肉食のルール色々

お釈迦さまもお肉を食べていた?仏教的肉食のルール色々 現代日本でお肉を食べない人といえば?

記事を読む

お墓の移動に関する知識と心得

お墓移動の手順やかかる費用(離壇料)について

お墓墓地の移動について 遠くの故郷にあるお墓を自分の住まいの近くに移動させたい。改葬といって最近増

記事を読む

浄土真宗 枕経(臨終勤行)について 必要なものやっておくべきこと

浄土真宗の枕経(臨終勤行)とは 亡くなっていこうとする人がお仏壇の阿弥陀様に対して"人生の終わりに

記事を読む

僧侶を手配したい

寺院お坊さんの派遣手配の仕方 浄土真宗編

お坊さんを呼びたい でも困ったことに実家の宗派はわかるけど、地元を離れて久しいし現在はお寺とご

記事を読む

仏具を捨てるとバチが当たる?

不要になった古い仏具をどう処分したらいいのか?浄土真宗編

不要になった仏具 浄土真宗的解釈 仏具が古くなってしまったので新しいものに買い替えた。さてこの壊れ

記事を読む

真宗高田派の法事法要 仏具の並べ方 事前に用意するもの

真宗高田派の法事で準備用意するもの 真宗高田派の法事(主に年忌法要)について。どのような準備が

記事を読む

あの有名なお寺の宗派はどこ?

法隆寺、清水寺など誰でも名前を聞いたことがあるお寺 お寺なのでもちろんどこかの宗派に属していますが

記事を読む

浄土真宗ご飯のお供えについて 意味やお供えする時間は?

多くの宗派で仏前にご飯をお供えしますが、浄土真宗では少し意味合いが違ってきます。呼び方もお仏飯(おぶ

記事を読む

釈迦阿弥陀違い

阿弥陀様とお釈迦様の違いについて 仏像の見分け方と人物像

阿弥陀様とお釈迦様の違い 阿弥陀如来像、釈迦如来像どちらも仏像としてメジャーですが並べてみると意外

記事を読む

浄土真宗簡単に説明すると

浄土真宗の宗派名は宗派を開いた親鸞聖人が 「教行信証」の中で "真実の教 浄土真宗" と示した

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

施餓鬼のお供え
おせがき(施餓鬼会)について お盆との違いやお寺へ用意準備していくもの

施餓鬼会について たんに施餓鬼やおせがきと呼ばれることもあります

浄土真宗の掛軸
浄土真宗の御本尊 両脇の掛軸について

浄土真宗のご本尊と両脇の掛け軸について 浄土真宗のご本尊とは?

増上寺
浄土宗の大本山 増上寺へ行ってきました

浄土宗の大本山増上寺へ行ってきました。 浄土宗のお寺は京都の総本

浄土真宗のお経
お経について浄土真宗的考え方 お経って結局何なの?

お経について浄土真宗的考え方 そもそもお経って何なんでしょうか?唱え

桑名別院トップ画像
三重県桑名市の桑名別院へ行ってきました

真宗大谷派の別院である桑名別院 三重県桑名市にある桑名別院本統寺。三

→もっと見る

PAGE TOP ↑